2019年6月14日 更新

常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

シェアリング・エコノミーは無駄を省き、限られた資源や空間を効率的に活用し、個人的、社会的利益を生む、と言う点では経済学の原点にもとづいたアイデアではないでしょうか。今回は常識を変えることで生まれた空間を利用した面白いシェアリングビジネスについて迫ります。

gettyimages (39905)

2019.6.14

定額制住み放題の「Co-Living」が人気

「アドレス・ホッパー」、「Co-Living(コリビング)」、「バンライファー」などという聞き慣れない言葉がネット上で最近目立つようになりました。

これらは「マイホーム」という言葉に固執してきた我々の常識を完全に覆すライフスタイルを表す言葉ではないでしょうか。
gettyimages (39902)

2019年4月に始まった「ADDress」は「空き家や遊休別荘と、泊まりたい人をマッチングする、Co-Living(コリビング)サービス」として話題を呼んでいます。
台所や浴室は住人同士シェアとなり、シェアハウスのようですが、会員契約中は運営会社が提供する世界中の拠点に定額制住み放題というシステムなので、転々と居場所を変えながら、新しい出会いを楽しむことができます。
「ADDress」のシステムは年々増え、深刻化する地方都市の空家を有効活用し、地方創生にも貢献でき、貸す側、借りる側、社会にとってまさにウィン・ウィン・ウィンのサービスと言えるかもしれません。
「家族」という枠に縛られず、他人と住まいをシェアし「Co-Living」を楽しむ。またひとところにとどまらず、拠点を転々と住み替える「アドレス・ホッパー」をしながら出会いを楽しむというまったく新しく自由なライフスタイルはこれから益々人気を集めるのではないでしょうか。

使われていないスペースを荷物置き場に

gettyimages (39903)

楽しい旅行。しかし荷物のせいで行きたかったところまで行けなかったり、旅行行程を制限しなくてはならなかったりなどという経験はありませんか。
特に最近は海外からの旅行客も増え、駅や施設のコインロッカーがいっぱいで、荷物を引きずりながら観光や買い物をされている方をよく見かけます。
そんな不便さを解決すべく現れたのが、「ecbo cloak」です。
「ecbo cloak」はどんな街にでも点在するカラオケ点、飲食店、美容院、事務所等の使わないスペースを旅行者等の荷物一時預かり場所として活用するという画期的なサービスです。
わざわざロッカーのある駅や施設までいかなくても、必要な時に近くの預け場所をアプリで探し、予約、支払いまでスマホで出来てしまうのでとても便利です。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本起業家1位は「宇宙の掃除屋」アストロスケールCEO岡田氏

日本起業家1位は「宇宙の掃除屋」アストロスケールCEO岡田氏

経済誌Forbes JAPAN2019年の日本起業家ランキング1位のAstroscale(アストロスケール)創業者の岡田光信氏は、宇宙ゴミを除去する宇宙の掃除屋ビジネスを立ち上げました。エリート官僚出身ですが、ものづくり企業を結集する過程は人情溢れる物語でした。
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

業務を効率化できるタスク管理。その名前は知っているけれども、実践の方法がわからないという方は少なくないかと思います。そこで今回はタスク管理のメリットと、その方法を説明します。業務を効率化すれば、プライベートを充実させることもできるでしょう。
ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスにおいて「対立」が避けられないことはよくある話です。しかし、同僚や上司との「討論」は生産性を高めるには必須であると語るのは「手ごわい問題は、対話で解決する」の著者であり、数々の紛争を分析してきたアダム・カヘン氏です。カヘン氏の主張を交え「生産的な討論」について考えます。
マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

仕事は効率良く行うためには、短時間に複数の仕事を進めるマルチタスクができればよいのでしょうか。実はそのようなマルチタスクは逆に仕事の効率を下げることが知られています。 そこでマルチタスクに頼らない仕事の処理能力を上げる方法を説明します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン