2018年7月24日 更新

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

2018.7.4

わずか1カ月でやめた高校生活。バレエにすべてを賭けた。

STAGE編集部:人生の第一幕。プロのバレリーナを目指した経緯とは?
草刈:8歳でバレエを習い始めたときから、プロフェッショナルになりたいというイメージがありました。中学生の頃には「普通の学校に行くことにエネルギーを費やすことが将来のバレリーナの道につながるのだろうか?」と学校に行くことに疑問を抱き始めました。私は幼稚園から一貫教育の学校に通っていたのですが、学年が上がるごとに学校のカラーも合わなくなってきて、高校に進学した頃には、精神的にも行き詰まってしまったんです。それを見兼ねた両親がバレエの先生に相談したら、「本気でやるんだったら、私が預かります」と言って下さって。その一言で高校を退学することに決めました。
フィギュアスケートを見ても分かりますが、身体的な技術を身に付けるには訓練していくしかないですし、実力をつけるためには良いコーチとの出会いがないと難しい。でも何よりも、まずは親の理解や真剣さに助けられて来ました。彼らは私の熱心さに引きずられたと言っていますが、私の能力を信じて「バレエ1本に絞ってみたら」と背中を押してくれていなければ、今の私はないと思います。
STAGE編集部:背中を押してくれた両親の決断…
草刈:父は「やるならとことん」というタイプの人なのですが、私に対しても必要な勉強はすべてさせてくれました。「外国だったら国立の学校があるし、親がしなくても国がやってくれる。でも、日本ではそうはいかない」と、環境のこともよく理解していました。そのおかげで私は「恵まれている」と人からは厳しい目で見られることが多く、若いうちは大変なことばかりでしたが、簡単に認められなかったことが良かったと今は思います。
STAGE編集部:そんな中、心に芽生えた思いとは?
草刈:日本ではほとんどのダンサーが、舞台で踊るだけでなく教えながら生計を立てています。欧米では公共の劇場がバレエダンサー、オーケストラ、オペラの合唱、歌手などを雇っているので、ダンサーたちは劇場で働いているということになるのですが、日本にはその環境がありません。バレエ一筋で頑張っていても、毎月十分に給料を出せるバレエ団はほとんどないのが実状なのです。
そんななかで私は「踊っていて何になるのか?」という迷いと、「でも、これしかない」という強い気持ち、常にその中で揺れ動いていました。「いつやめようか?」ということを考えることもたびたびありました。好きでやっていると言っても、それだけで踊っているのはかっこ悪いとも思っていました。その時期は精神的に不安定で怪我も多かったんです。でも、一方では「もっとできるはず」という強い気持ちもあって。いつも混沌としていて本当に辛い時期を過ごしました。

30歳でつかんだチャンス『Shall Weダンス?』への出演

STAGE編集部:人生を変えたのは映画への出演。しかし、バレエの舞台に立ち続けるという「軸」はブレなかった。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/買って学ぶ

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/買って学ぶ

5年前、原宿の美容業界のお洒落エリート一辺倒路線に反旗を翻し、ライバルスタイリストとともにサロンOCEANTOKYOを立ち上げた高木琢也さん。現在6店舗を展開する経営者であり、長らくカリスマ不在だったの台風の眼のような存在だ。そんな高木さんの「お金観」とは。
〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/聞いて学ぶ。

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/聞いて学ぶ。

原宿1番の人気美容師が、ついに独立。サロン激戦区の原宿で、経営者として成功するために必要だったのは、「髪を切る」だけの才能だけではなかった。 今、若者に「兄貴」と慕われる存在となった、カリスマサロンOCEANTOKYO代表の高木琢也さんに迫るインタビュー第2回。
〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/「くだらねぇ」が出発点

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/「くだらねぇ」が出発点

ド派手なレッドヘアにビッグマウス。NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」に登場し大きな話題をさらったOCEANTOKYOのヘアスタイリスト・高木琢也さんだ。人気NO,1美容師からカリスマ経営者へと変貌をとげた若き成功者にとって「お金とは?」を訊いた。
〈草刈民代〉「お金とは、エネルギーである」

〈草刈民代〉「お金とは、エネルギーである」

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
〈加藤優子〉お金とは選択肢を増やすもの

〈加藤優子〉お金とは選択肢を増やすもの

お祭り好きが高じ、メーカー勤めからお祭りの企画会社を起業した元美大生の加藤優子さん。ツアー企画からスタッフ確保、補助金手配などお祭りのお助けマン、地方創生の火付け役として全国の自治体から注目を集めています。加藤さんに起業に至った経緯や今後の目標を聞きました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部