2017年12月7日 更新

〈川島永嗣〉川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。

今では、世界で活躍し、日本の守護神と呼ばれている、サッカー日本代表の川島永嗣。 でも昔から今の状態だったわけではない。 川島永嗣が自分自身を育ててきた秘訣を、聞いてみた。 ビジネスにも、そして人生にも、大きなヒントを見つけるために。

2015.5.16

01 自分の弱さを認める

まずは、自分を認めること。
それも、自分の弱さを認めること。
それがぼくの思考の、根底にあります。

だれもが先が不安になることがあります。
だれもが壁にぶつかることがあります。

そして、ぼくは強く見られることも多いですが、そうではありません。
自分の弱さを自ら認め、不安や壁を乗り越えながら、夢を達成するために自分を信じ続ける、という事を日々意識しています。

02 新しい価値観を楽しむ

ぼくがイタリア留学をした18歳の時。
日本で培ってきた常識や正解が、他の国では全然違う、というショックを受け、新しい価値観を初めて知ることになりました。

それをきっかけに、自分が知らなかったことでも、少しでも興味を持ったことに対して、何でも試してみることにしました。

語学、食文化、外国人とのコミュニケーション、資産運用など……。
とにかく、今の常識にとらわれることなく、興味をもち、少しでも心がワクワクしたら、経験してみる習慣が身につきました。

その習慣のおかげで、ベルギーという日本人のほとんどいない離れた国で、日々ワクワクを感じ、日々挑戦し、問題にぶつかれば解決し、その結果、新しい価値観を身につけていくという楽しさを覚えたのです。

03 10年後のビジョンを描き、今の自分にできることを考える

10年前にぼくが感じた「10年後に世界で活躍するために必要なもの」は、語学と金融でした。

世界で活躍したいという思いがあり、『ゴールキーパーとして海外で活躍するには、指示を出すための語学が欠かせない。』と思い、学生時代から語学の勉強に力を入れはじめ、プロになってからも継続しました。

そして重要なもう1つ、世界で活躍し続けるためには、金融を学ぶ必要がありました。

それは、練習と試合に集中するため、お金の心配を抱えたくなかったからです。

自己の経済のマネジメントは、プロのアスリートとして欠かせない要素です。当然、会社員であろうとも、主婦であっても、欠かせない要素です。

20代前半は金融の勉強をスタートし、今では、世界中の株や債券に投資をし、地元ベルギーで不動産も買って運用しています。

日本では言語と金融知性はそれほど必要とされていないのですが、世界に出てみると、語学と金融知性は一般教養の一つであり、グローバル化社会での武器になると感じます。

04 自分の想いをシンプルに残す

ビジネスパーソンは、達成目標などを言語化や数値化でシートに残します。
でも、プロのアスリートの場合には、その目標は、通常、心のなかにしかありません。

でもぼくは、それを「ノートに文字として残す」ということを、高校時代から行っています。
フランスの哲学者の言葉を借りれば、その作業を「エクリチュール」(フランス語で書くという意味)というそうです。

高校生のころは、練習メニューや反省文などを書いて文字として残し、プロサッカー選手になってからは、より記述が細かく、心理状態や、どうするべきだったかということまでも、細かく文字で残しました。

でも、その文字として残している方法論では結果が出ない、という壁にぶつかり、悩んだ時がありました。これはビジネスシーンでも、生活でも同じですが、「わかっているからできること」と「わかっていてもできないこと」が出てきて、その「わかっていてもできないこと」は、机上で考え、ノート上でいくら分析しても、なにも解決されないことに気づいたのです。

そして今では、頭で記憶したいことをノートに細かく書くのではなく、心で記憶できる言葉をシンプルに残しています。自分の心に書きとめることで、カラダが反応するようになっているのです。

2010年、南アフリカW杯前のイングランド戦では、忘れられない出来事があります。

前日に、過去の分析を行いながら、翌日のイングランド戦のことを考えていました。

「ペナルティキックになったらこんな感じかな」「誰が蹴ってくるかな」などと考えてイメージしていたら、それが現実になってペナルティキックを止めたのです。
それは今でも忘れられない、心で記憶して、カラダが反応した瞬間です。

川島永嗣 サッカー日本代表ゴールキーパー

幼少の頃からサッカーに没頭し、2001年に大宮アルディージャに加入。その後、名古屋グランパスエイト、川崎フロンターレへの移籍を経て2010年7年より拠点をベルギーに移す。現在、ベルギー1部リーグ スタンダール・リエージに所属。同時に、日本代表として数々の国際試合で活躍している。一方、独学で語学を身に付け、現在、英語、イタリア語、スペイン語をはじめとする7ヶ国語を話す。また、金融についても貪欲に学び続けている。 海外に挑戦する日本人を語学面からサポートするGlobal Athlete Projectのアンバサダーも務める。 http://globalathlete.jp/
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈川島永嗣〉川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。

〈川島永嗣〉川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。

今では、世界で活躍し、日本の守護神と呼ばれている、サッカー日本代表の川島永嗣。 でも昔から今の状態だったわけではない。 川島永嗣が自分自身を育ててきた秘訣を、聞いてみた。 ビジネスにも、そして人生にも、大きなヒントをみつけるために。
〈川島永嗣〉「お金とは、人生観。」

〈川島永嗣〉「お金とは、人生観。」

今では、世界で活躍し、日本の守護神と呼ばれている、サッカー日本代表の川島永嗣。 でも昔から今の状態だったわけではない。 川島永嗣が自分自身を育ててきた秘訣を、聞いてみた。 ビジネスにも、そして人生にも、大きなヒントを見つけるために。
サッカー日本代表キャプテン長谷部誠選手に学ぶ「心を整える」習慣

サッカー日本代表キャプテン長谷部誠選手に学ぶ「心を整える」習慣

2017年現在140万部超。異例の売り上げを誇る、サッカー日本代表キャプテン長谷部誠選手の著書『心を整える。』。実はスポーツ選手が書いた書籍として初のミリオンセラーを達成。発売当初は大学の入試問題にも数多く採用されるなど大いに話題になりました。
〈為末大〉「スポーツ」で社会問題を解決する。その可能性を探るための新たなレースが始まった。

〈為末大〉「スポーツ」で社会問題を解決する。その可能性を探るための新たなレースが始まった。

陸上男子400mハードル選手として、シドニー、アテネ、北京と過去3度の五輪に出場してきた為末大さん。日本でも数少ないプロ陸上選手としても活躍してきました。一方で数々の著書を出すなど、アスリートきっての理論派としても人気を集めています。今回は為末さんに、引退後の目標やお金、投資についての考え方を伺いました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座