2019年12月19日 更新

ビジネスマンに必要な教養とは?論語から学ぶ教養の高め方

昨今、ビジネスマンにとって「教養」ほどセンシティブに突き刺さる言葉はないのではないでしょうか。孔子の教えをまとめた論語によると、人格を磨くためには教養を高めることが必要だと説いています。この記事では、孔子が言う「教養」とはどのようなものなのか、またその高め方を紹介します。

論語で言う教養とは?なぜ必要なのか

Book Hands Reflecting · Free photo on Pixabay (22967)

2018.10.16(2019.12.19更新)
“詩に興こり、礼に立ち、楽になる。”(泰伯第八)
(意味)教養は、詩によって奮い立ち、礼によって安定し、音楽によって完成する
論語で言う教養とは、東西を問わず「人間とは何か」という人の本質を知るための学問であり、人格を高めるために必要な素養でもあります。
昔から、詩や音楽はどの国でも存在し、教養の一つとして位置づけられていました。
孔子は教養とは、「詩」「音楽」さらに「礼」を挙げています。
詩は現代で言う文学と置き換えてもいいでしょう。詩や文学は、物事や人間の内面を表現したものでもあります。孔子によれば、詩は心を奮い立たせるものであり、物事を観察する訓練にもなると述べています。

現代に言い換えると、本や新聞を読むことで、自分の人生だけでは経験しえないような、様々な人物の経験や感情を追体験し、世の中のすばらしいものを知る、また経済を知ることで、さらに学ぶ意欲が生まれる、という意味も含まれているでしょう。

そして音楽は詩と同様に心を奮い立たせ、感性を豊かにしてくれます。
礼は立ち振る舞いを意味します。孔子はまず礼を学ばなければ人と関わることはできないと述べるほど礼を学問の基本としています。

勘違いしてはならないのが、礼は人との関係性を安定させるものであるが、表面的なものであってはならない。礼とは心がけの美しさであり、相手への敬意でもあるのです。
これはビジネスシーンにも当てはまります。世界の成功者の多くが、本を読む時間を多く取り、芸術に触れ、教養を身につけています。
また、リーダーは多様な価値観をもつ人々を束ね、同じゴールに向かって進まなければなりません。ゴールは同じだとしても、そこまでの到達方法は人によって様々です。

自分自身の価値観だけで人を判断するだけでは、人を束ねることは難しくなるでしょう。多様な考えを理解するためにも、教養を身につけ、人格を高める必要があるのです。

ビジネスにおける教養ある人の立ち振る舞いとは

Watch People Man · Free photo on Pixabay (22969)

“君子に九思(きゅうし)あり。視(み)るには明を思い、聴くには聡を思い、色は温を思い、貌(かたち)は恭を思い、言は忠を思い、事は敬を思い、疑いには問うを思い、怒りには難を思い、得るを見ては義を思う。”(季氏第十六)
(意味)人格者には九つの心がけがある。物事をはっきりと見ること、人の話を詳細に聴くこと、温和な表情を保つこと、恭しい態度を保つこと、誠実に話すこと、慎重に物事に当たること、不明瞭なことは確認すること、後先考えずに怒らないこと、利益を得る前に道理にかなっているか考えることだ。
孔子は、よく「君子」という言葉を引き合いに出しています。「君子」とは、文字通り「王」を意味するものではありますが、論語においては、もっと広義で使われ、立派な人、人格者という意味があります。
人格者は九つの態度、心がけをするように努めなければならないと孔子は言っています。これはリーダーにおいても同じですが、リーダーでなくとも心がけたい態度ですね。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自分らしく幸せに生きるために知っておくべきお金と働き方の関係性

自分らしく幸せに生きるために知っておくべきお金と働き方の関係性

激動の2020年、日本はこれからいろいろな出来事が控えています。働き方も大きく変化している今、私たちは幸せに対する価値観をどう構築していけばいいのでしょうか。 新井和宏著『幸せな人は「お金」と「働く」を知っている』 より、知っておくべきお金や働き方の捉え方についてご紹介します。
より上質の暮らしを・・・アーティストたちの夢をたどる「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展

より上質の暮らしを・・・アーティストたちの夢をたどる「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展

同じ機能の商品が並ぶ中で、「デザインが気に入った」――こう言って何か選ぶ事、よくあると思います。衣類はもちろん、家具、電化製品から文房具に至るまで、身の回りのものたちの選択に “デザイン”は大きな要素です。
死ぬまでに行きたい世界遺産|明治維新胎動の地 〜 山口県「萩」

死ぬまでに行きたい世界遺産|明治維新胎動の地 〜 山口県「萩」

山口県萩市は明治維新胎動の地と呼ばれ、数多くの志士を生み出したところです。2015年には、「明治日本の産業革命遺産」として5カ所が世界遺産の構成資産に登録されました。登録された史跡を訪ね、伝統文化に触れ地元のグルメを味わう、そんな感動の旅に出かけてみましょう。【死ぬまでに一度は行きたい世界遺産  第1回】
「熱くなる」のではなく「熱くする」目標達成のための自分コントロール法

「熱くなる」のではなく「熱くする」目標達成のための自分コントロール法

新しい年を迎えて、新たな挑戦をしていきたいと思っている人は多いことでしょう。どんな物事も自分で自分を熱くしていかなければ、目標達成することは難しいものです。 横山信弘著『自分を熱くする』 より、「熱くなる」のではなく自ら「熱くする」考え方のコツをご紹介します。
新しいことを習慣化する5つのコツ|必要な期間はたった66日?

新しいことを習慣化する5つのコツ|必要な期間はたった66日?

生活の中のちょっとした繰返しである「習慣」は時に人生を左右することも。それならば、良い習慣を身につけたいものです。ある研究で約66日で新たな習慣が身につくという結果が出ています。今回は習慣化する5つのコツや、メリットが多い習慣について紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユキヨシ ユキヨシ