2019年5月29日 更新

仕事に対するモチベーションを上げる5つの秘訣

人間だれしも、いつでも仕事がスムーズに進むわけではありません。ときには仕事に対するモチベーションが下がり、いつもすぐにできてしまうことがなかなか終わらない……なんてこともあるでしょう。ここでは、モチベーションを上げるための5つの秘訣についてご紹介します。

gettyimages (38739)

2019.5.28


どんな人でも、仕事には「やる気の波」があります。アグレッシブにチャレンジできるときもあれば、やる気がなくて仕事がなかなか進まないこともあるでしょう。今回は、モチベーションを上げる秘訣を5つにまとめてご紹介します。

モチベーションとは?

gettyimages (38742)

モチベーションとは英語で「motivation」と表記され、日本語では「動機」という意味を指します。動機の意味は、それぞれ解釈が微妙に異なる人もいるかもしれません。本来は、行動に至る理由や直接的な原因を指すものです。

しかし、一般的にはモチベーションというと「やる気」を表現する言葉として使用されるケースが多いのではないでしょうか?たとえば「今日はなんだかモチベーションが上がらない」「モチベーションを上げていくにはきっかけが必要だ」などと表現されます。
ビジネス以外でももちろん使われる用語ではありますが、仕事において集中して何かをやり遂げたい場合、目標に向かって作業に熱中している場合など、「モチベーション」が大きく影響してくるといえるでしょう。

モチベーションが下がると起こりやすいこと

gettyimages (38746)

仕事でモチベーションが下がってしまうと、どんなことが起こるでしょう?たとえばちょっとしたミスが増えたり、まわりの人に思わぬ迷惑をかけてしまったりすることも。そうなると、社内での評価は徐々に下がってしまうでしょう。

評価が下がると、おのずと自分に対する自信もなくなり、笑顔ややる気のパワー・オーラも失われていきます。そうなると何をするにもアグレッシブさがなくなってしまい、成長が見られず努力することも少なくなっていくかもしれません。

仕事でモチベーションが下がる主な原因

gettyimages (38749)

仕事において何となく「モチベーションが下がった」と感じる原因には、主に以下のようなことが考えられます。

・努力した結果、思ったような評価がされなかった
・目指す目標がはっきりせず、達成感がない
・目標が達成できなかった
・企業・部署内の方向性が自分とは異なると感じる
もともとモチベーションを高く持っていたにもかかわらず下がってきてしまった人の場合、目標設定があいまいでどこが「合格ライン」なのかがわからなくなっている可能性があります。

また、目標が達成できなかった場合、壮大な目標を立てすぎて、現実的ではないという可能性もあります。自分の考えとまわりの考えにギャップを感じると「本当にこれでいいのか?」と悩んでしまう人もいるでしょう。

個人でできるモチベーションアップ5つの秘訣

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

2010年頃には非常に話題となったデジタルノートEvernoteですが、価格改定があったり、Google keepなどの競合製品が話題になるなどして、いまでは下火になっているようにも思えます。今回は、Evernoteの使いこなしについてご紹介します。
仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事をスピーディーかつ正確にこなす人には憧れるものです。そんな「仕事のできる人」にはいくつかの共通点があります。反対に、仕事ができない人にも特徴があるようです。それぞれの特徴を把握して、職場で意識して動くことで仕事のスキルアップができます。
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音