2017年12月11日 更新

1本100万円のワインはなぜ生まれるのか

かの有名なロマネ・コンティが100万円のワインであるということは誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。では、ロマネ・コンティをはじめとした超がつく高級ワインはどんな富裕層が購入しているのでしょうか。

istockphoto (7720)

2017.12.11
多くの人はお金持ちのワイン愛好家が購入していると考えるでしょうが、実は必ずしもそうではないのです。今回はワインとお金の話をさせて頂きます。

投機目的で買われるワイン

istockphoto (7724)

ワインはときに投機目的で購入されます。では、投機目的とはどのような意味なのでしょうか?
以下では、ワインの価格が吊り上がる背景にある投機目的でのワインの購入についてみていきます。

中国バブルの裏で取引されていたワイン

gettyimages (7708)

中国の経済が右肩上がりに成長を始めた頃から、中国の富裕層によるワインの大量買い占めが行われており、昨今は有名生産地のワインの価格が大きく上がってきております。
2014年に香港で開催されたザザビーズオークションでは、ロマネ・コンティ114本が手数料込の1億8400万円で落札されています。1本あたり約160万円です。
これはロット単位のワインの落札額としては史上最高額となりました。
ここで注目したいのが、そのワインは落札後どうなるかということです。もしかすると落札者は114本のロマネ・コンティを家族や友人と一緒に飲むのかもしれません。しかしこの推測はいささかアットホームすぎるでしょう。
落札者は投機目的で114本のロマネ・コンティを購入し、今後114本の大部分をさらに転売して利益を上げることを狙っていると考えた方が自然でしょう。これが投機目的でワインを買うということなのです。

ロマネ・コンティ114本が1億8400万円で落札されるということがなぜ起るのか?

gettyimages (7703)

goo辞書によると、投機とは「将来の価格の変動を予想して、現在の価格との差額を利得する目的で行われる商品や有価証券などの売買」とされています。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自分の力で考えなかったら投資は成功しない

自分の力で考えなかったら投資は成功しない

2019年がいよいよスタートしました。2018年の投資環境がたいへん厳しかったことから捲土重来を期している人も多いのではないかと思います。にもかかわらず年初から波乱含みです。荒れる相場を乗り切るための心構えをお伝えします。
Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

経済誌Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019で日本を動かす起業家20名に選ばれた長谷川潤氏。2度の起業と、仮想通貨OmiseGOの発行を経て、2018年12月7日にブロックチェーン関連の新会社BUIDL(ビルド)を設立。さらに注目を集めています。
お金 |
賢者の投資方法とは

賢者の投資方法とは

米国では代表的なインデックス型投信を長期保有することに対して、手抜きのポートフォリオであると揶揄されることが多い。しかし実際には、ウォーレン・バフェットをはじめ多くの伝説的な投資家が推奨する投資方法であるのです。
2018年ドル円相場の値幅が狭かった理由

2018年ドル円相場の値幅が狭かった理由

2018年も残すところ1カ月となりましたが、為替市場では12月18−19日のFOMCの結果、及びFRBパウエル議長の記者会見に注目が集中しています。その2018年ですが、為替市場に関わる人にとって2018年は歴史的な一年として記憶されるかもしれません。それは、ドル円の変動幅が市場最狭になりそうだからです。
生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部