2020年1月6日 更新

〈川島永嗣〉川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。

今では、世界で活躍し、日本の守護神と呼ばれている、サッカー日本代表の川島永嗣。 でも昔から今の状態だったわけではない。 川島永嗣が自分自身を育ててきた秘訣を、聞いてみた。 ビジネスにも、そして人生にも、大きなヒントを見つけるために。

2015.5.16

01 自分の弱さを認める

まずは、自分を認めること。
それも、自分の弱さを認めること。
それがぼくの思考の、根底にあります。

だれもが先が不安になることがあります。
だれもが壁にぶつかることがあります。

そして、ぼくは強く見られることも多いですが、そうではありません。
自分の弱さを自ら認め、不安や壁を乗り越えながら、夢を達成するために自分を信じ続ける、という事を日々意識しています。

02 新しい価値観を楽しむ

ぼくがイタリア留学をした18歳の時。
日本で培ってきた常識や正解が、他の国では全然違う、というショックを受け、新しい価値観を初めて知ることになりました。

それをきっかけに、自分が知らなかったことでも、少しでも興味を持ったことに対して、何でも試してみることにしました。

語学、食文化、外国人とのコミュニケーション、資産運用など……。
とにかく、今の常識にとらわれることなく、興味をもち、少しでも心がワクワクしたら、経験してみる習慣が身につきました。

その習慣のおかげで、ベルギーという日本人のほとんどいない離れた国で、日々ワクワクを感じ、日々挑戦し、問題にぶつかれば解決し、その結果、新しい価値観を身につけていくという楽しさを覚えたのです。

03 10年後のビジョンを描き、今の自分にできることを考える

10年前にぼくが感じた「10年後に世界で活躍するために必要なもの」は、語学と金融でした。

世界で活躍したいという思いがあり、『ゴールキーパーとして海外で活躍するには、指示を出すための語学が欠かせない。』と思い、学生時代から語学の勉強に力を入れはじめ、プロになってからも継続しました。

そして重要なもう1つ、世界で活躍し続けるためには、金融を学ぶ必要がありました。

それは、練習と試合に集中するため、お金の心配を抱えたくなかったからです。

自己の経済のマネジメントは、プロのアスリートとして欠かせない要素です。当然、会社員であろうとも、主婦であっても、欠かせない要素です。

20代前半は金融の勉強をスタートし、今では、世界中の株や債券に投資をし、地元ベルギーで不動産も買って運用しています。

日本では言語と金融知性はそれほど必要とされていないのですが、世界に出てみると、語学と金融知性は一般教養の一つであり、グローバル化社会での武器になると感じます。

04 自分の想いをシンプルに残す

ビジネスパーソンは、達成目標などを言語化や数値化でシートに残します。
でも、プロのアスリートの場合には、その目標は、通常、心のなかにしかありません。

でもぼくは、それを「ノートに文字として残す」ということを、高校時代から行っています。
フランスの哲学者の言葉を借りれば、その作業を「エクリチュール」(フランス語で書くという意味)というそうです。

高校生のころは、練習メニューや反省文などを書いて文字として残し、プロサッカー選手になってからは、より記述が細かく、心理状態や、どうするべきだったかということまでも、細かく文字で残しました。

でも、その文字として残している方法論では結果が出ない、という壁にぶつかり、悩んだ時がありました。これはビジネスシーンでも、生活でも同じですが、「わかっているからできること」と「わかっていてもできないこと」が出てきて、その「わかっていてもできないこと」は、机上で考え、ノート上でいくら分析しても、なにも解決されないことに気づいたのです。

そして今では、頭で記憶したいことをノートに細かく書くのではなく、心で記憶できる言葉をシンプルに残しています。自分の心に書きとめることで、カラダが反応するようになっているのです。

2010年、南アフリカW杯前のイングランド戦では、忘れられない出来事があります。

前日に、過去の分析を行いながら、翌日のイングランド戦のことを考えていました。

「ペナルティキックになったらこんな感じかな」「誰が蹴ってくるかな」などと考えてイメージしていたら、それが現実になってペナルティキックを止めたのです。
それは今でも忘れられない、心で記憶して、カラダが反応した瞬間です。

川島永嗣 サッカー日本代表ゴールキーパー

幼少の頃からサッカーに没頭し、2001年に大宮アルディージャに加入。その後、名古屋グランパスエイト、川崎フロンターレへの移籍を経て2010年7月より拠点をベルギーに移す。現在、ベルギー1部リーグ スタンダール・リエージに所属。同時に、日本代表として数々の国際試合で活躍している。一方、独学で語学を身に付け、現在、英語、イタリア語、スペイン語をはじめとする7ヶ国語を話す。また、金融についても貪欲に学び続けている。 海外に挑戦する日本人を語学面からサポートするGlobal Athlete Projectのアンバサダーも務める。 http://globalathlete.jp/
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈川島永嗣〉川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。

〈川島永嗣〉川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。

今では、世界で活躍し、日本の守護神と呼ばれている、サッカー日本代表の川島永嗣。 でも昔から今の状態だったわけではない。 川島永嗣が自分自身を育ててきた秘訣を、聞いてみた。 ビジネスにも、そして人生にも、大きなヒントをみつけるために。
〈為末大〉「スポーツ」で社会問題を解決する。その可能性を探るための新たなレースが始まった。

〈為末大〉「スポーツ」で社会問題を解決する。その可能性を探るための新たなレースが始まった。

陸上男子400mハードル選手として、シドニー、アテネ、北京と過去3度の五輪に出場してきた為末大さん。日本でも数少ないプロ陸上選手としても活躍してきました。一方で数々の著書を出すなど、アスリートきっての理論派としても人気を集めています。今回は為末さんに、引退後の目標やお金、投資についての考え方を伺いました。
〈前田裕二〉SHOWROOM起業から今に至るまで、自分にとってお金は熱中の対価でしかない

〈前田裕二〉SHOWROOM起業から今に至るまで、自分にとってお金は熱中の対価でしかない

仮想ライブ空間の中で誰もが無料でライブ配信&視聴ができるサービス「SHOWROOM」を運営するSHOWROOM株式会社の代表・前田裕二さん。夢を追う人の努力が正当に報われるエンタメの仕組みを、人生をかけて世に問う生き様が話題を集めています。時代を切り拓く若手起業家にとって、「お金」とは?
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
〈DaiGo〉メンタリストになりたいと思ったことはない。自由を突き詰めた先のステージの変化

〈DaiGo〉メンタリストになりたいと思ったことはない。自由を突き詰めた先のステージの変化

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。 「メンタリスト」という肩書さえ、 もはやフィットするものではないそうです。一 体彼は何者なのか。そして、彼にとって「お金」とは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう

お金の教養講座 for woman

ランチ時間にサクッと気軽に学べる⼥性のための
マネー⼊⾨講座です。


ファイナンシャルアカデミー公式SNS