2019年5月27日 更新

訪日外国人の消費は「モノからコト」へ|観光立国への道のりは

年々増え続ける外国人旅行者、5、6年前までは「爆買い」を楽しむ中国人観光客がメインでしたが最近は様々な国の方々が色々な方法で日本での「経験旅行」を楽しんでいます。観光立国を目指す日本は外国人旅行者の「コト消費」に期待はするものの、目標達成できるのでしょうか。

gettyimages (38212)

2019.5.27

新幹線「ひかり」は外国人旅行者でごった返し

中国人旅行客が人気ショップの近くに止められた観光バスに大きな袋をいくつも下げ次々と乗って行く光景が最近は減ってきました。
gettyimages (38230)

その一方で、ゴールデンウィーク前のある平日のこと、東京駅新幹線のりばにはどの方面の乗り場にも外国人旅行者でいっぱいでした。
新幹線を待つ老若男女の外国人旅行者からは、英語や中国語だけではない様々な言語が聞こえてきます。
彼らはJRが発行する「ジャパン・レイル・パス」という外国人旅行者専用のパスを使って、Bullet Train (ブレット トレイン)=新幹線で各々の「経験」を楽しみに出かけるのです。

この「ジャパン・レイル・パス」というのは7日間、14日間、21日間の3種類から選んだ期間、日本全国JRが乗り放題というパスです。
しかし、新幹線「のぞみ」は除外されているため、関西、山陽、九州方面へは新幹線「ひかり」に外国人旅行者が集中してしまい、車両によっては大半が大きなスーツケースやバックパックをもった外国人旅行者という状況に出くわすことも珍しくないようです。
楽なバスでの買い物旅行よりも、新幹線で荷物の置き場に困りながらも、その重い荷物を持ち上げ、頭上の荷物棚に乗せることさえ日本の新幹線での「経験」の一つとして楽しんでいる様子が伺えます。

日本ならではの「経験」を求める外国人旅行者

gettyimages (38226)

「モノ」から「コト」への消費傾向の変化は旅の形にも大きく影響を与えました。京都、東京に比較的集中していた外国人旅行者が様々な「経験」を求めて日本各地に散らばるようになりました。
観光は地方経済を活性化させ、地方創生への要因となるため、お国自慢の「経験」をアピールしては外国人旅行者を引き付ける施策が地方自治体や企業で積極的に取り組まれています。
例えば、SNSをとおして世界中に広がっている日本の桜は美しさだけではなく、「花見パーティー」という面白い文化があることにも注目され、それを経験したいとやってくる旅行者も増え、桜の名所がある所では様々なイベントや企画が行われます。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金持ちの考え方は普通の人と何が違う?判断・行動に投資家目線

お金持ちの考え方は普通の人と何が違う?判断・行動に投資家目線

お金持ちの考え方(マインド)は、実はとてもシンプルです。結論から言えば、あらゆることを「投資目線」で検討・判断して即実行に移す、これに尽きます。お金持ちほど、投下したお金・時間(コスト)を上回るリターン(メリット)が期待できることならばGO、という考え方なのですね。
あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

私の仕事場には、白茶ネコが一匹。福利厚生部長として、ワークライフバランスを重視した自由な毎日を送っています。
ギリシャ「エーゲ海」のロマンチックな旅。一度は行きたいおすすめスポット

ギリシャ「エーゲ海」のロマンチックな旅。一度は行きたいおすすめスポット

令和になって1カ月半が過ぎましたね。新しい時代を記念して結婚するカップルも増えているようです。そこでご紹介したいのがロマンチックなギリシャ「エーゲ海」の旅。7月・8月は気候が良くベストシーズンです。カップルで一度は行って見たい観光スポット!その魅力に迫ります。
富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
なぜFRBは利下げに追い込まれつつあるのか

なぜFRBは利下げに追い込まれつつあるのか

FRBのパウエル議長の基本的なスタンスは、FOMC後の記者会見のたびに述べられています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン