2017年7月25日 更新

富裕層リアル! 今年のGWから学ぶ3つの試み

ゴールデン・ウィークから1ヵ月が過ぎました。素晴らしい天気に恵まれたこともあり記憶に新しいのですが、私はこの1ヵ月の間に多くの富裕層の方から、多忙な彼らの自由な時間の過ごし方についてお話をお聞きしました。

Free photo: Dog, Dogue De Bordeaux, Mastiff - Free Image on Pixabay - 734689 (2511)

2017.6.26
みなさん色々な楽しみ方をされていましたが、その中でも、すごく参考になる過ごし方をお伝えしたいと思います。
そっくりそのまま、夏休みにも使える至高の過ごし方です。

1. 新しいものを試す

これは、なにか未経験の事にトライするというものではありません。いつも愛用しているものから新しい物に切り替えることをイメージしてください。具体的には「メガネ」です。その方は、1ヵ月前から新しいメガネを準備しておき、GWの初日から新しいものに替えたそうです。なぜか?気分転換ではありません。新調したメガネで眼精疲労になり仕事や生活に支障をきたしたくないからだそうです。
慣れていないメガネでいつもの仕事をこなすと慣れていないからどうしても目が疲れますよね。だから、GW中に徐々に慣れる期間として毎年の習慣化しているそうです。目は非常に大事ですから、メガネやコンタクトレンズを細かく替えるのはイメージできていましたが、タイミングまで計画的とは……意識高すぎです。

2. 何かを断つ

thinkstock (2556)

連休とか正月になると、ついついお酒を飲む量が増える方が多いはずです。しかし、富裕層はここでも違いを見せつけます。
ある方は、GW期間中は一切お酒を飲まないで過ごしたそうです。理由を聞けば、「GWほどお酒を飲む機会を回避できるチャンスはない。仕事抜きの時間が多いから」と言っていました。また、「歳を重ねるとどうしても継続する意志が徐々に弱くなるから、好きなことを断って意志を保てるかを試してみたくて」ということでした。完全にストイックな人の考え方です。リラックした時間を過ごしながら、何かの課題を設定する事が習慣になっているようです。

3. 時間の拘束から離れる

gettyimages (2512)

今回、腕時計を外した、できるだけ時計のない環境に身をおいたという人が多数いました。常に時間に追われている富裕層は、このような時ときこそ時間に追われないことが贅沢と感じるようです。
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

高級マンションコンシェルジュが富裕層に教わった時間管理術

高級マンションコンシェルジュが富裕層に教わった時間管理術

筆者がライターになる前、マンションコンシェルジュとして働いていたことがありました。富裕層である居住者の方々は、時間管理の方法も違うのだなと実感することも多くあったことを覚えています。そんな居住者の方に教えていただいた、時間管理のコツを3つ挙げてみました。
成功者の睡眠時間に法則性はない?自分に合うパターンこそ大切

成功者の睡眠時間に法則性はない?自分に合うパターンこそ大切

成功者の睡眠時間を眺めてみると、ロングスリーパー、ショートスリーパー、分割型など様々です。もちろん、一般的な睡眠時間の成功者もいます。性別や業界、専門領域もバラバラで、成功者と睡眠時間との間には法則性はないようです。自分に合う睡眠パターンこそが大切です。
家では質素がお金持ちの生活スタイル?時間と自分には投資

家では質素がお金持ちの生活スタイル?時間と自分には投資

お金持ちの家ほど、プライベートでの生活は質素な傾向です。お金持ちに対するイメージである、高級車を複数台乗り回し、ブランド物を身に纏い、異性と派手に遊んでいるようなタイプは主流派ではありません。本物のお金持ちは、投資は時間と自分に向けるものだからです。
知っていますか? 富裕層の年間スケジュールの立て方

知っていますか? 富裕層の年間スケジュールの立て方

最近、ゴールデンウィークの10連休をどのように過ごすかという話題を多く見かけるようになりましたが、富裕層と呼ばれるような人たちはどのようにスケジュールを立てているのでしょうか。当然、バタバタしながら予定を立てるわけはなく年間単位でスケジュールを立てています。
準富裕層になるには? 生活スタイルは? 早期リタイアも可能?

準富裕層になるには? 生活スタイルは? 早期リタイアも可能?

準富裕層の生活は堅実? 富裕層へのステップとして、準富裕層を目指す方も多いことでしょう。野村総合研究所(NRI)などの定義では、世帯の純金融資産が5,000万~1億円未満を準富裕層としています。準富裕層になる方法や生活スタイル、早期リタイアの可能性を見てみましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊