2018年4月16日 更新

身近ではじまっているフィンテックサービスが便利おもしろい

フィンテックの登場で、従来保守的だった金融業界がその姿を大きく変えようとしています。 仮想通貨や銀行外での「シームレス」な取引は、もはや銀行の存在意義をも問う勢い。 先端IT技術の導入で、効率化の一途をたどる金融サービス。 私達の生活を変えるフィンテックを紹介します。

thinkstock (13256)

2018.4.14

文字で気持ち(お金)が送れるレターポット

istockphoto (13260)

キンコン西野さんの「レターポット」は、レター1文字に5円の価値をのせて送れるサービスです。西野さんは災害ボランティアに参加して、千羽鶴やサイズの合わない古着など、現場では必要とされない贈り物の処分を担当しました。モノではすれ違いが生じることを学んだこの時に、レターポットのシステムを思いつきました。
レターの5円は換金出来ません。文字に気持ちを載せて送ることからスタートしたレターポットは、2018年「公式ポット」での募金活動を開始しました。初回ははれの日振袖被害者が対象の「あらためて成人式を祝う会」でした。この時レターポットは51万円を集めています。
換金できない仮想通貨レターポットは、この先どんどん進化を遂げていくでしょう。

株が買えるギフトカード

gettyimages (13267)

・「Stockpile」https://www.stockpile.com/
株を買えるギフトカードも登場しています。「Stockpile」の株ギフトカードの使い方は、ちょうどitunesカードをコンビニで買ってiphoneアプリを買うような感じです。Stockpileがまとめ買いした株を、若者に分配するといったビジネスモデルです。
背景には、アメリカの子どもに対する早期からの金融教育があります。ホームページには、株ギフトやティ―ンとキッズ向け株運用の案内があり、お金の教育の一環として子どもに株をプレゼントする人も多いアメリカの投資教育の様子が伺えます。残念ながらこちらは、アメリカ在住者向けのサービスです。
・「Sparkgift」http://www.sparkgift.com/
こちらはネット上で株を購入し、それをメールで友人や家族に送信できるサービスです。こちらも親から子どもに、株の値動きを実感出来るようにと投資教育の為にプレゼントするケースが多いようです。株価が上がっていったら子ども達は嬉しいですね。実践的なお金の教育です。このサービスも、現時点(2018年3月)ではアメリカ市民権所有者のみ対象です。
日本でも、株の購入が今後簡単で身近なものになれば良いですね。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブロックチェーンを語るとき避けて通れないややこしい仕組みの話

ブロックチェーンを語るとき避けて通れないややこしい仕組みの話

ブロックチェーンについて、どのくらいあなたは知っていますか? これからの人生、いや人間のあり方を変えてしまうかもしれないといわれる技術、ブロックチェーン。 著書「ブロックチェーン革命」にて、ブロックチェーンによって変わる世界を先駆けて示唆した野口悠紀雄氏の基調講演をお届けします。(FLOCブロックチェーン大学校イベント基調講演より)
金価格が示す市場心理

金価格が示す市場心理

実は、あまり認識されていませんが金価格が上昇しています。2018年8月以降、徐々に値段を切り上げて約半年で約10%を超える上昇です。今回の金相場は市場の見通しと心理を示している可能性が高いため今回は分析をしてみたいと思います。
資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

私の基本的な投資スタンスについては、2007年に出版した『株式市場「強者」の論理』という著書のなかの「長期的な計画を立てる」という項目のなかで、その原型ともいえる文章を書いております。
投資の世界のFACT

投資の世界のFACT

2019年の投資環境は目まぐるしく変わりそうです。英国ブレグジット、米国の金融政策、米中貿易問題などに振り回されそうです。それでも、投資の世界にはFACTがあります。今話題のFACTを見ていきましょう。
Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

経済誌Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019で日本を動かす起業家20名に選ばれた長谷川潤氏。2度の起業と、仮想通貨OmiseGOの発行を経て、2018年12月7日にブロックチェーン関連の新会社BUIDL(ビルド)を設立。さらに注目を集めています。
お金 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部