2019年1月6日 更新

「いつかは住みたい」ケニアでの生活費

アフリカ東部、赤道直下に位置するケニア。広大なサバンナや、ライオンやゾウといった野生動物など、日本では決して味わえない魅力がつまった国です。一方でケニアは、アフリカ経済の中心地としての側面も持っており、近年では首都・ナイロビを筆頭に多くの多国籍企業などが進出しています。少子高齢化の日本とは反対に“若年人口”が圧倒的に多く、将来的な消費・生産力の拡大も一層期待されています。

gettyimages (28059)

2019.1.6
公式通貨のケニア・シリング(以下KES)は、周辺アフリカ諸国で最も価値が安定しており、1KESあたり1.1円前後が相場。観光はもちろん、ビジネスの面からも大きな注目を浴びている国と言えるでしょう。
そこで今回は、いつかケニアで暮らしてみたいという人のために、実際に生活する場合に掛かる生活費や日本との相違点などを紹介します。

夜は“軽井沢”のように涼しい

gettyimages (28069)

まずは、住まいの環境について。アフリカというと暑い印象が強いですが、ケニアの都心部は赤道直下であるにもかかわらず、気温は平均10℃~28℃と過ごしやすい気温です。これは、多くの地域が標高1,000m以上の高地にあることが原因で、夜は涼しく快適です。日本に例えるなら“夏の軽井沢”の気候に似ているとも言われています。
治安の面から安心して住める物件を探すとなると、やはり首都・ナイロビがオススメです。中でも日本人に人気なのは、ラビントン・ドンホルム地区などです。日本と同じような水準の暮らしをするには、月々の家賃は東京と同程度の8万円前後が必要となります。ただしワンルームなどではなく、日本に比べると広い部屋が多いです。

中心部を離れれば家賃1万円を下回るような激安アパートもありますが、スラム街が近くにある場合もあり危険が高いです。治安が悪い地域では、在宅中に強盗に押し入られる可能性もありますので、物件を選ぶ際は、家賃よりまず治安を優先して下さい。

食材は電子マネーで購入?

gettyimages (28075)

近年では国内の中間所得層が拡大したことを狙い、大手ファストフード企業の進出が始まっています。我々に馴染みのあるものでは「ケンタッキーフライドチキン」や「サブウェイ」などの店舗もあり、セットの値段は700円前後が相場となっています。
ケニアは、アフリカ諸国の中ではスーパーマーケットの売上高比率が非常に高い傾向にあります。都心部では大型ショッピングモールの建設も相次いでおり、アメリカ最大手のウォルマート系列の店舗なども出店しています。
現地の伝統食は「ウガリ」というトウモロコシの粉をお湯で練ったもので、粉は1キロあたり100円前後。ジャガイモは1つ10円で買うことができます。ミネラルウォーターは500mlペットボトルで1本あたり30円、コーラは50円ほど。ポテトチップスなどのお菓子も人気で、1袋80円程度で買うことができます。
また、ケニアには「チャイタイム」という時間が存在するほど、紅茶がポピュラーです。味も香りもオーソドックスなものが多く、特にミルクや砂糖との相性が良いと言われています。現地のスーパーに行くと数10円〜数100円のものまで、たくさんの種類が並んでいます。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

日本の約45倍の面積を誇る、世界で最も大きな国・ロシア。広さや気候などに関する知名度はもちろん、近年では盛り上がりを見せるフィギュアスケートの話題でも耳にすることが多いのではないでしょうか。
「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

ユーラシア大陸最西端に位置するポルトガルは、日本が古くから交流を持った西洋の国です。その関係は1543年にポルトガル人が種子島に漂着した時にまで遡り、2010年には修好通商条約締結150周年を迎えるなど、友好な関係が続いています。
「いつかは住みたい」チューリッヒの生活費

「いつかは住みたい」チューリッヒの生活費

日本から直行便も出ているスイスのチューリッヒは、銀行や証券会社などが集まる世界有数の金融都市です。さらに、文化・芸術の中心地でもあり、大都市でありながら湖などの豊かな自然が望めることも、大きな魅力として知られています。 この様な点からも「住みたい都市」「生活の質が高い都市」といったランキングでも常に上位に名が挙げられており、憧れを抱いたことがある方も多いのではないでしょうか?
「いつかは住みたい」エストニアでの生活費

「いつかは住みたい」エストニアでの生活費

バルト三国の最北に位置するエストニアは、人口約130万人、国土は日本の約9分の1の小さな国です。以前に、元大関・把瑠都の活躍で国名を耳にした方も多くいらっしゃると思います。 そのエストニアですが、近年“IT先進国”として大きな注目を浴びていることをご存知でしょうか? 実は、あの「Skype」もエストニアから生まれたサービスなのです。
生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部