2019年6月30日 更新

仕事のパフォーマンスを上げる 持つべき資本家マインドセットとは

お金と働き方に縛られない生き方が何かと賞賛されています。サラリーマンとして働いている場合、実生活においてどんなマインドを持っていけばいいのでしょうか。

お金と働き方に縛られない生き方が何かと賞賛されています。サラリーマンとして働いている場合、実生活においてどんなマインドを持っていけばいいのでしょうか。

三戸政和著『資本家マインドセット』より、変わりゆく時代において身につけておくべき考え方をご紹介します。

好きなことを、好きな人と、好きなようにやる

サラリーマンよ、これからの時代は「資本家」として生きていこう。そのためのマインドセット(思考様式、考え方の枠組み)を書いたのが、この本だ。

3ページより引用

株式会社日本創成投資代表取締役CEOである著者は、同志社大学卒業後、ソフトバンク・インベスとメント(現SBIインベストメント)に入社。ベンチャーキャピタリストとして日本だけではなく海外でファンドを担当。ベンチャー投資や投資先にてM&A戦略、株式公開支援などを行ってきました。現在は、中小企業に対する事業再生・事業承継に関するバイアウト投資などを行っています。

資本家というとブラック企業の経営者のようなイメージを抱きがちですが、好きなことを、好きな人と、好きなようにやる人のことであると著者はいいます。TSUTAYAを運営するCCC社長増田宗昭氏のこの言葉を聞いたときに、そんな人生を歩んでいこうと胸に刻んだのだとか。

資本家として生きるということは、かつてのヒルズ族のように豪華絢爛な人生を送るということではありません。お金からも働くことからも自由な存在になることであるというのです。

資本家マインドセットを体得し、戦う土俵を変えることでサラリーマン時代と同じ労力で数十倍数百倍のアウトプットを得ることが可能。

好きなことを、好きな人と、好きなようにやることができる人になるための考え方を知りたいものです。

資本家は投資家・経営者ではない

あくまで自分の手腕によって会社の事業を成長させ、そこから利益を得るのが資本家だ。競馬にたとえるなら、馬主のようなものである。

22ページより引用 

資本家は、投資家とも経営者とも違うと著者はいいます。会社の株を持って、その経営を自分のコントロール下に置けばいいので、その気になれば誰もが投資家として生きることができるのだとか。

資本家は現場のことは経営者に任せておけばいい、そしていくつもの会社を自分の支配下に置くことができるのだというのです。

だとしたら、会社を支配下に置くほど莫大な資金が必要になるのでしょうか。M&Aのネット仲介サービスでは、300万円以下の譲渡案件というものがあるようです。いわば、サラリーマンの貯金レベルの価格帯です。その理由として、経営者の高齢化が進み、後継者が見つからない中小企業が多炒め、信頼できる人に引き継げるなら安くても売りたいと考えている事例が多いからであるといいます。

他人資本を効果的に使いながら、成功報酬を組み合わせることで資本家になるという道もある。お金を生む仕組みの作り方は、さまざまであることがわかります。

誰もが持っておくべき資本家マインドセット

サラリーマンはもはや「幕末の武士」であると著者は語っています。これまで日本社会でサラリーマン制度が当たり前にように続いたのは、大正以降の日本社会の特性にあっていたからでしょう。現在、サラリーマン制度はまだギリギリのところで存在意義を保っていますが、もう終わりが見えているのだとか。

すぐにサラリーマンを卒業して資本家にならずとも、変わりゆく背景を踏まえつつ、今、持っておくべき資本家マインドセットとして、以下が挙げられています。

1 「自分の時間」だけで生きる
2 始動前のアイドリングをなくす
3 スケジュールを「他人の時間」で埋めない
4 そのスーツとネクタイは本当に必要か?
5 その名刺は本当に必要か?
6 いつまで「定時出社」を続けるのか?
7 インパクトの大きいお金の使い方をする
8 好きなこと、やりたいことを仕事にする
9 「遊び偏差値リスト」をつくる
10 声は大きく! 

「資本家だったら、こんなときどう考えるだろう」という問題意識を持つだけでも、パフォーマンスは大きく変わることでしょう。

世界の主流はプロフェッショナルによるプロジェクト制度。大企業や資本家が資金とインフラを用意。そして、世界各国にいるフリーランスやベンチャー組織など、プロジェクトを実現できる人々が特命チームを結成する。たしかに、インターネットのクラウド上にあるシステムを使えば、離れた場所にいても共同作業はいくらでも可能でしょう。

世の中の動きをキャッチしつつ、柔軟に自分自身も変化していくマインドを常に持っていたいものです。

タイトル:資本家マインドセット
著者:三戸政和
発行:幻冬舎
定価:1,400円(税抜)

お金と上手に向き合うために

【前回の記事はこちら】
お金に働いてもらうために 自分にあった投資の考え方とは
キャッシュレス時代に向けて 知っておきたい「みらいのお金」のこと
「欲しい」と「必要」を切り離す 貯める体質になるメソッド

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

アメリカでは、20代、30代の若さで職業生活を早期リタイアし、働くことに縛られずに生きる「FIRE」のムーブメントが起きています。貯金があり支出を抑えれば「4%ルール」で生活していけるといいますが、彼らはどんな暮らし方をしているのでしょうか?
アフリカで働く私が、長期的に「安定」した収入を得ている理由

アフリカで働く私が、長期的に「安定」した収入を得ている理由

収入源を多様化させることによって、長期的な視点での「安定」を築くことができる-。フリーランス国際協力師として日本・アフリカで働く筆者が、これからの時代に必要な「収入源」の話をします。
中国で進む信用スコア社会とは|日本で普及する可能性は?

中国で進む信用スコア社会とは|日本で普及する可能性は?

「信用スコア」。日本ではまだ一般的ではありませんが、中国では、一説には信用スコアが低いと結婚もできないと言われるほど大きな影響を社会に及ぼしつつあります。世界で最も進んでいると言われる中国の信用スコア社会の実態、さらに日本での普及の可能性を考えてみましょう。
キャッシュレス化で補助金も!?クレジットカード決済未導入は不利?

キャッシュレス化で補助金も!?クレジットカード決済未導入は不利?

キャッシュレス化社会を進めるために補助金を行政が用意している、というお話を耳にされた方は少なくないでしょう。既に起業された方も、これから起業を検討されている方も、クレジットカード決済を導入しない場合、ビジネスで損をする可能性が大きいことは知っておいた方が良いですね。
近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

江戸末期にアメリカ・オークランドで牧童をしていた高橋是清は、職業を転々とした三十年余の年月を経て、明治三十二年には日銀副総裁に栄進し、日露戦争や世界恐慌の勃発により日本が財政破綻の危機的状況に陥ったなか、戦費調達や金融・財政政策に辣腕を振るい国家の破綻を救いました。 この間の転職歴は十数回におよび、ときには遊びで身を持ち崩したり、事業の失敗で失業するなど人生の辛酸をなめましたが、その生き様の中でどのような軌跡を描き人生の成功者となっていったのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部