2018年9月23日 更新

中国の世界遺産「万里の長城」、自分の足で登って「英雄」気分を味わおう!

城壁として世界最長を誇る中国の世界遺産、万里の長城。万里の長城は、スケールも大きいですが、長い歴史も持っています。万里の長城に死ぬまでに一度は行ってみたいと、「バケットリスト」に入れている人も多いのではないでしょうか。万里の長城の登城体験をお伝えします。

万里の長城の特徴

中国の世界遺産と言えば、すぐ頭に浮かんでくるのが万里の長城。宇宙のサテライトからもはっきりと見えるほど、くねくねと曲がった城壁が長く続いています。その距離約3000km、日本列島の長さとほぼ同じ。城壁の跡まで入れると総延長距離は約20,000kmにもなります。万里の長城がどれほど長いか想像がつきますね。しかもその歴史は2000年以上。こんなにスケールの大きい万里の長城、一度は登ってみたいと思いませんか。

万里の長城を登る2つの方法

万里の長城に登る方法は2つあります。一つはロープウェイで、もう一つは自分の足で登る方法です。もちろんロープウェイで登れば楽で簡単ですが、昔の人がどんな気持ちで登っていたかを知りたければ、歩いて登るのが一番かもしれません。でもこれ、意外に大変なんですよ。
登城ポイントはいくつかありますが、ここでは北京に近い「居庸関(きょようかん)長城」についてお伝えします。

居庸関(きょようかん)長城にある石碑

居庸関長城ではふもとに着くと、石碑が見えます。何の石碑なの?と思うかもしれませんが、そこには「不到長城非好漢(長城に到らずんば好漢に非ず)」という毛沢東の言葉が刻んであります。この「好漢」、いろいろな訳がありますが、英語ではHeroを使っているので、「英雄」と訳しておきます。つまり、いくら英雄気取りでも万里の長城を登っていなければまだ英雄だとは言えないということになります。登城前には、この石碑をよく見えおいてください。長城を登るときの励みになります。そして、その石碑の背後には、あの万里の長城が龍の背中のようにくねくねと曲がりながら上がっていくのが見えます。「さあ、がんばって登って英雄になるぞ!」とばかり、誰しも勢いよく登り始めるのです。が・・

段差に悩まされる長城の登城

でもすぐにそんな甘いものではないことに気付くのです。なにしろ段差がバラバラ!段の高さが10センチくらいの低い所もあるかと思えば、30センチくらいの高い所もあるのです。段差がバラつく階段を登るのがこんなに大変だとは想像もつきません。とにかく登るリズムがつかめないのです。もちろん日頃体を鍛えている人にとっては何ともないことかもしれません。実際、中には簡単に登っている人もいます。でも普通の人にとっては、かなりの体力が要求される登城です。
でも段差の違いが激しい階段をかなり高い所まで登った時に、後ろを振り返ってみてください。これまで登って来た城壁が下の方に龍の背中のように見えます。なんだかこの壮大な万里の長城を「克服している!」という達成感でいっぱいになるのです。そしてこの長城を築いた昔の人たちや、この城壁に頻繁に登らなければいけなかった人たちの苦労がひしひしと伝わってくるのです。

ヒーローズポイントに到達

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

10連休は四国1周ドライブ旅行に決まり!見所やグルメ紹介

10連休は四国1周ドライブ旅行に決まり!見所やグルメ紹介

今年の10日間のGWには、5泊もしくは6泊かけて四国1周を車で回ってみるのはどうでしょう。四国は海に囲まれていますが、内陸には険しい山岳地帯もあり、また歴史の長い建物もあります。見所の多い四国1周ドライブの旅。おすすめの観光スポットと各県の郷土料理をご紹介します。
GWはシドニー旅行がおすすめ!絶景や豪華クルーズ観光5選

GWはシドニー旅行がおすすめ!絶景や豪華クルーズ観光5選

世界3大美港の一つに数えられるオーストラリアのシドニー。日本がゴールデンウィークの5月、オーストラリアではイースターも終わり静かな時期を迎え、気候的にベストシーズンになります。今回は魅力いっぱいのシドニーの観光スポット5選をご紹介します。
富裕層が集う街ドバイでラグジュアリーな旅 おすすめ観光5選

富裕層が集う街ドバイでラグジュアリーな旅 おすすめ観光5選

ドバイは今や、ニューヨークや東京よりも訪れる人が多いと言われる、アラブ首長国連邦の最大都市です。亜熱帯に位置するドバイは、冬でも20度以上の温かい日が続きます。その中でもベストシーズンは遊泳ができるようになる3月。注目のドバイ観光の魅力に迫ります。
沖縄の海開きは3月!暖かい春におすすめ観光イベント5選

沖縄の海開きは3月!暖かい春におすすめ観光イベント5選

沖縄観光は夏のイメージがありますが、沖縄の3月は海をいち早く楽しめる「海開き」や「花のカーニバル」「イルミネーション」など、見どころが豊富です。気温が20度近く上がり、雨が比較的少ない春の季節だからこそ体験できる、沖縄のイベントを紹介します。
アンコールワット観光の魅力 トリップアドバイザーで2年連続1位

アンコールワット観光の魅力 トリップアドバイザーで2年連続1位

観光には気候的に2月がベストと言われるカンボジアの世界遺産「アンコールワット遺跡群」。トリップアドバイザーの「トラベラーズチョイス賞」で2017年と2018年、2年連続1位に輝きました。その人気がいったいどこにあるのか、アンコールワット遺跡群の魅力に迫ります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT