2019年3月18日 更新

高血圧対策におすすめのエクササイズ 症状別に4つ解説

血圧が高めの時に「頭痛を感じる」「体が重くなる」「ふらつく」などの症状があらわれることはありませんか?このような時はエクササイズをすることで、症状を軽くするのと同時に血圧対策も行うことができます。そこで今回は、 症状別の高血圧対策を解説していきます。

gettyimages (32880)

次に、足首のエクササイズに移ります。床に座った状態から左手で左足首を支え、右手で左足のつま先を持ちます。そして足首を中心にゆっくり回しましょう。回す方向はどちらでも構いません。反対側も同様に回してください。

ふらつき・ほてりを改善するエクササイズ

体がふらついたりほてったりする場合は、足から腰まわりにかけて血流を良くします。前述した体が重い時の脚のストレッチに加えて、次のストレッチをとツボ押しを行ってみましょう。
gettyimages (32875)

まずストレッチを行います。あぐらをかく姿勢で床に座り、足の裏同士をつけてください。この状態から左手で右ひざを持ち、右方向に体をひねりましょう。この時、できるだけ股を広げて両ひざが床に接するようにしてください。左方向も同様に行います。股関節のストレッチをしながら、腰まわりもほぐすことができるでしょう。
gettyimages (32872)

次に、正座の体勢で腰のツボを刺激します。ただし足の甲を床につけずに、つま先を立てた状態にしてください。つま先が床に接し、かかとの上にお尻が乗った状態です。足の裏が伸びているのがわかるでしょう。そして姿勢を真っ直ぐにし、腰椎の両脇にあるツボを押します。このツボ押しに関しては「5秒かけて押し3秒かけて緩める」を1セットとし、5セット行ってください。

手足の冷えを改善するエクササイズ

血圧が高めの人で、同時に手足の冷えを伴うケースも少なくありません。この場合、筋力不足に原因にあることが多いため、背中の筋肉を中心に強化します。また、手足の先端部分に血液がスムーズに流れるようにするため、股関節や腕のストレッチも行います。
gettyimages (32866)

まず筋力トレーニングとして、肩から背中、お尻にかけて筋肉を鍛えるバックエクステンションを行いましょう。やり方は、はじめに床に四つん這いになります。そして右腕を前方に、左足を後方に伸ばして、この状態をキープしましょう。左腕と右足に関しても、同じように行ってください。
gettyimages (32865)

次に、足への血流をスムーズにするため股関節のストレッチを行います。まず、床に開脚した状態で座ってください。それから、上体を右にひねって右を向きます。この時、左足の甲を床につける感覚で、ハードルを跳んでいるような体勢になってください。そして、両腕を伸ばしながら上体を右足のほうに倒します。反対側も同様に行いましょう。
gettyimages (32864)

37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ショッピングで心身ともに健康になる科学的な理由とは

ショッピングで心身ともに健康になる科学的な理由とは

ショッピングは気分を高揚させてくれる一方で、散財してしまったという罪悪感にも悩まされるもの。 ところが、科学的にもショッピングには健康に寄与するさまざまな効能があることが証明されました。なぜ、ショッピングが健康に良いのでしょうか
テストステロンを安定して増やすためのストレス解消法

テストステロンを安定して増やすためのストレス解消法

やる気や集中力に関係するテストステロン分泌とストレスには深い関係があります。そこで今回は、テストステロン分泌を促すためのストレス解消法について解説していきます。ポイントは精神的な「休養」と、ストレスの「緩和」「解消」の3点です。
ダイエット習慣を身につける5つの方法 三日坊主はこれで卒業!

ダイエット習慣を身につける5つの方法 三日坊主はこれで卒業!

「ダイエットに成功して痩せたい!」そんな意気込みを持っている人は多いです。しかし、運動や食事制限をはじめても三日坊主で終わってしまうケースは少なくありません。そこで今回は、ダイエット習慣をつけるためにおすすめの方法を5つ解説していきます。
効率的に痩せる!忙しい人におすすめショートサーキットトレーニングとは

効率的に痩せる!忙しい人におすすめショートサーキットトレーニングとは

ジョギングや筋トレは、ダイエットに効果的な運動です。しかし、「時間が取れない」「ジム通いが面倒」などの理由で続かない人も少なくありません。そこで今回は、有酸素運動と筋トレを同時に行うことができる「ショートサーキットトレーニング」について解説していきます。
テストステロンを増やし疲れの原因解消!仕事力も上がる5つの方法

テストステロンを増やし疲れの原因解消!仕事力も上がる5つの方法

「仕事のやる気が出ない」「20代の頃のように体力が持たない」…このような状態に陥っていませんか?そんな状態は、男性ホルモンの「テストステロン」を増やすことで解決できます。今回は、テストステロンの分泌量を増やすために有効な5つの方法について解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座