2018年4月16日 更新

身近ではじまっているフィンテックサービスが便利おもしろい

フィンテックの登場で、従来保守的だった金融業界がその姿を大きく変えようとしています。 仮想通貨や銀行外での「シームレス」な取引は、もはや銀行の存在意義をも問う勢い。 先端IT技術の導入で、効率化の一途をたどる金融サービス。 私達の生活を変えるフィンテックを紹介します。

「ビッグデータ」「AI」がローンや保険の審査を担当

thinkstock (13272)

「ビッグデータ」「AI」がお金とどう関わってくるのでしょう。これによって迅速化されるのは金融商品の「審査時間」です。
ローンや保険に加入する時、今までは業者が顧客の信用情報を金融機関に問い合わせ、結果が出るまでかなり時間がかかる時もありましたが、「ビッグデータ」「AI」が審査時間を担当すると、審査結果の即答が可能になります。また保険など金融商品のサジェストも可能だと言われています。

「インシュアテック」で入院費の建て替え無しに?

thinkstock (13310)

金融、証券に次いで注目されるのが保険のフィンテック「インシュアテック」です。
これによって将来、「保険金の支払い」が瞬時に行われます。
「ブロックチェーン」という分散型の情報管理システムを、仮想通貨関連でよく聞きますよね。これが処理業務の短縮を促進しているのです。従来の金融は一極集中型で信用管理していたのに対し、ブロックチェーンは数珠つなぎの分散型で管理システムを運用します。
こんなブロックチェーンには下記のメリットがあります。
・改ざんが困難
・システムのランニングコスト削減
・スマートコントラクトの実現
ブロックチェーンによるスマートコントラクト化とは何でしょうか。何やら難しそうですが、入院時の医療保険を例に考えると分かりやすいです。
退院時、私達はたとえ医療保険に入っていても、入院費を立て替える必要があります。診断書等書類を提出し保険会社に申請して、保険金が無事振り込まれるまでのタイムラグは避けられませんでした。しかし今後は、充分な医療保険に入っていれば支払いなく退院できる日が来ると思われます。理由はブロックチェーンにより決済業務の手間が軽減され、病院・保険会社・銀行は瞬時に連携出来るようになるからです。
保険金が遅れて入る時代もあったね、と懐かしむ時代がすぐそこにきているのです。

まとめ

いかがでしたか。フィンテックによってお金の流れがより自由になるのは有り難いですね。今後は株の運用や不動産投資でもフィンテックを使いこなして、スマートにお金を増やしていけたら最高だなと思っています!

しーな

システム開発業の夫を手伝いながら身に付けた知識で、2017年からIT業界を中心に扱 いライティングをしています。3児の母です。IT業界や成功者に興味があります。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブロックチェーンを語るとき避けて通れないややこしい仕組みの話

ブロックチェーンを語るとき避けて通れないややこしい仕組みの話

ブロックチェーンについて、どのくらいあなたは知っていますか? これからの人生、いや人間のあり方を変えてしまうかもしれないといわれる技術、ブロックチェーン。 著書「ブロックチェーン革命」にて、ブロックチェーンによって変わる世界を先駆けて示唆した野口悠紀雄氏の基調講演をお届けします。(FLOCブロックチェーン大学校イベント基調講演より)
金価格が示す市場心理

金価格が示す市場心理

実は、あまり認識されていませんが金価格が上昇しています。2018年8月以降、徐々に値段を切り上げて約半年で約10%を超える上昇です。今回の金相場は市場の見通しと心理を示している可能性が高いため今回は分析をしてみたいと思います。
資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

私の基本的な投資スタンスについては、2007年に出版した『株式市場「強者」の論理』という著書のなかの「長期的な計画を立てる」という項目のなかで、その原型ともいえる文章を書いております。
投資の世界のFACT

投資の世界のFACT

2019年の投資環境は目まぐるしく変わりそうです。英国ブレグジット、米国の金融政策、米中貿易問題などに振り回されそうです。それでも、投資の世界にはFACTがあります。今話題のFACTを見ていきましょう。
Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

経済誌Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019で日本を動かす起業家20名に選ばれた長谷川潤氏。2度の起業と、仮想通貨OmiseGOの発行を経て、2018年12月7日にブロックチェーン関連の新会社BUIDL(ビルド)を設立。さらに注目を集めています。
お金 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部