2019年5月27日 更新

訪日外国人の消費は「モノからコト」へ|観光立国への道のりは

年々増え続ける外国人旅行者、5、6年前までは「爆買い」を楽しむ中国人観光客がメインでしたが最近は様々な国の方々が色々な方法で日本での「経験旅行」を楽しんでいます。観光立国を目指す日本は外国人旅行者の「コト消費」に期待はするものの、目標達成できるのでしょうか。

gettyimages (38212)

2019.5.27

新幹線「ひかり」は外国人旅行者でごった返し

中国人旅行客が人気ショップの近くに止められた観光バスに大きな袋をいくつも下げ次々と乗って行く光景が最近は減ってきました。
gettyimages (38230)

その一方で、ゴールデンウィーク前のある平日のこと、東京駅新幹線のりばにはどの方面の乗り場にも外国人旅行者でいっぱいでした。
新幹線を待つ老若男女の外国人旅行者からは、英語や中国語だけではない様々な言語が聞こえてきます。
彼らはJRが発行する「ジャパン・レイル・パス」という外国人旅行者専用のパスを使って、Bullet Train (ブレット トレイン)=新幹線で各々の「経験」を楽しみに出かけるのです。

この「ジャパン・レイル・パス」というのは7日間、14日間、21日間の3種類から選んだ期間、日本全国JRが乗り放題というパスです。
しかし、新幹線「のぞみ」は除外されているため、関西、山陽、九州方面へは新幹線「ひかり」に外国人旅行者が集中してしまい、車両によっては大半が大きなスーツケースやバックパックをもった外国人旅行者という状況に出くわすことも珍しくないようです。
楽なバスでの買い物旅行よりも、新幹線で荷物の置き場に困りながらも、その重い荷物を持ち上げ、頭上の荷物棚に乗せることさえ日本の新幹線での「経験」の一つとして楽しんでいる様子が伺えます。

日本ならではの「経験」を求める外国人旅行者

gettyimages (38226)

「モノ」から「コト」への消費傾向の変化は旅の形にも大きく影響を与えました。京都、東京に比較的集中していた外国人旅行者が様々な「経験」を求めて日本各地に散らばるようになりました。
観光は地方経済を活性化させ、地方創生への要因となるため、お国自慢の「経験」をアピールしては外国人旅行者を引き付ける施策が地方自治体や企業で積極的に取り組まれています。
例えば、SNSをとおして世界中に広がっている日本の桜は美しさだけではなく、「花見パーティー」という面白い文化があることにも注目され、それを経験したいとやってくる旅行者も増え、桜の名所がある所では様々なイベントや企画が行われます。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

暮らしと心を整える【シンプルな暮らし】を実践する5つのヒント

暮らしと心を整える【シンプルな暮らし】を実践する5つのヒント

なんでも後回しにしてしまう自分がキライ こんな悩みを持っている人は『シンプルな暮らし』を実践してみませんか?
日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

今年2月、日本とEUの間のEPA協定が発効しました。ワインが安くなりましたが「天然塩」の関税も撤廃されました。岩塩、海水塩など欧州産高級天然塩の輸入が増えそうですが、海外で日本食が定着しているので、日本産の天然塩にも輸出拡大のチャンスです。
経済 |
本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本物のセレブのお金の使い方、気になりませんか?セレブと呼ばれるお金持ち層が一体どういったことにお金をかけ、どういったお金の使い方を避けるのか。実例を紹介しながら解説していきます。
米国ハイテク株の動向に注目

米国ハイテク株の動向に注目

サマーバケーションに入り世界の株価と為替相場が乱高下を繰り返しています。乱高下を繰り返しながら徐々に株安、ドル安に水準を切り下げる中、未だ強気派と弱気派の数は拮抗しているようにみえます。私達はどのように考えるべきなのでしょうか。
日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

国連も問題視する途上国の「水」問題の解決は「井戸」の建設に託されています。日本の伝統の井戸掘り技術「上総掘り」は、機械を使わないので途上国向き。アジアで、アフリカで、上総掘りで掘った井戸が現地の人たちの生活や社会を変えようとしています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン
お金の教養講座