2018年11月16日 更新

『生き方』にこだわる経営の神様。稲盛和夫氏の名言を人生に役立てよう!

京セラの創業者で現在名誉会長を務める稲盛和夫氏による代表的な著書『生き方』。稲盛氏と言えば京セラ、KDDIを創業。会社更生法を申請するまでの経営不振に陥ったJALをドン底からわずか2年で営業利益2,000億円まで回復させた経営手腕はもはや伝説となっています。

gettyimages (25373)

2018.11.16
そんな稲盛氏が信条とする言葉や考え方をまとめたのが本書。2018年現在、日本で120万部を突破しただけでなく海外13か国で翻訳され、なんと中国では日本よりも多い150万部の大ヒットを記録しています。初版が世に送り出されてからおよそ10年ですが、数多くの著名人や経営者が愛読書に推薦しており、これからも読み継がれるロング・ベストセラーになるでしょう。
「人間として一番大切なこと」というシンプルな人生のテーマを掲げることで迷いを捨て、数々の危機を乗り越えてきた稲盛氏の哲学とは?今回は特に印象的だった言葉をピックアップしてみました。

「単純な原理原則が揺るぎない指針となる。」

gettyimages (25378)

世間には高い能力を持ちながら、心が伴わないために道を誤る人が多く、経営の世界でも自己中心的な考えから不祥事を起こす人さえいます。才能があっても、それを正しく活用する「指針=哲学」を持たなければいけないというわけです。
稲盛氏は27歳で京セラを立ち上げましたが、当時は知識も経験も無かったという事情もあり、自分が守るべきことを「嘘をついてはいけない、人に迷惑をかけてはいけない…自分のことばかり考えてはいけない」など、シンプルなものに決めました。しかし、シンプルゆえに筋の通った原理に沿って経営することができ事業を成功へと導くことができたのだと言います。
稲盛氏が自身の成功に理由を求めるとするならば、その力強い指針に従った事。それに尽きるのかもしれないと振り返っています。

「現実になる姿を“カラーで”見えているか」

gettyimages (25384)

科学的ではないと認めつつ、思いを実現させるための母体は「強烈な願望である」と言い切る稲盛氏。ああなったらいい、という結末が「見えてくる」までそのプロセスをイメージし、将棋の差し手を何万通りも考えるように何度もシミュレーションを繰り返すことが必要であると言います。
しかし、それが白黒で見えているうちは不十分。より現実に近く“カラーで見えてくる”その瞬間までイメージを濃縮することが重要なのだとか。

仕事において、とかく求められる水準や性能などの必要条件をクリアすることを目標にしてしまいがちですが、それでは人々の心を打つには不十分。最初に考え抜いて「見えた」理想とする水準に達することで成功により近づけるのです。自分は相手の要求に応えているのになぜか評価されないと感じている人は、一度「自分の理想とするイメージの仕事ができているか?」たち返って考えてみるのもいいかもしれません。

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

未来創造 「自分がどうなりたいか」のイメージを明確にする

未来創造 「自分がどうなりたいか」のイメージを明確にする

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
言葉に説得力が欲しい人は必見!ひろゆき氏の「論破力」に学ぶ

言葉に説得力が欲しい人は必見!ひろゆき氏の「論破力」に学ぶ

匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人として有名になったひろゆき氏の著書『論破力』。現在は英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人をしながら様々なメディアにも登場していますが、個人的に注目したいのは討論系の番組出演時のひろゆき氏。何が凄いって、とにかく負けない。
スマホメモで仕事と人生が変わる!思考のメモ習慣のすすめ

スマホメモで仕事と人生が変わる!思考のメモ習慣のすすめ

「メモを取る」という行動が、何かと注目されている昨今です。しかし、実際のところ、紙のノートやメモを常に持ち歩くとのはなかなか大変なことです。 須藤亮著『スマホメモ|仕事と人生の質を上げるすごいメモ術 』より、いつも手元にあるスマホを使った新時代のメモ術をご紹介します。
思考信託のフレームワークを実践する

思考信託のフレームワークを実践する

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
「令和」というポスト平成の時代をどう生き抜いていくか

「令和」というポスト平成の時代をどう生き抜いていくか

新しい元号「令和」が発表されました。いよいよ5月からは新時代が始まります。どの世代も、今までの常識や考え方をアップデートする必要があるでしょう。 塩野誠・佐々木紀彦著『ポスト平成のキャリア戦略』 より、20代〜40代のビジネスパーソンがポスト平成という時代をどう生き抜いていくか、軸となる考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部