2018年4月8日 更新

近い将来、お金は「稼ぐ」ものではなくなる

今回紹介する本は『新しい時代のお金の教科書』(山口揚平著)。”教科書”といっても、堅苦しい内容ではありません。仮想通貨の登場をはじめ、お金を取り巻く環境が変わりつつある現在、その歴史と未来に迫り、これからの時代にふさわしい生き方を考える一冊です。

お金は自分で創るものになる

thinkstock (12808)

…と、突然いわれても、ピンとこないかもしれません。とはいえ現実に、信用を担保に資金を募るクラウドファウンディングや、個人の時間を売買できるタイムバンクなどのサービスが広まりつつあるのも事実です。詳細は本書にゆずりますが、著者は信用をベースにした経済でお金の役割をはたすのは、「時間」と「信用そのもの」になるだろうと述べています。
なにより重要なのは、信用はお金で創れないこと、そして資源が個人であることです。つまり、新しいお金は自分で創り出すものになります。そして信用を創り出すためには、価値を積むしかありません。これからは、得意なことや専門的知識など、誰もが必ずもっている固有の能力を人と分かち合い、貢献することが必要になってゆきます。
また、つながりやコミュニティをつくってゆくには、価値観や感性など内面を磨くことも大切です。ヨコ型社会で優位に立つのは、男性よりも、感性や共感力に優れた「女性」、LGBTや会社に属さない非正規雇用などの「マイノリティ」であると著者は語っています。つまり、これまで不利とみなされたり、偏見を受けたりしていた人たちほど、活躍の場が広がる可能性があるのです。

貯める人ではなく、与える人になろう

thinkstock (12814)

最後に、これからの時代にふさわしい生き方として紹介されている、「お金について意識すべき10の習慣」からいくつかピックアップします。
・お金以外のコミュニケーションツール(言語・共感/思いやり・価値観)を使いましょう。
・いくらお金を持っているか?ではなく、誰とつきあっているかを意識しよう。
・価値を生みだし貢献してゆくギバー(与える人)として生きよう。 
(山口揚平『新しい時代のお金の教科書』p.178~180より引用)
実は本書には、「取引も契約も信用もまったく存在しない社会」という大胆な未来像も描かれています。こうした著者の考えを、ありうべき可能性とみるか、空想に過ぎないと切って捨てるかは読者次第です。ただ、あなたが「お金中心の生き方をしたくない」と考えているなら、たくさんのヒントを与えてくれる一冊になるはずです。

セジマタクヤ

広告代理店勤務を経て、大阪でフリーの企画・ライターとして活動中。おもに本の紹介やマーケティング記事を執筆しています。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

結婚はオワコンか?実はお金持ち同士のためにある「結婚制度」

結婚はオワコンか?実はお金持ち同士のためにある「結婚制度」

若い人の結婚離れが進む一方、離婚率は明らかに増大しています。そうした中で、結婚の制度はもはや終わりではないかともいわれています。法律的に見た結婚の制度が今後どうなっていくのか、弁護士に訊きました。
お金持ちの財布の中身は? 3つの共通点から考える

お金持ちの財布の中身は? 3つの共通点から考える

お金持ちの財布の中身と聞いて何をイメージしますか? 帯封付きの札束? ブラックカード? もしくは、高級ホテルの会員証? 長財布にこだわるのはお金持ちに憧れる人間で、本当のお金持ちの財布自体には共通点がありません。それでも、中身には明らかな共通点が見て取れます。
LINE Pay が作るキャッシュレス社会の未来【特別掲載】

LINE Pay が作るキャッシュレス社会の未来【特別掲載】

私たちにとって身近なコミュニケーションアプリLINE が提供するモバイル送金・決済サービスLINE Pay。このキャッシュレス時代にLINE はLINE Pay というサービスを通して一体どのような社会を創造していくのでしょうか。 【お金の教養フェスティバル2019/ LINE Pay 株式会社取締役COO の長福久弘氏講演より要約】
お金 |
お金持ち女性に多い職業は? 意外な仕事で年収1,000万超えも!

お金持ち女性に多い職業は? 意外な仕事で年収1,000万超えも!

お金持ち女性に多い職業と聞いて、どんな仕事をイメージしますか。医師、弁護士、公認会計士あたりは定番ですが、高難易度の国家資格が必要であり、誰でも就ける職業ではないですね。厚生労働省による賃金構造基本統計調査なども参考に、お金持ち女性を目指せる職業を考えてみましょう。
金価格が示す市場心理

金価格が示す市場心理

実は、あまり認識されていませんが金価格が上昇しています。2018年8月以降、徐々に値段を切り上げて約半年で約10%を超える上昇です。今回の金相場は市場の見通しと心理を示している可能性が高いため今回は分析をしてみたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部