2019年7月23日 更新

テストステロンを効率的に増やす!下半身の集中筋トレ法

男性ホルモンの「テストステロン」を増やす方法に、体の中で特に大きな筋肉を持つ脚や体幹を集中的に鍛えるやり方があります。今回は、テストステロンを効率的に増やすための下半身集中トレーニングについて、ポイントや手順を解説していきます。

gettyimages (42816)

2019.7.23

筋トレでテストステロンを増やすポイント

gettyimages (42815)

テストステロンを効率的に増やすためには、多くの筋肉に強い負荷をかけることが大切です。しかし、負荷が分散すると筋肉をしっかり追い込めないため、狙った効果が出せません。そのため、ここでは体の中で筋肉量がもっとも多い脚を中心に負荷を与えながら、補助的に背中や体幹の筋肉を動員するやり方を採用します。
ただし、複雑な動きやフォームでは、特に筋トレ初級者の場合、筋肉にしっかり負荷が伝わらないことも少なくありません。そこで、運動経験が少なくても、簡単な動作で高い負荷をかけられる下半身集中トレーニング「バンザイスクワット」について、負荷の低い順に説明します。

テストステロン対策筋トレ①バンザイスクワット

gettyimages (42817)

バンザイスクワットは、両腕を真上に上げてバンザイをしながら行うスクワットを言います。バンザイスクワットは、通常のスクワットに比べて姿勢が安定しません。体を安定させるためには、背中全体や体幹などの筋肉も動員する必要があります。バンザイスクワットの脚への負荷はスクワットとほとんど同じですが、まずは基本動作としてマスターしましょう。
トレーニング手順は次のようになります。
①足を肩幅程度に広げて両腕を真上に上げる
②姿勢を保ったままゆっくりひざを曲げ、太ももと床が平行になるまで腰を落とす
③腰を落とした位置で2~3秒キープする
④ゆっくりひざを伸ばしながら元の位置に戻る

テストステロン対策筋トレ②バンザイスモウスクワット

gettyimages (42799)

バンザイスモウスクワットは、バンザイスクワットの足幅を広くして行うトレーニング法です。特徴は、太ももの内側にある内転筋に効かせることができること。内転筋は、普段使われる機会が少ない部位のため、新たな刺激となり、テストステロン対策にもおすすめです。ただし、姿勢は安定しやすいため、背中や体幹への負荷はやや低くなります。バンザイスモウスクワットの手順は、足幅とつま先の向きに注意する他は、バンザイスクワットと同じです。
足幅は肩幅の約2倍にしましょう。そして、つま先を外側に向けてください。そうすることで、内転筋にしっかり負荷を与えることができます。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏は、食欲が落ちる、やる気が出ないなど、夏バテの症状で悩む人が増える季節です。この時期に体を動かすと余計にひどくなると思われがちですが、夏バテ対策には運動がおすすめです。今回は、スタミナアップで夏バテに負けない運動について解説していきます。
筋肉がつきにくい人必見!筋肉をつけるためのトレーニング法と食事法を解説

筋肉がつきにくい人必見!筋肉をつけるためのトレーニング法と食事法を解説

「どんなに筋トレをがんばっても、なかなか筋肉がつかない…」このような悩みを持っている人は少なくありません。そこで今回は、 筋肉がつきにくい人向けにトレーニングのポイントや具体的なやり方、効果的な食事法について解説していきます。
睡眠の質を上げる!ハイパフォーマンス睡眠で寝苦しい夏も快適に

睡眠の質を上げる!ハイパフォーマンス睡眠で寝苦しい夏も快適に

暑い日が続いています。仕事が忙しくてまとまった睡眠が取れない上に、夜も寝苦しいといった悩みを持つ人が多いのではないでしょうか。 山口真由子著『ハイパフォーマンス睡眠』 より、限られた睡眠時間の中で、より良い睡眠をとるための習慣をご紹介します。
大胸筋の上部を分厚くする!自宅で効率的に鍛える筋トレ方法

大胸筋の上部を分厚くする!自宅で効率的に鍛える筋トレ方法

たくましい大胸筋にあこがれて、腕立て伏せを日課にしている人は少なくありません。しかし大胸筋の上部は、自分の体重を利用した筋トレでは高い負荷を与えにくい厄介な部位です。そこで今回は、自宅で効率的に大胸筋上部を鍛える方法を解説していきます。
目の疲れ解消に!空き時間にデスクでできる簡単エクササイズ

目の疲れ解消に!空き時間にデスクでできる簡単エクササイズ

最近はパソコンを使う機会も多いため、目の疲れやドライアイ、ものが見えにくいなどの症状で悩んでいるケースは少なくありません。そこで今回は、 目の疲れを軽減するために空き時間を利用してデスクでもできる簡単エクササイズについて解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座