2019年2月19日 更新

シルエットを美しく!ヒップアップ集中トレーニングを徹底解説

キュッと引き締まったヒップは、スマートな印象になります。しかしウォーキングやダイエットをがんばっていても、なかなかお尻のお肉が取れないと悩んでいる人は少なくありません。そこで今回は、ヒップアップにおすすめのトレーニングについて解説していきます。

gettyimages (31004)

2019.2.19

普段から背中のS字曲線を意識する

ヒップアップトレーニングの前に、普段の姿勢に注意する必要があります。日頃の姿勢が悪ければ、いくらトレーニングしても高い効果は得られません。そのため、ヒップアップをサポートする姿勢をこころがけることが大切です。
gettyimages (30993)

ただ、四六時中姿勢を矯正するのは疲れると思います。ストレスがたまったり筋肉のコリが発生したりする恐れもあるでしょう。そこで、簡単で長続きする方法を採用します。それは、背骨のS字曲線を意識すること。気づいた時に頭頂部を天井から引っ張られている感覚を持つだけで良いです。一見お尻とは関係ないように思えるかもしれません。しかし背中のS字曲線を意識することで、お尻まわりの骨盤や筋肉のバランスが良くなります。その結果、ヒップアップのための土台を作ることができます。

筋肉と股関節のストレッチ

ヒップアップトレーニングの最初は、お尻まわりの筋肉と股関節のストレッチを行います。この後に行う骨盤矯正や筋力トレーニングの効果を上げるためです。
gettyimages (30978)

それでは、まず筋肉のストレッチを行いましょう。床に仰向けになって寝てください。そして右足を左太ももの上に乗せてから、左脚を抱えて体にゆっくり引きつけます。このストレッチを、左右それぞれ20秒行ってください。太ももの裏にあるハムストリングスから腰の脊柱起立筋にかけて、筋肉をストレッチすることができます。
gettyimages (30979)

次に、股関節のストレッチに移りましょう。床に座り、あぐらをかく体勢になってください。そして足の裏同士を密着させてからその足を持ち、かかとが股関節に当たるくらいまで体にひきつけましょう。その姿勢で左手を左前方に伸ばしながら、同じ方向に上体を倒してください。右手も同様に行います。左右それぞれ15~20秒ずつ行ってください。

骨盤セルフ矯正

ストレッチが終わったら骨盤のセルフ矯正に移りましょう。骨盤矯正によって、余計な脂肪がつきにくくヒップアップしやすいお尻にすることが目的です。そのためには、自分の体重を利用した矯正を行います。
gettyimages (30973)

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

アートは、見るだけでなく参加もできる時代です。鑑賞者が作品制作に関わった参加型アート作品が全国のアートプロジェクトで増えています。国際的な公募展では一般審査とは別に、お金を払ってインターネット投票で審査に参加できる「賞」が新設されました。
富裕層予備軍の特徴は?日常生活の中で分かる3つの習慣

富裕層予備軍の特徴は?日常生活の中で分かる3つの習慣

将来お金持ちになる若き富裕層予備軍。彼らの特徴を、ビジネスシーン以外で3つあげてみます。オーラやカリスマ性といった曖昧な特徴は省き、日常的で分かりやすい事例に絞りました。あなたやあなたの周囲の人に当てはめてみてはいかがでしょう?
ショッピングで心身ともに健康になる科学的な理由とは

ショッピングで心身ともに健康になる科学的な理由とは

ショッピングは気分を高揚させてくれる一方で、散財してしまったという罪悪感にも悩まされるもの。 ところが、科学的にもショッピングには健康に寄与するさまざまな効能があることが証明されました。なぜ、ショッピングが健康に良いのでしょうか
サブスクリプション300%の急成長!人気の理由と利用者のデメリット

サブスクリプション300%の急成長!人気の理由と利用者のデメリット

最近、よく聞くサブスクリプションサービス、これは定額制サービスのことです。 毎月決まった金額を支払い、一定のサービスが受けられるこのサブスクリプションサービスが急成長しています。
ペット医療はもはや人間並み?高度な医療体制で起こる問題とは

ペット医療はもはや人間並み?高度な医療体制で起こる問題とは

世界第2位のペット大国日本には、ペットのための総合医療機関も、救急車もドクターカーも救急救命センターもあります。ペット用のサプリメントやコンタクトレンズの商戦も盛んです。しかしその陰で飼い主は、ペットの命に向き合う重大な選択にも迫られます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ