2019年5月10日 更新

【老子の名言】ビジネスシーンで大いに役立つ老子の言葉4選

中国における思想家として知られる老子。中国の歴史書である「史記」によれば、紀元前6世紀ころの人物とされます。しかし諸説が伝えられており、その実態はいまだ謎の部分も残されています。老子が示した考え方とはどういったものなのでしょうか? 今回は、老子が著した「老子道徳経(老子)」から4つの言葉をご紹介します。

Great Wall Mountain Sunset - Free photo on Pixabay (36950)

2019.5.10
中国の思想家として古くから知られる老子ですが、その考えは現代にも通ずるものが数多くあるのをご存知でしょうか? 今回は、老子の著書として有名な「老子道徳経(老子)」からビジネスシーンで役立つ4つの言葉をご紹介します。

老子について

Books Library Alphabet - Free photo on Pixabay (36952)


老子は、中国・春秋時代の思想家として知られ、孔子と並び注目を集めています。諸子百家のうち「道家」は老子の考えをもとに生まれた思想であり、道教では老子を始祖としています。

老子道徳経はおよそ5,000文字、全81章から成り立ちます。それぞれは短い文章であるものの、その内容は深く、多くの人に多大な影響を与えるものばかりです。

最も理想的な指導者は「誰にもしられない存在」?

gettyimages (36946)


老子道徳経の17章に以下の言葉があります。
太上、下不知有之。其次、親之譽之。其次、畏之、其次、侮之。故、信不足焉、有不信。猶兮其貴言。功成事遂、百姓皆謂我自然。

〈太上には、下これあることを知らず。その次には、これに親しみこれを譽む。その次には、これを畏れ、その次には、これを侮る。故に、信足らざれば、信ぜざることあるなり。猶兮としてそれ言を貴びたり。功成り事遂げて、百姓皆我が自然なりと謂ふ。〉
全体を要約すると、次の通りです。

「最も理想的な指導者は誰からも意識されない存在であり、その次は親しまれほめたたえられる存在です。その次は人々から畏れられ、その下は軽蔑されるような人物です。指導者が十分に誠意を示していないと信用されません。言葉に配慮すること。行動の結果、うまく成し遂げられれば、みんな自分の力でそうなったというでしょう。」
そもそも指導者・リーダーとは、まわりから高い支持を得ることが重要と考える人も多いでしょう。しかし、まわりから認められるのではなく意識すらされない人物こそ、一般社員が自らの力で成功をつかみ取る可能性を高める存在なのかもしれません。

もしもだめなら逆の方法を考えてみる

Backcountry Skiiing Summit - Free photo on Pixabay (36953)

老子道徳経36章内の一文に、以下の言葉があります。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽を利用することで、仕事を効率化させようという取り組みがあります。これは音楽が心理的に作用することで、集中力が高まりミスが減るといった効果があるからです。実際にどのような音楽を流すと仕事を効率化できるのかをご紹介します。
問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

変化の激しいスピード感あるビジネスの現場において、さまざまな問題を正しく適切に解決していくということは簡単ではありません。 寺下薫著『世界一速い問題解決』 より、どんな問題であってもスピーディーに実行できるメソッドをご紹介します。
時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

仕事ができる人は時間の使い方も上手です。どんなに忙しくてもプライベートの時間を削ることなく、きちんとスケジュール管理して仕事を終わらせています。時間管理のコツをつかんで効率よく日々の業務をこなしましょう。
上司と部下の関係性でカギとなるのは「ほどよい距離感」

上司と部下の関係性でカギとなるのは「ほどよい距離感」

上司が部下との関係を良好なものにしたいと思うあまり、距離が近づきすぎるケースもあります。距離が近いことは、メリットになる場面もあれば、一方でさまざまな弊害を生み出すことも。今回は、上司と部下の関係で重要ないくつかのポイントをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音