2019年5月10日 更新

【老子の名言】ビジネスシーンで大いに役立つ老子の言葉4選

中国における思想家として知られる老子。中国の歴史書である「史記」によれば、紀元前6世紀ころの人物とされます。しかし諸説が伝えられており、その実態はいまだ謎の部分も残されています。老子が示した考え方とはどういったものなのでしょうか? 今回は、老子が著した「老子道徳経(老子)」から4つの言葉をご紹介します。

Great Wall Mountain Sunset - Free photo on Pixabay (36950)

2019.5.10
中国の思想家として古くから知られる老子ですが、その考えは現代にも通ずるものが数多くあるのをご存知でしょうか? 今回は、老子の著書として有名な「老子道徳経(老子)」からビジネスシーンで役立つ4つの言葉をご紹介します。

老子について

Books Library Alphabet - Free photo on Pixabay (36952)


老子は、中国・春秋時代の思想家として知られ、孔子と並び注目を集めています。諸子百家のうち「道家」は老子の考えをもとに生まれた思想であり、道教では老子を始祖としています。

老子道徳経はおよそ5,000文字、全81章から成り立ちます。それぞれは短い文章であるものの、その内容は深く、多くの人に多大な影響を与えるものばかりです。

最も理想的な指導者は「誰にもしられない存在」?

gettyimages (36946)


老子道徳経の17章に以下の言葉があります。
太上、下不知有之。其次、親之譽之。其次、畏之、其次、侮之。故、信不足焉、有不信。猶兮其貴言。功成事遂、百姓皆謂我自然。

〈太上には、下これあることを知らず。その次には、これに親しみこれを譽む。その次には、これを畏れ、その次には、これを侮る。故に、信足らざれば、信ぜざることあるなり。猶兮としてそれ言を貴びたり。功成り事遂げて、百姓皆我が自然なりと謂ふ。〉
全体を要約すると、次の通りです。

「最も理想的な指導者は誰からも意識されない存在であり、その次は親しまれほめたたえられる存在です。その次は人々から畏れられ、その下は軽蔑されるような人物です。指導者が十分に誠意を示していないと信用されません。言葉に配慮すること。行動の結果、うまく成し遂げられれば、みんな自分の力でそうなったというでしょう。」
そもそも指導者・リーダーとは、まわりから高い支持を得ることが重要と考える人も多いでしょう。しかし、まわりから認められるのではなく意識すらされない人物こそ、一般社員が自らの力で成功をつかみ取る可能性を高める存在なのかもしれません。

もしもだめなら逆の方法を考えてみる

Backcountry Skiiing Summit - Free photo on Pixabay (36953)

老子道徳経36章内の一文に、以下の言葉があります。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

近年は残業や労働時間削減の取り組みが活発化しており、会議時間の管理は今まで以上に重要になっています。そこでこの記事では、会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術について、簡単に取り入れられる事例を中心に解説したいと思います。
仕組み化のポイントは?仕事効率化のための仕組み作り

仕組み化のポイントは?仕事効率化のための仕組み作り

仕事の無駄を省きたいと思っても、どうやって省けばいいか分からないことも多いのではないでしょうか。無駄を省いて仕事を効率化するのにおすすめなのが「仕組み化」です。この記事では仕組み化のポイントやメリットなどについて解説します。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
手帳でのタスク管理の方法とは?無理なく仕事の効果を上げるコツ

手帳でのタスク管理の方法とは?無理なく仕事の効果を上げるコツ

手帳を使ってのタスク管理はアナログな方法ですが、実は最も効果的だったりします。デジタルツールを活用したタスク管理に手を出しても、私も含め結局は手帳でのタスク管理に戻ってくることも珍しくありませんね。手帳での効果的なタスク管理の方法やコツを紹介します。
Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

2010年頃には非常に話題となったデジタルノートEvernoteですが、価格改定があったり、Google keepなどの競合製品が話題になるなどして、いまでは下火になっているようにも思えます。今回は、Evernoteの使いこなしについてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音