2018年4月12日 更新

なぜ「面倒くさがり」な人は、仕事の効率化が上手いのか

気合いと根性だけでは、仕事は長続きしません。では、どうするか?——おすすめは「自分が働かなくてもいい仕事は、『仕組み』に働かせる」という考え方です。効率化に悩むビジネスパーソンへ、泉正人のベストセラー『「仕組み」仕事術』よりスペシャル版としてお届けします!

thinkstock (11221)

2018.3.7
「時間がない」「時間さえあれば、もっとうまくいくのに…」とは多くの人が口ぐせのようにつぶやく言葉です。一方でその時間を効率良く使い、仕事で生産性を上げている人がいる。そんな一流のビジネスパーソンたちは、「面倒くさい」という感情こそが大切だと言います。

時間をかければ成果はあがるは間違い

thinkstock (11226)

現代のビジネスパーソンは時間に追われています。人手不足、次々と降ってくる課題の解決と、日々仕事をしていくうえでの最大のハードルは、「時間がない」ことではないでしょうか。そんな状況下でも、仕事にはできるだけ時間をかけたほうが、よい結果を得られると考えるビジネスマンはまだまだ多いようです。
しかし、人間に与えられた時間は1日24時間と誰でも平等。どんなに仕事ができる人でも、それを増やしたり、貯蓄するのは不可能です。時間をかけることが成果につながる方法であるとするならば、いずれ限界がきてしまうこは明白です。時間はかけるのではなく、仕事の進め方や時間の使い方の工夫で「時間の質」を変えること。それが長く、確実に仕事の成果を上げていける唯一の方法なのです。

仕事には「作業系」と「思考系」がある

gettyimages (11230)

「時間の質」を変えるとは、限られた時間を有効に使うこと。それには仕事の効率化が重要になってきます。わたしたちが日々、仕事でどのように時間を使っているか考えてみましょう。
仕事の時間は「作業系」「思考系」と大きく2つに分けることができます。「作業系」の仕事とは、頭を使わないで処理できる仕事。手や体を動かす行動をともなう実務作業で、書類作成、会議の準備、議事進行、机の片づけなどのルーチンワークであることが多いです。
一方、「思考系」の仕事とは、頭を使って考える必要のある仕事のこと。新規事業のプランニング、企画立案、原稿執筆、経営戦略、人事考課などの知的作業です。多くのビジネスパーソンは、7~8割を「作業系」に費やしているように感じますが、仕事の成果を上げるためには「思考系」の仕事時間を増やすことが重要です。
そのためには、「作業系」の仕事は効率化し、仕事のアイデアが生まれる「思考系」の仕事が将来の成果につながり、自分も会社も成長していけるのです。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

マネージャークラスに読んで欲しい「仕組み」マネジメント術

マネージャークラスに読んで欲しい「仕組み」マネジメント術

気合いと根性だけでは、仕事は長続きしません。では、どうするか?——おすすめは「自分が働かなくてもいい仕事は、『仕組み』に働かせる」という考え方です。効率化に悩むビジネスパーソンへ、泉正人のベストセラー『「仕組み」仕事術』よりスペシャル版としてお届けします!
<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人