2018年12月11日 更新

ビジネスマンに必要な教養とは?論語から学ぶ教養の高め方

昨今、「教養」という言葉がこれほどセンシティブにビジネスマンに突き刺さる言葉はないのではないでしょうか。 孔子も例に漏れず、人格を磨くためには教養を高めることが必要だと説いています。論語で言うところの教養とはどのようなものなのでしょうか。

人格を磨き続けるには「詩」と「礼」と「音楽」が大切

Book Hands Reflecting · Free photo on Pixabay (22967)

2018.10.16
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
“詩に興こり、礼に立ち、楽になる。”(泰伯第八)

(意味)教養は、詩によって奮い立ち、礼によって安定し、音楽によって完成する
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

なぜ教養が必要なのか

ビジネスの世界では、人を率いる立場であれば、「教養」が必要と考えられています。世界の成功者の多くが、本を読んだり芸術に親しんだりして、教養を身につけることが成功する条件であると述べています。
リーダーは多様な価値観をもつ人々を束ね、同じゴールに向かって進まなければなりません。ゴールは同じだとしても、そこまでの到達方法は人によって様々です。自分自身の価値観だけで人を判断するだけでは、人を束ねることは難しくなるでしょう。多様な考えを理解するためにも、教養を身につけ、人格を高める必要があるのです。

教養とは

教養とは、東西を問わず「人間とは何か」という人の本質を知るための学問であり、人格を高めるために必要な素養でもあります。
昔から、詩や音楽はどの国でも存在し、教養の一つとして位置づけられていました。

孔子は教養に詩と音楽、さらに礼を挙げています。孔子によれば、詩は心を奮い立たせるものであり、物事を観察する訓練にもなると述べています。詩は文学と置き換えてもいいでしょう。詩や文学は、物事や人間の内面を観察したものでもあります。自分の人生だけでは経験しえないような、様々な人物の経験や感情を追体験することができるのです。そして音楽は詩と同様に心を奮い立たせ、感性を豊かにしてくれます。
礼は立ち振る舞いを意味します。孔子はまず礼を学ばなければ人と関わることはできないと述べるほど礼を学問の基本としています。勘違いしてはならないのが、礼は人との関係性を安定させるものであるが、表面的なものであってはならない、ということです。礼とは心がけの美しさであり、相手への敬意の発露でもあるのです。

教養ある人の立ち振る舞いとは

Watch People Man · Free photo on Pixabay (22969)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
“君子に九思(きゅうし)あり。視(み)るには明を思い、聴くには聡を思い、色は温を思い、貌(かたち)は恭を思い、言は忠を思い、事は敬を思い、疑いには問うを思い、怒りには難を思い、得るを見ては義を思う。”(季氏第十六)

(意味)人格者には九つの心がけがある。物事をはっきりと見ること、人の話を詳細に聴くこと、温和な表情を保つこと、恭しい態度を保つこと、誠実に話すこと、慎重に物事に当たること、不明瞭なことは確認すること、後先考えずに怒らないこと、利益を得る前に道理にかなっているか考えることだ。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
孔子は、よく「君子」という言葉を引き合いに出しています。「君子」とは、文字通り「王」を意味するものではありますが、論語においては、もっと広義で使われ、立派な人、人格者という意味があります。人格者は九つの態度を維持するように努めなければならないと孔子は言っています。これはリーダーにおいても同じですが、リーダーでなくとも心がけたい態度ですね。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

美術展でリフレッシュ。ラウル・デュフィ展で“joie de vivre~生きるよろこび~”を感じて

美術展でリフレッシュ。ラウル・デュフィ展で“joie de vivre~生きるよろこび~”を感じて

開け放たれた窓から見えるのは、抜けるような空と海の青。室内の華やかな黄色。 降り注ぐ陽光に目を細めて大きく深呼吸したくなります。開放感とくつろぎ。幸せだ・・・
香嵐渓は愛知県を代表する紅葉スポット!渋滞を回避するポイントは?

香嵐渓は愛知県を代表する紅葉スポット!渋滞を回避するポイントは?

暑かった夏が過ぎて、ようやく秋の気配が感じられるようになりましたね。お出かけしやすくなって、行楽やレジャーの予定を立てている人も多いのではないでしょうか。 秋の行楽と言えば、やっぱり紅葉。私が住んでいる愛知県では、なんといっても豊田市にある「香嵐渓」が有名です。 今回は前年度の情報をもとに、おすすめの香嵐渓の訪れ方を紹介します。
【ファミリー向け】キャンプ初心者がキャンプ用品一式そろえるといくらになる?

【ファミリー向け】キャンプ初心者がキャンプ用品一式そろえるといくらになる?

手ぶらでキャンプもいいけれど、自分で用品をそろえて楽しむキャンプは、より思い出深いイベントとなりそうです。 初心者がキャンプ用品をそろえると、いくらくらいかかるでしょうか。なお、キャンプ用品には防災用として活躍できるものもあります。キャンプ用品の種類と相場についてご紹介します。
7年ぶりのシンガポール旅行で実感した街の変化|進化続けるマリーナベイサンズ

7年ぶりのシンガポール旅行で実感した街の変化|進化続けるマリーナベイサンズ

面積は小さいながらも、アジア随一の活気があふれる国・シンガポール。ここ数年はマリーナベイ・サンズができたことでさらに観光客が増えています。日本では2019年に公開された映画「名探偵コナン」シリーズの舞台がシンガポールだったことで、注目を集めました。 今回私は7年ぶりに訪れましたが、その発展に驚きました。ここでは旅行記を兼ねてシンガポールの発展ぶりを紹介したいと思います。
ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

オーストラリアの東海岸にあるゴールドコースト。白い砂浜が57kmも続く長く美しいビーチで有名な所です。10月はこれから夏に向かうため気温も上がり、からっとした天気が続くベストシーズン。そんなゴールドコーストで豪華バケーションを満喫してみるのはどうでしょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユキヨシ ユキヨシ