2019年5月10日 更新

【老子の名言】ビジネスシーンで大いに役立つ老子の言葉4選

中国における思想家として知られる老子。中国の歴史書である「史記」によれば、紀元前6世紀ころの人物とされます。しかし諸説が伝えられており、その実態はいまだ謎の部分も残されています。老子が示した考え方とはどういったものなのでしょうか? 今回は、老子が著した「老子道徳経(老子)」から4つの言葉をご紹介します。

Great Wall Mountain Sunset - Free photo on Pixabay (36950)

2019.5.10
中国の思想家として古くから知られる老子ですが、その考えは現代にも通ずるものが数多くあるのをご存知でしょうか? 今回は、老子の著書として有名な「老子道徳経(老子)」からビジネスシーンで役立つ4つの言葉をご紹介します。

老子について

Books Library Alphabet - Free photo on Pixabay (36952)


老子は、中国・春秋時代の思想家として知られ、孔子と並び注目を集めています。諸子百家のうち「道家」は老子の考えをもとに生まれた思想であり、道教では老子を始祖としています。

老子道徳経はおよそ5,000文字、全81章から成り立ちます。それぞれは短い文章であるものの、その内容は深く、多くの人に多大な影響を与えるものばかりです。

最も理想的な指導者は「誰にもしられない存在」?

gettyimages (36946)


老子道徳経の17章に以下の言葉があります。
太上、下不知有之。其次、親之譽之。其次、畏之、其次、侮之。故、信不足焉、有不信。猶兮其貴言。功成事遂、百姓皆謂我自然。

〈太上には、下これあることを知らず。その次には、これに親しみこれを譽む。その次には、これを畏れ、その次には、これを侮る。故に、信足らざれば、信ぜざることあるなり。猶兮としてそれ言を貴びたり。功成り事遂げて、百姓皆我が自然なりと謂ふ。〉
全体を要約すると、次の通りです。

「最も理想的な指導者は誰からも意識されない存在であり、その次は親しまれほめたたえられる存在です。その次は人々から畏れられ、その下は軽蔑されるような人物です。指導者が十分に誠意を示していないと信用されません。言葉に配慮すること。行動の結果、うまく成し遂げられれば、みんな自分の力でそうなったというでしょう。」
そもそも指導者・リーダーとは、まわりから高い支持を得ることが重要と考える人も多いでしょう。しかし、まわりから認められるのではなく意識すらされない人物こそ、一般社員が自らの力で成功をつかみ取る可能性を高める存在なのかもしれません。

もしもだめなら逆の方法を考えてみる

Backcountry Skiiing Summit - Free photo on Pixabay (36953)

老子道徳経36章内の一文に、以下の言葉があります。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カフェとは違うの?コワーキングスペースで働く3つのメリット

カフェとは違うの?コワーキングスペースで働く3つのメリット

「コワーキングスペース」という名前を聞いたことはあるけれど、どんなところか分からない、利用してみたいけど仕組みが分からない、という方も多いのではないでしょうか?そんなあなたに、最近のコワーキングスペースについてご紹介します。
パフォーマンスマネジメントとは?最高のパフォーマンスを引き出す方法

パフォーマンスマネジメントとは?最高のパフォーマンスを引き出す方法

パフォーマンスマネジメントという言葉をご存知でしょうか。従来の目標管理や年次評価に代わり、メンバーの能力やモチベーションを高めて組織の目標を達成するというものです。そのマネジメント手法を個人で行ってパフォーマンスを高める方法をご紹介します。
ブレインストーミング(ブレスト)失敗しないルールと楽しみ方

ブレインストーミング(ブレスト)失敗しないルールと楽しみ方

近年、ブレインストーミングの時間が設けられている会議は珍しくありません。その会議の中で、目が覚めるほど斬新なアイデアが生まれたことはありますか?ブレインストーミングを進行する人と参加する人、それぞれの立場ごとに、うまくいくコツをお伝えします。
リベラルアーツとは?ビジネスで必要な「本質をつかむ力」

リベラルアーツとは?ビジネスで必要な「本質をつかむ力」

「リベラルアーツ」という言葉をご存知ですか?日本語では「教養」と表記されることが多いものの、その本質は少し異なります。近年ではリベラルアーツが、ビジネスシーンで重要なスキルだと注目を集める存在に。今回はリベラルアーツの意味や重要性、活用方法などをご紹介します。
ロボットAIと人間が一体化する「自在化身体」で未来はどうなる?

ロボットAIと人間が一体化する「自在化身体」で未来はどうなる?

「人間拡張工学」という分野で研究されている「自在化身体」は、装置を装着すれば人間の能力を拡張して「超人」になれる技術です。それは未来の産業、ビジネスをどう変えるのでしょうか? 人間と技術の進歩との関係には、光の部分もあれば闇の部分もあります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音