2018年7月23日 更新

高齢化社会を幸せに生き抜くヒントは「ライフ シフト」にあり!

本のタイトルは『LIFE SHIFT~100年時代の人生戦略~』です。全世界で大ヒットし、日本でも2013年ビジネス書大賞を受賞した『WORK SHIFT』の著者、リンダ・グラットン氏の新著という触れ込みで、こちらもベストセラーに。そのテーマは「日本人は、人生100年時代をどう生きるべきか?」というものです。

gettyimages (17710)

2018.7.14
ご存知の通り、現在日本は世界に類を見ない速度で少子高齢化が進み、社会保障制度の崩壊や自治体の破たんなど様々な「負の予測」を耳にする機会が多いと思いますが、この本はそれとは一線を画し高齢化をポジティブにとらえる新たな考え方、現在の成長至上の次に来る新たな生き方を提示しています。
「若い」「老いている」の概念が変わり、「就職」や「引退」の常識が変わりつつあるという彼女の主張は、まさに目からうろこの連続。年金や人口減少の問題を和らげるためのアイデアやヒントが散りばめられていました。それでは、その中身を見ていきましょう。

新たなデータが示す「高齢化は幸せ」説!?

gettyimages (17708)

世界の人口学者たちがいまの子供たちの平均寿命を推計したところ、なんと日本で2007年に生まれた子供の50%は107歳まで生きるという結果が得られたそうです。この数字は日本が世界で一番の長寿国であることも示していたそうですが、本当に驚くべき数字です。
そのデータとは、単に人が長生きするようになっただけでなく、「健康に生きる期間が延びている」事を指し示すデータです。つまり、これまでは「寿命が延びる」とは老いて生きる期間が長くなることだと思われていましたが、その常識は変わり若々しく生きる期間が延びているというのです。
この“若々しく生きる期間”をどうとらえ、どう生きるのか?その発想の転換こそ「ライフ シフト」。高齢化社会で幸せに生きる秘訣なのです。

人生に「新たなステージ」が現れる!

gettyimages (17721)

従来の日本人の人生は大きく「教育を受ける→仕事をする→引退して余生を過ごす」という3つのステージに分かれていましたが、“若々しく生きる期間”の増加により「新たなステージ」が選択可能になります。とりわけ著者は「エクスプローラー」「インディペンデント・プロデューサー」「ポートフォリオ・ワーカー」という3種類のステージに注目。
「エクスプローラー」…探検者を意味し、一カ所に腰を落ち着けるのではなく身軽で機敏に旅をしたり、様々な文化や価値観に触れたりするステージ。自分の存在の境界を押し広げ、固定観念から脱却してほかの人たちの行動をじっくり見る審美眼を身に付けることができる期間でもあります。
「インディペンデント・プロデューサー」…旧来の起業家とは異なる新しいタイプの起業家。永続的な企業を作ったり、売却したりすることを目的にするのではなく、組織に雇われずに独立した立場で生産活動をすることを重要視しています。その活動の中身は製品を作ったりサービスを提供したりと様々ですが、資産を大きく増やす可能性が低い代わりに失敗を恐れずチャレンジできるメリットがあります。小規模ながら、ビジネスのスキルや知識などを身に付けるのに最適なステージです。
「ポートフォリオ・ワーカー」…一種類の活動や仕事に専念するのではなく、様々な活動に同時並行で取り組むステージ。最近では副業を許可する企業も増えていますし、その注目度の上昇を体感している人もいるのではないでしょうか。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部