2018年2月1日 更新

〈西野亮廣〉後編・ウソをつくな、信用の面積を広げろ。常に新しいものを仕掛けるために

「お金とは、信用。(西野 亮廣)」

2017.8.17

■西野亮廣にとってのお金とは?

STAGE編集部:個人で活動されたりクラウドファンディングでお金を集めたりされているからこそわかる、西野さんにとってお金とはなんでしょうか?
「信用」ですね。みんな言ってますけど、それでしかないですね。信用の面積を数値化したものがお金なんだから、信用の面積がないことにはお金になりませんね。お金がない人、お金をつくりにくい人は、信用がないということです。逆に信用があれば、お金はつくりやすいということです。
STAGE編集部:信用というのはどのように築いて、お金に替えていくものなのでしょうか?
ホームレス芸人の小谷(こたに)(真理(まこと))というやつがいるんですけど、そいつは自分の1日を50円で売っているんですね。今の社会で言ったら、1日50円って超ブラック企業じゃないですか。みんなぶうぶう言うじゃないですか。でも小谷は全然それでよくて何でもするんですよ、本当に。
例えば草むしりを依頼すると、小谷は朝から一生懸命草むしりをするんですね。本当に一生懸命草むしりをするので、昼頃になると小谷のことを買われた方は、さすがに最初50円で買ったけど申しわけないからって昼ご飯ぐらいごちそうされると思うんですよ。で、小谷は昼ご飯をごちそうになって、そこからまた夜まで一生懸命草をむしるんですね。さすがに朝から晩まで、30越えたおっさんを50円で買っちゃったら申しわけないって、多分夜ご飯もごちそうされると思います。
で、昼も夜も一緒にいると仲よくなっちゃって「飲みにいこうか?」みたいな話になる。昼代出しているし、夜代出しているし、飲み代出しているし、結構お金出しているんですけど、最終的に小谷を買った人の中に何が残っているかといったら、「小谷君、今日50円でこんな働いてくれて、本当にありがとうね」みたいな気持ちです。
もし入り口の設定を1万円にしていたら、ごはん代も出ていないし、それぐらいやって当たり前でしょうという関係で終わっていた。でも小谷は値段と全然合わない、もうとんでもない働きぶりをするするから、すげえ感謝されて、すげえ恩を受けて、どんどん信用の面積を広げていったわけです。
その生活をずっと続けていって、半年経ったときに名古屋で鬼ごっこの人数合わせで来てくださいという依頼があって50円で名古屋まで行ったんですよ、ヒッチハイクで(一同、笑)。
そこで鬼ごっこをして、そのとき会った女の子と結婚することになったんですよ。でも結婚式を挙げる費用がないと。1日50円だから1ヵ月マックスで働いても1,500円なんですよ! 無理ですよね。「じゃ、クラウドファンディングで結婚式の費用を集めようか?」となって、「浅草の花やしきを貸切にして、ホームレス小谷の結婚式をやります」と1口4,000円で募集したら、2、3週間で250万円ぐらい集まったんですね!
小谷はお金持ちではなかったけれど、“信用持ち”だったわけです。今、僕が一番面白いアーティストは誰ですか?と聞かれたら、間違いなく「小谷」と答えます。お金というものが生まれて、初めてお金の正体を自分の生き方で体現したんですから。こんなに面白いアートはないですよね。だからお金は信用だというのは、小谷を見たらすごくわかりやすいと思います。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈前田裕二〉SHOWROOM起業から今に至るまで、自分にとってお金は熱中の対価でしかない

〈前田裕二〉SHOWROOM起業から今に至るまで、自分にとってお金は熱中の対価でしかない

仮想ライブ空間の中で誰もが無料でライブ配信&視聴ができるサービス「SHOWROOM」を運営するSHOWROOM株式会社の代表・前田裕二さん。夢を追う人の努力が正当に報われるエンタメの仕組みを、人生をかけて世に問う生き様が話題を集めています。時代を切り拓く若手起業家にとって、「お金」とは?
〈DaiGo〉メンタリストになりたいと思ったことはない。自由を突き詰めた先のステージの変化

〈DaiGo〉メンタリストになりたいと思ったことはない。自由を突き詰めた先のステージの変化

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。 「メンタリスト」という肩書さえ、 もはやフィットするものではないそうです。一 体彼は何者なのか。そして、彼にとって「お金」とは?
〈三木アリッサ〉お金とは自分を強くする大切なもの。

〈三木アリッサ〉お金とは自分を強くする大切なもの。

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時に「イスラエル女子部」を立ち上げ、自らをインフルエンサーに育てて注目されました。現在はプログラミング教育ベンチャーのライフイズテック株式会社にジョインし、アメリカ進出に向け準備中。キャリアを作るとはなにか?を三木アリッサさんにききました。
〈草刈民代〉「お金とは、エネルギーである」

〈草刈民代〉「お金とは、エネルギーである」

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
好きなことにお金を使っていけば、好きな仕事に出会える、という考え<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

好きなことにお金を使っていけば、好きな仕事に出会える、という考え<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

社是は「健康第一」という株式会社ウサギの代表・高橋晋平さんがディレクションする新商品がリリースしました。テーマはなんと「仕事とお金」。人生でいちばん大切なことは健康と笑い、という高橋さんがゲーム「わくわくワーク」に込めた思いとは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう


ファイナンシャルアカデミー公式SNS