2018年6月21日 更新

シリコンバレーに「陰」

アップルの時価総額が、未踏の1兆ドルに迫っている。しかし、フェイスブックの個人情報漏洩問題や、テスラの半自動走行システムによる死亡事故で、ミレニアルを中心にシリコンバレーに対する見方が変化している。

gettyimages (16317)

2018.6.20

シリコンバレーに「陰」

gettyimages (16319)

 ニューヨーク証券取引所の歴史で、時価総額が最高だった銘柄は、鉄鋼や銀行、エネルギー企業のものだった。今や、それらの銘柄の影は薄い。
 シリコンバレーで誕生したアップルは、同証券取引所で、コンピューター企業として初めて時価総額トップに。さらに、アップルは時価総額1兆ドルという、ニューヨーク証券取引所で未踏の水準を達成しようとしている。これを書いている6月11日時点で、9450億ドルに迫る。
 
同時に、アマゾンも時価総額8000億ドルにまで上昇しており、アップルに続いて1兆ドルの大台を達成するだろう。グーグルを所有するアルファベットは7750億ドル、マイクロソフトは7832億ドル、フェイスブックは5600億ドルで、アップル、アマゾン、グーグル、マイクロソフト、フェイスブックの時価総額を足し合わせるとほぼ4兆ドルに匹敵する。
 時価総額で見ると、一見シリコンバレーが非常に好調なようにも思える。しかし、米国ではフェイスブック離れが目立ち、シリコンバレーに対する世間の目が厳しくなっている。
 

ミレニアル世代中心に起こった#DeliteFacebook運動

フェイスブック利用者の個人情報8700万人分が、第3者に使われていた情報漏洩問題が今年3月、明らかになったのがきっかけだ。#DeleteFacebookと呼ばれる運動が始まり、ミレニアル世代では、フェイスブックのアカウントをあっさり削除する友人が出てきた。
gettyimages (16330)

 筆者は6月1日、バースデー・パーティを開き、フェイスブックでイベントページを作った。フェイスブックを離れた友人には、メールやショート・メッセージで個別に案内を送ったが、それでも漏れがあった。「インスタグラムで案内を送って欲しかった」とパーティがあることを知らなかった友人から言われた。しかし、インスタグラムもフェイスブック傘下である。ソーシャルメディアにおけるコミュニケーションをいかにフェイスブックが独占しているかが分かる。
 漏洩問題のスクープ記事に登場した内部告発者でカナダ人のクリストファー・ワイリー氏(24)は、髪の毛をショッキングピンクに染め、鼻にリングをしたミレニアルによくある出で立ちだ。彼の証言ビデオは、2016年の米大統領選挙が、フェイスブックなどの個人情報をもとに、いかにしてフェイク広告やフェイクニュースが、個人をターゲットに送られ、選挙結果に影響した可能性があるかを語っている。
「(フェイスブックのデータをもとにして)あなたが、どんな情報を信じやすくて、どんな文脈、話題、コンテンツに反応しやすくて、つまり、どんな情報に騙されやすくて、何回そういうことを考えてもらったらいいのか、そうして、ある事柄についての考え方を変えていくのです」
 ミレニアルのワイリー氏の証言は、同じ世代のミレニアルに、強く響いたに違いない。インターネットに常時接続した生活が当たり前の彼らは、幼い頃からオンラインの危険性はある程度許容して暮らしてきた。しかし、自分の情報が不正に使われたことには、憤りを感じ、#DeleteFacebookに敏感に反応した。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日米通商交渉で避けるべきは円高容認

日米通商交渉で避けるべきは円高容認

FFRでは関税の話が中心になると思いますが、実はそれと同等に避けるべきことは円高容認です。円高の影響を軽く見る向きもありますが本当にそうでしょうか。
経済発展目まぐるしいシンガポール、在住富豪のライフスタイル解説

経済発展目まぐるしいシンガポール、在住富豪のライフスタイル解説

シンガポールは建国してからまだ53年。それに国土面積は東京23区の面積より少し大きだけなのに、その積極的な経済政策のおかげで今では世界の富豪が集まる国に発展しました。 そんなシンガポールに住む富豪たちのライフスタイルはどんなものなのでしょうか。
インベスターZが示唆する「IPO株はお値段以上」【インベスターZ祝ドラマ化特別企画】

インベスターZが示唆する「IPO株はお値段以上」【インベスターZ祝ドラマ化特別企画】

公募価格3,000円、初値5,000円。6月19日、満を持して東証マザーズに上場したメルカリの株価です。午前11時すぎについた初値は、公募価格を67%上回る大幅上昇となり、その後、一時6,000円まで上昇。終値は、初値を300円上回る5,300円となりました。
〈前田裕二〉夢と熱量を持った人たちが報われ、より夢を輝かせられるような世界を作りたい

〈前田裕二〉夢と熱量を持った人たちが報われ、より夢を輝かせられるような世界を作りたい

今、最も注目されている若手起業家の一人である、SHOWROOM株式会社の代表・前田裕二さん。前編では、人生の各ステージ毎の「お金」への価値観の変遷を伺いました。後編は仮想ライブ空間「SHOROOM」が目指す世界について伺っていきます。
米朝首脳会談の評価を語る前に投資家であればすべきこと

米朝首脳会談の評価を語る前に投資家であればすべきこと

世紀の会談とされた米朝首脳会談が2018年6月12日に終了しました。マスコミ、テレビ、新聞は専門家のコメントを載せて「成功」、「失敗」、「アメリカの負け」、「金書記長の粘りがち」などと評価していますが、実際のところはどうなのでしょうか。私は、これからの実務者ベースの話し合いでその推移を見守らないとなんとも評価できないのではないかと思っています。それよりも投資家であればすべきことがあるように思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cakocat cakocat
お金の教養講座