2017年12月11日 更新

1本100万円のワインはなぜ生まれるのか

かの有名なロマネ・コンティが100万円のワインであるということは誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。では、ロマネ・コンティをはじめとした超がつく高級ワインはどんな富裕層が購入しているのでしょうか。

istockphoto (7720)

2017.12.11
多くの人はお金持ちのワイン愛好家が購入していると考えるでしょうが、実は必ずしもそうではないのです。今回はワインとお金の話をさせて頂きます。

投機目的で買われるワイン

istockphoto (7724)

ワインはときに投機目的で購入されます。では、投機目的とはどのような意味なのでしょうか?
以下では、ワインの価格が吊り上がる背景にある投機目的でのワインの購入についてみていきます。

中国バブルの裏で取引されていたワイン

gettyimages (7708)

中国の経済が右肩上がりに成長を始めた頃から、中国の富裕層によるワインの大量買い占めが行われており、昨今は有名生産地のワインの価格が大きく上がってきております。
2014年に香港で開催されたザザビーズオークションでは、ロマネ・コンティ114本が手数料込の1億8400万円で落札されています。1本あたり約160万円です。
これはロット単位のワインの落札額としては史上最高額となりました。
ここで注目したいのが、そのワインは落札後どうなるかということです。もしかすると落札者は114本のロマネ・コンティを家族や友人と一緒に飲むのかもしれません。しかしこの推測はいささかアットホームすぎるでしょう。
落札者は投機目的で114本のロマネ・コンティを購入し、今後114本の大部分をさらに転売して利益を上げることを狙っていると考えた方が自然でしょう。これが投機目的でワインを買うということなのです。

ロマネ・コンティ114本が1億8400万円で落札されるということがなぜ起るのか?

gettyimages (7703)

goo辞書によると、投機とは「将来の価格の変動を予想して、現在の価格との差額を利得する目的で行われる商品や有価証券などの売買」とされています。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今こそ投資家がすべき単純なこと

今こそ投資家がすべき単純なこと

3月4日〜8日の米国ダウ工業平均、S&P500、ナスダックの3指数が1週間で2%を超える下落となり昨年末から継続してきた楽観ムードが一転しました。久しぶりに投資家心理が冷え込んだかなぁと思いましたが、11日〜15日の1週間で前週の下げ幅を上回る上昇し悲観ムードは一転。ボーイング問題など悪材料をよそに年初来高値を更新し市場には再び楽観ムードに戻りました。このような楽観相場で改めて意識したい極上の名言をご紹介したいと思います。
成功する投資家の荒れ相場での心得とは

成功する投資家の荒れ相場での心得とは

足元は戻り歩調となっている株式市場ですが、米中貿易問題、英国のブレグジット問題、それにじわじわと広がる欧州経済への警戒など不安材料に事欠きません。このような不安材料を抱えた荒れた相場に立ち向かうための心得とは。
準富裕層になってリタイアしたい。金融資産5,000万円で可能?

準富裕層になってリタイアしたい。金融資産5,000万円で可能?

準富裕層での早期リタイアは現実的でしょうか。野村総合研究所(NRI)などは、金融資産5,000万~1億円未満の約322万世帯を準富裕層と位置づけています。富裕層手前のこの段階で、好きな時だけ仕事をするセミリタイアも含め、早期リタイアできる可能性を考えてみます。
資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

私の基本的な投資スタンスについては、2007年に出版した『株式市場「強者」の論理』という著書のなかの「長期的な計画を立てる」という項目のなかで、その原型ともいえる文章を書いております。
賢者の投資方法とは

賢者の投資方法とは

米国では代表的なインデックス型投信を長期保有することに対して、手抜きのポートフォリオであると揶揄されることが多い。しかし実際には、ウォーレン・バフェットをはじめ多くの伝説的な投資家が推奨する投資方法であるのです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部