2019年3月25日 更新

東大生が実践する主体的な読書とは?インプットに差がつく読書法

読書をしていても、「理解できない」「すぐに忘れてしまう」という経験はありませんか。どうしたら、読書習慣を身につけられるのでしょうか?そこで今回は、日本一番の学力を誇る東大生が実践している読書法をご紹介します。

gettyimages (23900)

2018.10.23

東大生は疑問を持ちながら読書している

gettyimages (23908)

東大生は、一体、どんな読書をしているのでしょうか。実は、東大生が読書をする時に意識していることがあります。それが「主体的な読書」です。主体的な読書とは、自分の頭で考える読書のことです。「なぜこうなるのだろう?」「これは本当にそうなのか?」というように、疑問を持ちながら読書をしてくと、自分の頭で考える力がつくのです。
具体的には、ビジネス書を読んでいて「モチベーションアップには、動機づけが必要だ」と書いてあったら、「なぜ動機づけすると、モチベーションがアップするのか?」と考えたり、「動機づけだけでは、モチベーションが上がらないのでは?」と疑問を持ったりすることで、自分で疑問を持ち、自分で解決しようと考えるようになります。
自分の頭で考えるようになると、「地頭力」と「読み込む力」が身につきます。地頭力とは、物事の本質をスピーディに捉えたり、正確な論理展開する力といった、素の頭の良さのことです。読み込む力とは文字通り、本の内容や著者の言いたいことをすぐに理解できる力のことです。
この地頭力と本を読み込む力が身につくと、受け身の読書から主体的な読書をすることができます。疑問を持ちながら読書する→地頭力と読み込む力が身につく→質の高い疑問が持てるようになる→さらに地頭力と読み込む力が身につくというサイクルを重ねながら、読書力を磨いていきます。

地頭力と読み込む力を上げる3つの要素

gettyimages (23904)

東大生が持っている地頭力や、読み込む力を上げるには、3つの要素が必要になってきます。それが「読解力」「論理的思考」「客観的思考」です。

1.読解力

「読解力」とは読んで理解するだけでなく、そのスピードを上げることも目的とします。読解力を高めるには、読む前の準備が必要です。読む前の準備とは、リード文やタイトル、副題をチェックすることです。この本がどんな内容で、著者が言わんとしていることは何かをあらかじめ知ることで、読解力が飛躍的に上がるのです。

2.論理的思考

「論理的思考」とは、本に読まれないようにすることです。本に読まれないとは、質問を考えたり、メモを取ったりしながら読書をすることです。読書という行為自体、どうしても受け身になりがちです。文を眺めるだけは、当然理解することはできません。そこで質問を考えたり、メモを取ったりしながら、論理的な目線で本を読んでいきます。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

欧州バルト三国の一国として知られる「エストニア」について紹介した本。と言っても、観光情報を紹介するのではなく、今この国が世界の注目を集めている“あるモノ”についての貴重な現地レポートです。
自己把握 自分自身を見つめ直し、見極める

自己把握 自分自身を見つめ直し、見極める

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
「好きを仕事に」新世代の価値観とモチベーションの変化とは

「好きを仕事に」新世代の価値観とモチベーションの変化とは

世代ごとの考え方の違いが明白になってきています。同じオフィスにいながら違う価値観と考え方が混濁する現代。より、変化が激しくなる新時代を迎えるにあたって、私たちはどういう考え方を持つことが大事なのでしょうか。 尾原和啓著『モチベーション革命』 より、ライフワークバランスの視点をご紹介します。
糸井重里の考える働くとは これからの「ほぼ日」

糸井重里の考える働くとは これからの「ほぼ日」

これまで、どこかのシーンで「ほぼ日手帳」を手に取った学生や社会人は数多くいることでしょう。実際に「ほぼ日手帳」を使わずとも、「ほぼ日」や糸井重里の存在を知らない日本人は、もはや皆無といっても言い過ぎではなさそうです。 川島蓉子・糸井重里著『すいません、ほぼ日の経営。』 より、「ほぼ日」という企業がずっと続けてきたことと新たに始めたことをご紹介します。
堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

実業家・堀江貴文氏と芸人・西野亮廣氏の共著『バカと付き合うな』。2人とも日頃からいろんな発言が議論を呼び、もはや日本の炎上ツートップなのでは? と個人的に思っているのですが、彼らの炎上発言の特徴は「必ず賛否両論になる」こと。突飛なことを言い過ぎても興味を持たれないし、ただ悪口を言ったのでは叩かれるだけ。その炎上商法はいずれ通用しなくなるでしょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部