2017年10月26日 更新

実は浪費家ではなかった? マリー・アントワネットのお金の真実

なぜか、誤解ばかり受ける女性がいる。フランス王妃マリー・アントワネットは、生きている間もそうだったが、死んでからも自分が言ったセリフではない「パンがなければ、ケーキ(orブリオッシュ)を食べればいいじゃない」という自由奔放な言葉が一人歩きをして、彼女の評判を死後も貶められていました。ようやく近年になって、このセリフの出典が彼女ではないという事実が一般層にも広まってきています。

gettyimages (5571)

2017.10.16

イメージは最悪 無駄遣いの女王

gettyimages (5569)

彼女はオーストリアの名門ハプスブルグ家の生まれです。
女王マリア・テレジアの娘として幼年期をウィーンで何不自由なく過ごし、15歳のときに、のちのルイ16世の元に輿入れをしました。
まだ、フランスのパリが花の都と称せられるずっと前の話で、神聖ローマ帝国時代から隆盛を極める名門のハプスブルグ家からフランスのブルボン家への輿入れは政略結婚の要素がとても強いものでした。
この時代の話は『ベルサイユのバラ』などの芸術作品でも取り上げられることも多いので、ご存知の方も多いと思いますが、強大な権力の周りというのは、多くの人間の思惑が錯綜して、思わぬトラブルや誹りを受けやすくなるものです。
彼女の負のイメージは、彼女の登場を快く思わない多くの人たちが広めたようです。金遣いが荒いというイメージは、当時のフランス人にとってのハプスブルグ家という歴史と格式ある名門に対して持っていたイメージを彼女に押し付けた感があります。
gettyimages (5572)

革命前から横行したレッテル貼り

彼女が登場する以前に、宮廷を牛耳っていたのはデュ・バリー夫人というルイ15世の愛人でした。彼女とその取り巻きは、宮廷内の新興勢力であるマリー・アントワネットたちと、ことごとくソリが合わなかったようです。
しかし、むべなるかな、時代が流れれば、やがてはマリー・アントワネットは王妃となる身です。味方となる貴族も多く、ルイ15世の崩御とともに、宮廷内で力を得ていったのです。
彼女がフランス王妃となったのち、フランス王宮内でそれまでの行われていた慣習を次々とあらためていきました。朝の接見の簡素化や、王室への直接プレゼントを渡すことをやめさせたりしました(賄賂の禁止)。
しかし、これらの改革は、ベルサイユ内で波紋を呼びます。いくら無駄とわかっていても、それでステータスを得ていた旧来の貴族にとっては、自分たちの存在意義を奪われたも同然だと考えました。彼らは表立って抗議することはありませんでしたが、アントワネットの醜聞なら喜んで広めました。
それが、スウェーデン貴族のフェルゼンとの浮名であり、一大スキャンダルとなった詐欺事件である「首飾り事件」でした。
thinkstock (5573)

35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

他人のお金の使い方にこそ人格が出る~『お金原論』[第19回]〜

他人のお金の使い方にこそ人格が出る~『お金原論』[第19回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
身近ではじまっているフィンテックサービスが便利おもしろい

身近ではじまっているフィンテックサービスが便利おもしろい

フィンテックの登場で、従来保守的だった金融業界がその姿を大きく変えようとしています。 仮想通貨や銀行外での「シームレス」な取引は、もはや銀行の存在意義をも問う勢い。 先端IT技術の導入で、効率化の一途をたどる金融サービス。 私達の生活を変えるフィンテックを紹介します。
会社の上司も後輩も…あなたの経費の使い方を見ている

会社の上司も後輩も…あなたの経費の使い方を見ている

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんのこづかいは減らすな』より特別編集編をお届けします。
近い将来、お金は「稼ぐ」ものではなくなる

近い将来、お金は「稼ぐ」ものではなくなる

今回紹介する本は『新しい時代のお金の教科書』(山口揚平著)。”教科書”といっても、堅苦しい内容ではありません。仮想通貨の登場をはじめ、お金を取り巻く環境が変わりつつある現在、その歴史と未来に迫り、これからの時代にふさわしい生き方を考える一冊です。
「魚の釣り方を教える」という社会還元~『お金原論』[第18回]〜

「魚の釣り方を教える」という社会還元~『お金原論』[第18回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座