2018年4月15日 更新

「自分は思い込みで判断したりしない!」そんな人ほど要注意。アインシュテルング効果(構え効果)とは。

生産性を高めるために定石化した手法は、時に新しいアイデアの邪魔になってしまうこともあります。これは、心理学で言われる「アインシュテルング効果(構え効果)」が示した、思い込みによる弊害。アインシュテルング効果の悪影響を乗り越えるには、どうすればよいのでしょうか。

gettyimages (13341)

2018.4.15

アインシュテルング効果(構え効果)とは

thinkstock (13311)

心理学で言われる私達の思考や振る舞いの傾向は数多くありますが、よく知られたものの1つに「確証バイアス」がありますね。
たとえば、日本でとても普及しているTwitter。世間のニュースや噂話に関して、自分と同じ意見ばかり探してしまい、反対意見は無視したり初めから「間違っている」と決めてかかってしまったことはないでしょうか。確証バイアスは1950年代、イギリスの心理学者ウェイソンの実験により明らかとなりました。人は自分が客観的な方法で考えよう、検証しようとしているときでさえ、自分の考えを裏付けるものを探し、矛盾するものを無視する傾向があるのです。
この「確認バイアス」の基盤となっているのが「アインシュテルング効果(構え効果)」です。アインシュテルング効果とは、人には馴染みのある解法に引きずられて別の解法を無視する傾向があるというもの。これを示した有名なものに、アメリカの心理学者・ルーチンスによる1942年の実験があります。
ルーチンスの実験では、被験者は容量の異なる3種類の水差しを使って、指定された量の水を量り取らなければなりません。3段階の手順で解ける問題をいくつか示されたあと、2段階の手順でも3段階の手順でも解ける問題が出されます。すると、多くの被験者がこの問題を3段階の手順で解きました。一方、2段階の手順で解けるけれど3段階の手順では解けない問題を出すと、被験者はこの問題は解けないと言ったのです。
こうしたアインシュテルング効果は、様々な認知バイアスの基盤になっているとされています。たとえば、チェスや将棋などで、自分は相手よりも定石をよく知っているはずなのに負けてしまったということはありませんか。アインシュテルング効果の実験のうちチェスを使ったものに、初心者から熟達者まで様々な人を被験者としたものがあります。この実験では、ある盤面を提示して、より少ない手数で勝てる方法を探してもらいました。これは、ある定石を踏めば勝てる盤面となっているのですが、実は、それよりももっと手数の少ない方法で勝つこともできるものでした。ところが、その定石に気づいた被験者の多くが、定石以外の方法を思いつくことができなかったのです。
さらに興味深いのは、彼らの視線を赤外線カメラで追跡した結果。被験者自身は定石以外の手も考えたと主張しているのですが、カメラで追跡した彼らの視線は、定石に関係するマス目やコマばかりに向いていることが明らかになりました。チェスや将棋であなたが格下の相手に負けてしまうことがあったとしたら、もしかしたらアインシュテルング効果のせいかもしれないのです。

アインシュテルング効果を乗り越えるには

gettyimages (13328)

アインシュテルング効果から生じる様々なバイアスは、時として有用な新しいアイデアを無視したり、関係のない人を責めることになったりする危険性をはらんでいます。では、どうしたらアインシュテルング効果を乗り越えられるのでしょう。
残念ながら、人がアインシュテルング効果から完全に逃れることはできません。私達は、過去の経験をもとに今後起こりそうなことを予測し、対処します。特定の方法に慣れ親しむことで作業効率が上がることも多いですし、思考の節約もできます。これは、アインシュテルング効果の良い面。仮にもし人がアインシュテルング効果から完全に免れていたら、その人は決断にとてつもない時間を要することになってしまうでしょう。
問題は、有害な思い込みを生じさせるアインシュテルング効果の悪しき面。これを乗り越えるには、まずは「アインシュテルング効果から完全逃れるのは不可能だ」という意識を持つことが肝要です。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アクティブ・ラーニングって具体的になに? 家庭で実践するコツは?

アクティブ・ラーニングって具体的になに? 家庭で実践するコツは?

アクティブ・ラーニングという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。これは、生徒自らが能動的に学ぶことであり、教育現場では、学習者が能動的に学べるような授業を行ったり課題に取り組んだりすることを言います。典型的には、グループ・ディスカッションや体験学習、夏休みの自由研究などです。
ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

古代ローマ時代の富裕層が愛した「ワイン」と「閑暇」。 この奥の深いふたつのキーワードを体現したのが、「エノツーリズモ」といわれる観光です。世界各地にあるワイナリーは、豊かな自然に囲まれているという立地条件により、すでにそれだけで閑雅な閑暇を過ごすには絶好のシチュエーション。これを利用した観光業が、昨今のブームとなりつつあるのです。
ブロックチェーンやビットコインは世界をどう変えるのか 〜ミス・ビットコインが語る「未来のお金のつくり方」前編〜

ブロックチェーンやビットコインは世界をどう変えるのか 〜ミス・ビットコインが語る「未来のお金のつくり方」前編〜

「未来のお金のつくり方」をテーマとして2018年2月17日に開催された、「お金の教養フェスティバル」。そこで"ミス・ビットコイン"藤本真衣さんが1,000人を前に語った、ブロックチェーンやビットコインの未来とは。
エンジニア出身のホリエモンがIT起業家からも一目置かれる理由

エンジニア出身のホリエモンがIT起業家からも一目置かれる理由

堀江貴文氏を世に知らしめたのは2004年の仙台新球団参入失敗。 彼の生き方は注目を浴び、メルマガや動画チャンネルも登録者多数、彼のコメントも影響力があります。 実は起業当時、堀江氏はプログラマーだったのです。 あまり知られていないプログラマーとしての堀江貴文をまとめてみます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座