2018年4月12日 更新

なぜ「面倒くさがり」な人は、仕事の効率化が上手いのか

気合いと根性だけでは、仕事は長続きしません。では、どうするか?——おすすめは「自分が働かなくてもいい仕事は、『仕組み』に働かせる」という考え方です。効率化に悩むビジネスパーソンへ、泉正人のベストセラー『「仕組み」仕事術』よりスペシャル版としてお届けします!

thinkstock (11221)

2018.3.7
「時間がない」「時間さえあれば、もっとうまくいくのに…」とは多くの人が口ぐせのようにつぶやく言葉です。一方でその時間を効率良く使い、仕事で生産性を上げている人がいる。そんな一流のビジネスパーソンたちは、「面倒くさい」という感情こそが大切だと言います。

時間をかければ成果はあがるは間違い

thinkstock (11226)

現代のビジネスパーソンは時間に追われています。人手不足、次々と降ってくる課題の解決と、日々仕事をしていくうえでの最大のハードルは、「時間がない」ことではないでしょうか。そんな状況下でも、仕事にはできるだけ時間をかけたほうが、よい結果を得られると考えるビジネスマンはまだまだ多いようです。
しかし、人間に与えられた時間は1日24時間と誰でも平等。どんなに仕事ができる人でも、それを増やしたり、貯蓄するのは不可能です。時間をかけることが成果につながる方法であるとするならば、いずれ限界がきてしまうこは明白です。時間はかけるのではなく、仕事の進め方や時間の使い方の工夫で「時間の質」を変えること。それが長く、確実に仕事の成果を上げていける唯一の方法なのです。

仕事には「作業系」と「思考系」がある

gettyimages (11230)

「時間の質」を変えるとは、限られた時間を有効に使うこと。それには仕事の効率化が重要になってきます。わたしたちが日々、仕事でどのように時間を使っているか考えてみましょう。
仕事の時間は「作業系」「思考系」と大きく2つに分けることができます。「作業系」の仕事とは、頭を使わないで処理できる仕事。手や体を動かす行動をともなう実務作業で、書類作成、会議の準備、議事進行、机の片づけなどのルーチンワークであることが多いです。
一方、「思考系」の仕事とは、頭を使って考える必要のある仕事のこと。新規事業のプランニング、企画立案、原稿執筆、経営戦略、人事考課などの知的作業です。多くのビジネスパーソンは、7~8割を「作業系」に費やしているように感じますが、仕事の成果を上げるためには「思考系」の仕事時間を増やすことが重要です。
そのためには、「作業系」の仕事は効率化し、仕事のアイデアが生まれる「思考系」の仕事が将来の成果につながり、自分も会社も成長していけるのです。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「節税」と聞いて飛びついてしまう前に。経費やiDeCo、不動産投資、のデメリットについても考える

「節税」と聞いて飛びついてしまう前に。経費やiDeCo、不動産投資、のデメリットについても考える

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんの「こづかい」は減らすな』より特別編集編をお届けします。
人生の質と大きさは「仲間」で決まる~『お金原論』[第21回]〜

人生の質と大きさは「仲間」で決まる~『お金原論』[第21回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
マネージャークラスに読んで欲しい「仕組み」マネジメント術

マネージャークラスに読んで欲しい「仕組み」マネジメント術

気合いと根性だけでは、仕事は長続きしません。では、どうするか?——おすすめは「自分が働かなくてもいい仕事は、『仕組み』に働かせる」という考え方です。効率化に悩むビジネスパーソンへ、泉正人のベストセラー『「仕組み」仕事術』よりスペシャル版としてお届けします!
日常生活での相手の得を考えて動く思考習慣をつける~『お金原論』[第20回]〜

日常生活での相手の得を考えて動く思考習慣をつける~『お金原論』[第20回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
脱サービス残業! ワークライフバランスをかなえるたった1つの方法

脱サービス残業! ワークライフバランスをかなえるたった1つの方法

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんの「こづかい」は減らすな』より特別編集編をお届けします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人
お金の教養講座