2018年4月8日 更新

近い将来、お金は「稼ぐ」ものではなくなる

今回紹介する本は『新しい時代のお金の教科書』(山口揚平著)。”教科書”といっても、堅苦しい内容ではありません。仮想通貨の登場をはじめ、お金を取り巻く環境が変わりつつある現在、その歴史と未来に迫り、これからの時代にふさわしい生き方を考える一冊です。

お金は自分で創るものになる

thinkstock (12808)

…と、突然いわれても、ピンとこないかもしれません。とはいえ現実に、信用を担保に資金を募るクラウドファウンディングや、個人の時間を売買できるタイムバンクなどのサービスが広まりつつあるのも事実です。詳細は本書にゆずりますが、著者は信用をベースにした経済でお金の役割をはたすのは、「時間」と「信用そのもの」になるだろうと述べています。
なにより重要なのは、信用はお金で創れないこと、そして資源が個人であることです。つまり、新しいお金は自分で創り出すものになります。そして信用を創り出すためには、価値を積むしかありません。これからは、得意なことや専門的知識など、誰もが必ずもっている固有の能力を人と分かち合い、貢献することが必要になってゆきます。
また、つながりやコミュニティをつくってゆくには、価値観や感性など内面を磨くことも大切です。ヨコ型社会で優位に立つのは、男性よりも、感性や共感力に優れた「女性」、LGBTや会社に属さない非正規雇用などの「マイノリティ」であると著者は語っています。つまり、これまで不利とみなされたり、偏見を受けたりしていた人たちほど、活躍の場が広がる可能性があるのです。

貯める人ではなく、与える人になろう

thinkstock (12814)

最後に、これからの時代にふさわしい生き方として紹介されている、「お金について意識すべき10の習慣」からいくつかピックアップします。
・お金以外のコミュニケーションツール(言語・共感/思いやり・価値観)を使いましょう。
・いくらお金を持っているか?ではなく、誰とつきあっているかを意識しよう。
・価値を生みだし貢献してゆくギバー(与える人)として生きよう。 
(山口揚平『新しい時代のお金の教科書』p.178~180より引用)
実は本書には、「取引も契約も信用もまったく存在しない社会」という大胆な未来像も描かれています。こうした著者の考えを、ありうべき可能性とみるか、空想に過ぎないと切って捨てるかは読者次第です。ただ、あなたが「お金中心の生き方をしたくない」と考えているなら、たくさんのヒントを与えてくれる一冊になるはずです。

セジマタクヤ

広告代理店勤務を経て、大阪でフリーの企画・ライターとして活動中。おもに本の紹介やマーケティング記事を執筆しています。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部