2018年5月29日 更新

「攻めの不動産投資」で夢と幸せを実現する方法!

本のタイトルは『夢と幸せを実現するお金のつくり方』。タイトルだけ見れば自己啓発ジャンルの本かな?とも思えますが、その内容の多くは実践的な不動産投資についての考え方でした。その著者は逢坂ユリさんという投資家でテレビのコメンテーターとしても活躍した経歴の持ち主。みなさんはご存知でしょうか?

gettyimages (15272)

2018.5.26
逢坂さんは国産メーカーに就職するも父と祖父の介護が必要になり、家族で働き手は自分だけという状況に陥ったことをきっかけに給料の良い外資系金融機関に転職。キャリア・ハンティングを繰り返しながら収入アップしてゆき、さらに安定した副収入の確保をするため不動産投資に注力。なんと資産10億円を築くまでになったという驚きのキャリアを持つ女性投資家、しかも美人です。
その投資スタイルは「攻めること」と言う彼女ですが、全く知識ゼロの状況からいかにして不動産投資に成功したのか?本書から「夢を実現するお金のつくりかた」に迫りたいと思います。

「夢とお金の関係」を身をもって体験した高校時代!

thinkstock (15277)

当時、ホテルでピアノを弾くアルバイトをしていた彼女は知恵を絞り、まず名刺を自作。お客さんのリクエスト曲を演奏してチップを受け取る際に「何かあったらよろしくお願いします」と営業をして回ったのです。その結果、ギャランティの高い結婚式場でのピアノ演奏の仕事を紹介してもらいました。
普通の人ならそのお金を貯金するところですが、アメリカ留学という大きな目標のためにはそのお金をさらに増やす必要があり、彼女はマネー雑誌で学びながら金融商品を購入!なんと高校卒業の頃には金融資産1000万円に!そのお金を使ってアメリカ留学を果たしました。
「お金は夢を叶えるための手段」そして「お金は努力の前に公平である」という事を身をもって体験した彼女。「攻めの投資」の原点はここにあるようです。そしてここからは、具体的な彼女の投資テクニックの内容についてです。

逢坂流!不動産投資の基本スタンス!

istockphoto (15284)

不動産投資家の中には、区分所有のマンション投資を評価しない人や競売物件に絞って勧める人もいますが、逢坂さんの場合は「立地、建物の構造、築年数はバラバラ」なのだとか。資産10億円と紹介しましたが、その内訳は国内にアパート・マンションが4棟、区分所有のマンションが9戸、戸建て住宅が1軒。その他ニュージーランドなど海外の物件と、所有する物件は分散しています。
しかし当初から狙って分散したわけではないそうで、とにかく空室が少ない場所を探したり管理費のかからない物件を探したりしながら投資リスクを減らした結果なのだとか。投資家によって様々なスタンスがありますが、彼女の基本スタンスは「ひとつの投資スタイルにこだわるのではなく、投資リスクが少ない物件に徹底的にこだわる」と言えるのではないでしょうか?
さらに、女性投資家の彼女が興味深い持論を紹介していました。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

資産運用で最も重要なのは、リスク管理(リスクのコントロール)です。 たとえば、資産を株式で運用する場合、いつも積極的にリスクを取っていては、期待できる結果を得ることは難しいでしょう。積極的にリスクを取っていいのは、次の3つのケースにおいてのみだからです。
本当の幸せとは?哲学と名言には人生を生き抜くヒントが

本当の幸せとは?哲学と名言には人生を生き抜くヒントが

本当の幸せとは何か? 何のための人生か? 哲学には人生を生き抜くヒントが隠されています。仕事や生活に日々葛藤していると、ふとした拍子に虚無感に襲われることもありますね。何もかも投げ出したくなることだってあります。名言も交えながら、今を生きるためのヒントを紹介します。
【アートで資産形成】保険は?贋作対策は?オークションのメリットは?

【アートで資産形成】保険は?贋作対策は?オークションのメリットは?

美術品はお持ちでしょうか? 数百万もするような、高価な物でなくともあなたかご家族が趣味で集めた掛け軸や壺や茶器など意外に価値のあるものをお持ちの方多いのではないでしょうか?
経済 |
富裕層の資産運用の世界的トレンドは?仮想通貨投資とIT活用に注目

富裕層の資産運用の世界的トレンドは?仮想通貨投資とIT活用に注目

富裕層による資産運用の世界的トレンドは、現在どのようになっているのでしょうか。日本では超低金利が続き、資産運用のポートフォリオにも頭を悩ませる方が少なくないはずです。今、世界の富裕層が何に注目して資産運用を行い、高いパフォーマンスを叩き出しているのか、参考になることもありそうです。
不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

近年、不動産投資がブームであったのは、地方銀行が金融緩和により溢れたマネーをリスク度外視で不動産投資を始める人々に融資してきたからです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部