2020年3月6日 更新

今は1年に1回の大きなチャンス

日本株がここ1週間で急激な下げに見舞われています。日経平均は2月25日に2万3,000円、27日には2万2,000円を下回り、3月2日には2万1,000円を割り込む局面があったほどなのです。

日本株がここ1週間で急激な下げに見舞われています。日経平均は2月25日に2万3,000円、27日には2万2,000円を下回り、3月2日には2万1,000円を割り込む局面があったほどなのです。

日経平均が2万円前後まで下げる「第3波」も想定しておく

知人の著名なファンドマネージャーは日経平均が2万3,000円を割り込んだ時、「今は第1波だ。第2波~第3波が来たら絶好の買い場になる」と、むしろ株価の下落を前向きに捉えているようでした。

私もまったくの同感でしたし、3月初めの時点で2万1,000円にタッチした局面が「第2波」であったと認識しています。2万円前後まで下げる「第3波」があるかどうかはわかりませんが、あるという前提で対処したほうが無難だと思っています。

堅実な運用方法を推奨してきたのはこの局面のため

『賢者の投資方法とは』(2019年1月25日)
『資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)』(2019年1月29日)
『資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(後編)』(2019年2月15日)

などで申し上げてきた運用方法はこれまで周囲から慎重すぎないかといわれてきました。

しかし、近年のボックストレンド相場では、1年に1回あるかないかの今回のような時のために、厳しい資金ルールを設けてきた次第です。

セリングクライマックスは絶好の買い場

今のような暴力的な下げ相場ではどんな個別株でも必要以上に売られます。当然のことながら、大型株より中小型株、東証1部より新興市場のほうが売られます。個人のリスク許容度によって買う個別株は異なりますが、ここはETFも含めて1年に1回のチャンスとして捉えたいところです。

久しぶりのセリングクライマックスの局面では、否が応でも投資妙味が高まります。意地悪な言い方かもしれませんが、信用取引をしている個人投資家が追証に伴う換金売りをせざるをえない時こそが、買いのパフォーマンスがもっとも上がりやすいのです。

2万1,000円からの買い下がりは失敗してもリスクは限定的なので、資金ルールを緩めて臨んでもらいたいと考えております。

なお、私のブログ『経済を読む』においては、大事な局面では株価の流れを分析していることもありますので、ぜひ参考にしてみてください。
http://blog.livedoor.jp/keizaiwoyomu/

1日で経済オンチが克服できる!「経済入門スクール」

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「新型コロナ不況」が来ても、かつてのような就職氷河期は再来しない理由

「新型コロナ不況」が来ても、かつてのような就職氷河期は再来しない理由

新型コロナ不況で企業の採用が激減し、就職氷河期が再来するのでしょうか? 少子化で新卒者の人口は減る一方で、採用を絞ると後が怖いのです。また、就職氷河期と比べると企業内の人口構成が変化し、不況が来ても新卒採用を維持できる余裕も生まれています。
経済 |
新型コロナで株価が大きく下がっても、日本の年金が破たんしない理由

新型コロナで株価が大きく下がっても、日本の年金が破たんしない理由

今年、新型コロナ肺炎大流行の影響で日経平均株価は最大32.2%下落しました。年金資産は株式でも運用しますが「年金制度が破たんするのではないか?」という心配は無用です。なぜなら年金積立金は約120兆円で、運用益の蓄積も約75兆円と大きいからです。
経済 |
大暴落相場では何を目安にすればいいのか。PBRに着目

大暴落相場では何を目安にすればいいのか。PBRに着目

今回のような歴史的な暴落相場では、PERといったファンダメンタル指標や、騰落レシオといったテクニカル指標はあまり当てになりません。とくに騰落レシオは、これまで想像もしたことがない異常値が出現しました。
【原油先物大暴落】目を背けず波乱相場の中からヒントを探す

【原油先物大暴落】目を背けず波乱相場の中からヒントを探す

2月下旬から激しさを増す投資環境。長らく強気相場が継続していたことからすきを突かれたと感じた投資家も多かったはずです。だからこそダメージも大きいはず。しかも、質の悪いメディアはこの波乱相場をできるだけドラマ仕立てにしてあおりますが、投資家たるものここは冷静にfactfulnessで判断すべきです。市場がザワついている時こそヒントを冷静に探り備えることが大切です。
今、株式市場に参加することで得られるもの

今、株式市場に参加することで得られるもの

2020年は1月の中東情勢から始まり2月からは想定以上の広がりをみせた新型肺炎の影響で株式市場は大きく変動していています。このような荒れ相場は高みの見物を決め込むべきだという意見は正しいと思いますが、一方で、今、相場に参加することで投資家として大切なものを学ぶことがもできるのではないかと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部