2018年5月8日 更新

仕事が多く、できる人ほど楽をして仕事をしているという現実

気合いと根性だけでは、仕事は長続きしません。では、どうするか?——おすすめは「自分が働かなくてもいい仕事は、『仕組み』に働かせる」という考え方です。効率化に悩むビジネスパーソンへ、泉正人のベストセラー『「仕組み」仕事術』よりスペシャル版としてお届けします!

thinkstock (12695)

2018.4.6
「楽に仕事をしよう!」と考えたことはありますか? あなたが「仕事は楽になどできないもの」と思い込んでいるとしたら、これから仕事を早く正確に、より実績をあげる余地があると言えます。まずは、自分の仕事を「仕組み化」してみましょう。仕事もプライベートも楽しい毎日になることでしょう。

仕事を「いかに楽するか」という視点で考える

gettyimages (12682)

「仕組み」仕事術の原点となるのは、「面倒くさい」「やりたくない」という人間の基本的な性質です。しかし、仕事は「やらない」わけにはいかないので、「楽にやる」ことがポイントになってきますし、実現することができます。まず、「仕組み」で考える人は、つねにその仕事の「ポイント」を考えます。「その仕事を一番楽に、一番早くやるにはどうすればいいか」から外れることなく考えて、そこから仕事を組み立てているのです。
また、自分の能力を過信せず、他人やツールの活用を欠かしません。記憶力が必要なことはできるだけパソコンに頼って記録し、わからないことは恥ずかしがらずに聞き、自分より優秀な人間からどんどん学びます。つまり、自分の頭は「考えること」だけに使うのです。
時間とお金の関係を意識することも大事です。時間はいかに効率良く使うかで成果が変わってきます。自分の時間単価を知り、他人を雇うほうが効率的なら、自分では一切やらずに他のことに時間を使います。また、うまくいってる人の真似をして、素早く吸収し、自分の能力にすることも効率的です。プライドなどは一切不要でしょう。
世の中は自分が作った「仕組み」で動くか、他人が作った「仕組み」で動くか、そのどちらかです。自分で作らなければ、一生、他人が作った「仕組み」にコントロールされて生きていくことになります。自分を動かすルールは自分で作る、自分を「型にはめる」ことが自分の仕事を「仕組み化」する最大の目的でもあります。

成功体験を「仕組み化」する

gettyimages (12709)

では、自分の仕事に「仕組み」をつくるとは、具体的にどのようなことでしょうか。ひとつ目は、成功体験を「仕組み化」することです。プレゼンテーションが苦手な人がある日、手応えのあるプレゼンをすることができたとします。「たまたま上手くいった。良かった!」で終わらせてはいけません。なぜ上手くいったのか、喜ぶだけでなく、その理由を分析することが大切です。
・服装は?
・本編に費やした時間は何分だったか?
・声のトーンや身振りは?
・内容や資料に変化はあったか?
・聴衆にどんなことがうけたか?
などの項目を分析して、うまくいったときのやり方をデータで取っておき、自分に合ったプレゼンのパターンをつくりあげていくのです。失敗したときはその「仕組み」を改良して、精度を上げていきます。ポイントはゼロから始める無駄をなくすことです。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

だれでもできる「仕組み」作り3つの黄金ルール

だれでもできる「仕組み」作り3つの黄金ルール

気合いと根性だけでは、仕事は長続きしません。では、どうするか?——おすすめは「自分が働かなくてもいい仕事は、『仕組み』に働かせる」という考え方です。効率化に悩むビジネスパーソンへ、泉正人のベストセラー『「仕組み」仕事術』よりスペシャル版としてお届けします!
なぜ「面倒くさがり」な人は、仕事の効率化が上手いのか

なぜ「面倒くさがり」な人は、仕事の効率化が上手いのか

気合いと根性だけでは、仕事は長続きしません。では、どうするか?——おすすめは「自分が働かなくてもいい仕事は、『仕組み』に働かせる」という考え方です。効率化に悩むビジネスパーソンへ、泉正人のベストセラー『「仕組み」仕事術』よりスペシャル版としてお届けします!
能力が高くても、「できる人」と評価されない理由

能力が高くても、「できる人」と評価されない理由

気合いと根性だけでは、仕事は長続きしません。では、どうするか?——おすすめは「自分が働かなくてもいい仕事は、『仕組み』に働かせる」という考え方です。効率化に悩むビジネスパーソンへ、泉正人のベストセラー『「仕組み」仕事術』よりスペシャル版としてお届けします!
お金持ち体質になれる!「無料」のわけを考えるだけの小さな習慣

お金持ち体質になれる!「無料」のわけを考えるだけの小さな習慣

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんの「こづかい」は減らすな』より特別編集編をお届けします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人
お金の教養講座