2018年12月11日 更新

ビジネスマンに必要な教養とは?論語から学ぶ教養の高め方

昨今、「教養」という言葉がこれほどセンシティブにビジネスマンに突き刺さる言葉はないのではないでしょうか。 孔子も例に漏れず、人格を磨くためには教養を高めることが必要だと説いています。論語で言うところの教養とはどのようなものなのでしょうか。

人格を磨き続けるには「詩」と「礼」と「音楽」が大切

Book Hands Reflecting · Free photo on Pixabay (22967)

2018.10.16
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
“詩に興こり、礼に立ち、楽になる。”(泰伯第八)

(意味)教養は、詩によって奮い立ち、礼によって安定し、音楽によって完成する
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

なぜ教養が必要なのか

ビジネスの世界では、人を率いる立場であれば、「教養」が必要と考えられています。世界の成功者の多くが、本を読んだり芸術に親しんだりして、教養を身につけることが成功する条件であると述べています。
リーダーは多様な価値観をもつ人々を束ね、同じゴールに向かって進まなければなりません。ゴールは同じだとしても、そこまでの到達方法は人によって様々です。自分自身の価値観だけで人を判断するだけでは、人を束ねることは難しくなるでしょう。多様な考えを理解するためにも、教養を身につけ、人格を高める必要があるのです。

教養とは

教養とは、東西を問わず「人間とは何か」という人の本質を知るための学問であり、人格を高めるために必要な素養でもあります。
昔から、詩や音楽はどの国でも存在し、教養の一つとして位置づけられていました。

孔子は教養に詩と音楽、さらに礼を挙げています。孔子によれば、詩は心を奮い立たせるものであり、物事を観察する訓練にもなると述べています。詩は文学と置き換えてもいいでしょう。詩や文学は、物事や人間の内面を観察したものでもあります。自分の人生だけでは経験しえないような、様々な人物の経験や感情を追体験することができるのです。そして音楽は詩と同様に心を奮い立たせ、感性を豊かにしてくれます。
礼は立ち振る舞いを意味します。孔子はまず礼を学ばなければ人と関わることはできないと述べるほど礼を学問の基本としています。勘違いしてはならないのが、礼は人との関係性を安定させるものであるが、表面的なものであってはならない、ということです。礼とは心がけの美しさであり、相手への敬意の発露でもあるのです。

教養ある人の立ち振る舞いとは

Watch People Man · Free photo on Pixabay (22969)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
“君子に九思(きゅうし)あり。視(み)るには明を思い、聴くには聡を思い、色は温を思い、貌(かたち)は恭を思い、言は忠を思い、事は敬を思い、疑いには問うを思い、怒りには難を思い、得るを見ては義を思う。”(季氏第十六)

(意味)人格者には九つの心がけがある。物事をはっきりと見ること、人の話を詳細に聴くこと、温和な表情を保つこと、恭しい態度を保つこと、誠実に話すこと、慎重に物事に当たること、不明瞭なことは確認すること、後先考えずに怒らないこと、利益を得る前に道理にかなっているか考えることだ。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
孔子は、よく「君子」という言葉を引き合いに出しています。「君子」とは、文字通り「王」を意味するものではありますが、論語においては、もっと広義で使われ、立派な人、人格者という意味があります。人格者は九つの態度を維持するように努めなければならないと孔子は言っています。これはリーダーにおいても同じですが、リーダーでなくとも心がけたい態度ですね。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

おとな女性の「女カースト」実像と虚像

おとな女性の「女カースト」実像と虚像

遠い昔に授業で習った「カースト」。その言葉を再び聞いたのは、同僚の娘さんが通う女子高での話。
 思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

ネットで情報が溢れる時代に、本を読む意義はどこにあるのでしょうか。思考力を深めつつ、豊かに人生観を身につけることができる読書の仕方を知りたいものです。
近代建築の巨匠ル・コルビュジエの思想を絵画で体感する【アート研修】

近代建築の巨匠ル・コルビュジエの思想を絵画で体感する【アート研修】

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。今回は「芸術家の試行錯誤を追体験してみよう」です
花の都パリで桜を楽しむ 春におすすめの観光スポット5選

花の都パリで桜を楽しむ 春におすすめの観光スポット5選

フランスのパリで桜が見れることを知っていますか?パリの桜の見頃は、日本に比べて少し遅い4月の中旬頃だとか。今年の春は、パリで世界遺産と春の風景を満喫してみませんか。そんなパリの春を楽しめるおすすめスポット5つを春の風景写真と共にご紹介します。
高血圧対策におすすめのエクササイズ 症状別に4つ解説

高血圧対策におすすめのエクササイズ 症状別に4つ解説

血圧が高めの時に「頭痛を感じる」「体が重くなる」「ふらつく」などの症状があらわれることはありませんか?このような時はエクササイズをすることで、症状を軽くするのと同時に血圧対策も行うことができます。そこで今回は、 症状別の高血圧対策を解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユキヨシ ユキヨシ