2017年10月3日 更新

「いつかは住みたい」香港での生活費

「いつかは住みたい」香港篇。アジアの中心的な都市のひとつであり「100万ドルの夜景」としても知られる香港。お金持ちや人生の成功者が集う、夢のラグジュアリーランドのイメージですが、実際住むための生活費って? 検証しました。

thinkstock (4869)

2017.10.3
今回は香港への移住を考えている人のために、香港移住にかかる費用を試算し、一カ月あたりどのくらいのお金が必要なのか、その生活費を項目ごとにご紹介します。

香港の家賃相場はかなり高め

thinkstock (4870)

日本からも近い香港は時差も1時間で、気候も似ているので日本人にとっては住みやすい場所と言えるかもしれません。しかし、香港の不動産事情は日本と比べてさらに厳しく、ワンルーム程度の広さで少なくとも5,000香港ドル(約7万円)以上はするといい、1DKほどの広さでは8,000~1万2,000香港ドル(約11万2,000~17万円)くらいで、現在も家賃相場は上がり続けているようです。(1香港ドル=14円で換算)
また、香港は人口密集地としても知られており、狭い土地にいくつもの超高層マンションが立ち並んでいます。そんな超高層マンションの平均的な広さである2LDKの家賃相場は3万香港ドル(約42万円)からとなっています。
なぜこのように香港の家賃相場が高いのかというと、香港は税の優遇措置がある「タックスヘイブン」の国であり、富裕層が積極的に次々と不動産を購入し、それによって不動産価格が高騰しているからだといいます。価格高騰の影響で、香港に住む一般市民が家を持つことはほぼ不可能という状況に陥っているほどです。

食に関する価格は良心的

gettyimages (4851)

住宅にかかる費用に比べ、香港での食に関する価格は良心的です。香港では朝にお粥を食べるのがポピュラーで朝食を外で済ませる家庭も多く、そのため朝から開いているお店や屋台がたくさんあります。お店や屋台ではお粥以外にも麺などの軽食、B級グルメなどその種類は豊富。あらゆる人の食の好みを満たしてくれることでしょう。
気になる1食あたりの価格はだいたい20~50香港ドル(約280~700円)ほどと、日本における低価格帯の食事と同じくらいです。また、ディナーなどで利用するレストランでは、100~200香港ドル(約1,400~2,800円)くらいとなっており、これも日本と価格帯が似ています。
自炊する場合を考えてみても、香港のスーパーマーケットは比較的割安という印象です。例えば中国料理に使われる調味料など、一般的な庶民がよく使う品物ほど安くなっていますが、日本ならではの品物は手に入りづらく割高となるので注意が必要です。
1カ月あたりの食費は1日あたり100香港ドル(約1,400円)使うとして、およそ3,000香港ドル(約4万2,000円)が妥当でしょう。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」モナコでの生活費

「いつかは住みたい」モナコでの生活費

国の面積がわずか2.02㎢ながら、年に一度F1グランプリが開催され、市街地を猛スピードで走るマシンたちを見るため世界中から人々が集まる人気の国、それがモナコ公国です。今回はモナコへの移住を目指す人のために、モナコ移住にかかる費用を試算し、一カ月あたり一体どのくらいのお金が必要なのか、その生活費を項目ごとにご紹介します。
「いつかは住みたい」バルセロナでの生活費

「いつかは住みたい」バルセロナでの生活費

情熱の国・スペインの中でも観光都市として人気のバルセロナ。バルセロナは「古さと新しさ」を持ち合わせ、文化を発信し続けるエネルギーに溢れたヨーロッパの中でも魅力の高い都市といっても過言ではありません。
「いつかは住みたい」シンガポールでの生活費

「いつかは住みたい」シンガポールでの生活費

今や東南アジアの中でも中心的な都市となったシンガポール。今後ますます進化していく都市として世界中が注目しています。また所得税が低いことから移住を考える富裕層も増えています。
ワーキングホリデー、人生で一番輝くステージの異文化体験!

ワーキングホリデー、人生で一番輝くステージの異文化体験!

ワーキングホリデーは、20代30代なら誰もが体験してみたいと思うことの1つだと思います。ワーキングホリデーに行ける国は世界中にたくさんありますが、その中でも最近特に注目を集めているのがオーストラリア。
日本から一歩も出ないで本格的な英国留学体験できる場所

日本から一歩も出ないで本格的な英国留学体験できる場所

留学の夢はあるけれど、社会人になるとお金はあっても自由がない…。そんな人に、日本にいながら英国留学が叶う場所があります。その場所の名前は「ブリティッシュヒルズ」。施設の中は英語が公用語で、本物の英国にいるようです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部