2019年1月5日 更新

11人の社長が語る 素敵で売れるモノを作る良いビジネスの形とは

今、注目されていて流行っているこだわりのモノやコト。その会社を経営する社長は、何か普通ではない特別な経営センスがあるのでしょうか。「売れる」「売れない」の差はどこにあって、どうしたら売れるモノを作ることができるのか。それは、自分目線ではなく、お客様のニーズや要望の中に、大きなカギがあるようです。一田憲子著『キッチンで読むビジネスのはなし』 より、11人の社長が語る、ビジネスへの向き合い方をご紹介します。

「好きなこと」をして生きていくために

好きなことをして生きていくには「お金」が必要です。ビジネスは、そんな「お金」を生み出す仕組みです。「夢」や「好きなこと」は、暮らしの中から生まれるのに、その先の「お金のはなし」がなかなか見えてこない……。きっと私はその接点を見つけたかったのだと思います。
<9ページより引用>

著者は、編集者・フリーライターとして、これまで数々の書籍や雑誌で執筆をしてきました。その文章を通じて、自身のライフスタイルについても注目され、一定のファンがいるほどです。

シンプルかつスタイリッシュでありつつ、生活や人生に根付いた使えるモノ・コト。著者が選ぶ目線や生き方は、たくさんの読者から支持されています。かくいう私も、著者が描き出す世界観には、いつも注目している一人です。

どちらかといえば、これまで暮らしまわりの執筆が多かった著者ですが、本著はビジネスという切り口から11人の社長に焦点を当てて、さまざまな考え方が記されています。

好きなことをして生きていくというあり方が、何かと注目されている昨今。好きなことを現実化させるためには、必然的にお金が必要になってきます。

ビジネスと生活が結びつく新しい視点が、見つかりそうな予感がします。

自分の「好き」より、相手の「必要」

自分が「いい」と思うことでなく、相手が「してほしい」ことをする。この発想のスイッチを切り替えることは意外に難しい……。下川さんが言う通り、「なかなか探し出せないもの」です。
<281ページより引用>

「himie」というジュエリーブランドのオーナーデザイナーである下川宏道氏は、歯科技工士の専門学校を卒業後、独学でジュエリーの制作を始めたといいます。

最初は展示会での販売からスタートして、東京や大阪、京都にもショップを展開している現在。その洗練されたデザインには、固定客がいます。

そんな下川氏は、自分の個性など必要ないと考えているといいます。

ジュエリーであれば、石のディーラーさんや職人さんも含めて、自分も相手もハッピーになることが大事。自分の「好き」より、相手の「必要」を見抜くことが、「himie」というブランドの骨格になっていることがわかります。

客の意見として、「himieは、光っていないから好き」という意見が多いのだとか。

たしかに、巷にあるジュエリーの多くは、光っている仕上げが多いものですが、意外なニーズが分かってからは、「himie」ではマット仕上げが定着したといいます。

そこに「必要」がないとモノは売れない。売上を作る需要の質を見抜くためには、相手の目線に立っていくことがコツであるといえるでしょう。

良い経営の考え方は身近な日常にも活かしていける

11人の経営者の話は、業態の違いもありますが、「売れるモノを作るためには 相手が望んでいることを知る」という経営の共通点が見えてきます。

そして、「売上が下がっても利益が上がっていればよしとする」、「固定費をなるべく少なくする」といった経営的目線と、お店やブランド、品物やサービスに対する理念。それらが、無理なくリンクしていることが、成功のコツであるといえるでしょう。

自分というものが中心にあるのではなく、相手のニーズに合わせているお客様目線であることが何よりも重要。

そんな経営の考え方は、何もビジネスだけの話ではない。家庭や身近な人間関係においても、すぐに取り入れていくことができそうな良い思考であるといえそうです。

タイトル:キッチンで読むビジネスのはなし
著者:一田憲子
発行:KADOKAWA
定価:1,728円(税込)

【前回の記事はこちら】
生活や思考を整理して 新年を『無駄なく、豊かに、美しく』迎えるために
人生100年時代 ピークを90代にもっていくための考え方
ニューヨーク流 人生100年時代に若々しく生きていくための考え方

生涯年金を750万円多く貰える方法が学べる!

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

経済誌Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019で日本を動かす起業家20名に選ばれた長谷川潤氏。2度の起業と、仮想通貨OmiseGOの発行を経て、2018年12月7日にブロックチェーン関連の新会社BUIDL(ビルド)を設立。さらに注目を集めています。
お金 |
日本起業家1位は「宇宙の掃除屋」アストロスケールCEO岡田氏

日本起業家1位は「宇宙の掃除屋」アストロスケールCEO岡田氏

経済誌Forbes JAPAN2019年の日本起業家ランキング1位のAstroscale(アストロスケール)創業者の岡田光信氏は、宇宙ゴミを除去する宇宙の掃除屋ビジネスを立ち上げました。エリート官僚出身ですが、ものづくり企業を結集する過程は人情溢れる物語でした。
ゴーン氏逮捕で考えた「日本の刑事司法は異常なの?」

ゴーン氏逮捕で考えた「日本の刑事司法は異常なの?」

>日産のゴーン社長が逮捕され、その後、長期間勾留されています。さらに、再逮捕との報道がありました。これに対して、海外のメディアから、日本の制度はおかしいのではないかという声が聞こえてきます。
株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

資産運用で最も重要なのは、リスク管理(リスクのコントロール)です。 たとえば、資産を株式で運用する場合、いつも積極的にリスクを取っていては、期待できる結果を得ることは難しいでしょう。積極的にリスクを取っていいのは、次の3つのケースにおいてのみだからです。
パフォーマンスマネジメントとは?最高のパフォーマンスを引き出す方法

パフォーマンスマネジメントとは?最高のパフォーマンスを引き出す方法

パフォーマンスマネジメントという言葉をご存知でしょうか。従来の目標管理や年次評価に代わり、メンバーの能力やモチベーションを高めて組織の目標を達成するというものです。そのマネジメント手法を個人で行ってパフォーマンスを高める方法をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部