2018年6月26日 更新

TO DO LISTもフォルダも細かく分類するのは時間のムダだ

気合いと根性だけでは、仕事は長続きしません。では、どうするか?——おすすめは「自分が働かなくてもいい仕事は、『仕組み』に働かせる」という考え方です。効率化に悩むビジネスパーソンへ、泉正人のベストセラー『「仕組み」仕事術』よりスペシャル版としてお届けします!

gettyimages (16527)

2018.6.26
次はマルチタスクで仕事が処理できるようになる一元管理の仕組み作りです。日々増えていく、データ、フォルダ、タスクはすべて一つにまとめて管理しましょう。どこだっけ? なんだったけ? な無駄な時間と手間がなくなって、気づけば自由な時間を手に入れているはずです。

一元管理はクラウドでいつでもアクセス

gettyimages (16524)

チェックシートを使った作業系の仕事を効率化と合わせて、もう一つ大事な「仕組み」が、データの一元管理です。一元管理とは「同じものを2つ持たない」こと。データが会社のPCにあったり、自分のPCに入っていたりしてしまうと、それらを探したり確かめたりする無駄な時間や手間がかかってしまいます。また、探す場所が一か所であれば、誰でもアクセスしやすくなり、自分に万が一のことがあっても迷惑をかけないというメリットもあります。
この一元管理をするには、クラウドサービスが便利です。クラウドサービスはデータをインターネット上に保存するため、複数の端末から場所や時間を問わず同じデータにアクセスできるからです。あとはそこになんでも放り込む。自分の頭で記憶せずに、クラウドに記録しておく習慣をつけることも効率化のコツです。

フォルダ管理はおおざっぱと検索がコツ

データを一元管理するクラウドを決めたら、次はフォルダの管理です。
一つめのコツはフォルダを細かく分けすぎないこと。いくら秩序立っていても、フォルダが多すぎると探す手間もかかりますし、入れるときにも頭を使います。おおざっぱに分けて、検索に頼りましょう。
二つめのコツは、ファイル名をルール化して、検索で探しやすくします。例えば、いま執筆しているこの本の原稿のファイルを作るとします。そのときのファイル名は「120920仕組み仕事術図解パート3ディスカヴァー原稿」として、「出版関係」フォルダに保存します。こうすると、まず「出版関係」フォルダの中で、時系列順に一目で一覧できます。また、PC内で検索すれば「仕組み」「パート3」でも引っかかりますし、出版社名の「ディスカヴァー」でも見つけることができます。
このように、検索するであろう単語を入れたファイル名をつけて、あとはファイル名もファイルを入れた場所も、全部忘れてしまって大丈夫です。おおざっぱにフォルダ分けをすると、どのフォルダに入れればよいかわからないものが出てきます。その場合は「その他」フォルダを作って入れましょう。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

近年は残業や労働時間削減の取り組みが活発化しており、会議時間の管理は今まで以上に重要になっています。そこでこの記事では、会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術について、簡単に取り入れられる事例を中心に解説したいと思います。
仕事効率化したければデスク周り、特に引き出し整理がカギ?

仕事効率化したければデスク周り、特に引き出し整理がカギ?

仕事を効率化するためにデスク周りをどうしたらよいか、密かに悩んでいる方も少なくないでしょう。結論から言えば、引き出しを整理して、使い方を改めること、これが仕事の効率化に最も有効です。ビジネスパーソンは年間150時間をモノ探しに費やす、とする説すらあるのですね。
時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

仕事ができる人は時間の使い方も上手です。どんなに忙しくてもプライベートの時間を削ることなく、きちんとスケジュール管理して仕事を終わらせています。時間管理のコツをつかんで効率よく日々の業務をこなしましょう。
残業が多い人のための時間管理の方法|タイムマネジメントのコツ

残業が多い人のための時間管理の方法|タイムマネジメントのコツ

時間管理(タイムマネジメント)の具体的な方法が分かっていない人ほど、残業が常態化しがちです。周りを眺めると、キチンと成果を出しているにも関わらず、残業をほとんどせずにサッと退社してゆく上長や先輩はいませんか。彼らは間違いなく時間管理の方法・コツを心得ています。
忙しい時こそ休憩を!仕事ができる人は脳の働き方改革をしている

忙しい時こそ休憩を!仕事ができる人は脳の働き方改革をしている

常に向上心を持つビジネスパーソンは当然のように、効率的に仕事をこなしていることでしょう。しかし、もし無駄な時間を作ることなく常に全力投球している人であれば、さらに生産性を高めることが可能です。実はちょっとした休息時間を取ることで、脳の機能をフルに活用することができます

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉正人 | ファイナンシャルアカデミー 泉正人 | ファイナンシャルアカデミー