2018年9月8日 更新

シンプル思考で人生をもっと楽に!シンプルに生きるために大切な4つのこと

いきなりなんですがボクって超がつくメンドクさがりです。
基本メンドクサイんです(汗)

そんなボクがなんで日々をスッキリと生活できているのか?
それは『 なんでもシンプルにする 』を大切にしているからなんです。

メンドクサイってカンタンにいうと複雑だからなんですね。
自分で生活を複雑にしてしまっているから
ドンドン人生が複雑になっていって
ココロにモヤモヤが溜まっていってしまうんですね。

シンプルに生きるってホント最高ですよ。
常に頭の中がクリアな状態ですから。

そこで今回はボクがシンプルに生きるために
大切にしている4つのことを紹介させていただきますね。
あなたのココロのモヤモヤを少しでも晴らすことができたら嬉しいです。

日々を仕組み化する

ボクはなんでも仕組みを大切にしています。
例えば仕事なんかはこれが一番ですね。
ボクは家具職人で毎日家具を作っているんですけど

既製品を作るときはまさに仕組みを大切にしています。
うちの会社は流れ作業ではなくて
1人の職人がすべての工程を担当するんですね。
家具を作る工程って多分100以上あります。

それをまず全部書き出す。(要所だけでもOK)
そして注意が必要な項目には注意点を書き込む。

前回ミスったところとかはミスの内容を書き込む。
改善点も一緒に。

あとはカンタンで次にその既製品の制作依頼がきたら
そのノートを見ながら機械のように同じ流れで作る。
こうすることで削減できるのは

・いちいち考える時間

担当して制作している家具はたくさんあるので
いちいち一つ一つの工程を覚えていられないんですよね。

そうするといちいち「これはこうでこれはこうで」って
頭で考えながら作ることになります。

これをめんどくさいけど最初に流れをノートに書き留めて
その家具を作るたびに改善点を書き込んでいけば
自分のレベルは上がるし、製品の質も上がりますよね。

このノートを見れば完璧に作れるので
頭の中にこの家具の制作方法をストックしておく必要がないので
脳の容量を常に開けておくことができるんです。

これは良いですよー。PCと一緒でサクサク動く!
逆に容量がいっぱいになってるとPCも重くなりますよね。

人間もPCも一緒!
サクサク動くために仕組み化して
頭の中は常に余裕を持っておきましょう。

 

 

やりたいことを決めるより先にやらないことを決める

普通はまずやりたいことを考えちゃうと思うんですけど
あえてやらないことを決めると日々がシンプルになります。

街を歩けば誘惑だらけじゃないですか。
習い事だったり、新製品だったり。
何も考えずに衝動だけで行動していると
やりたいことがドンドン膨れ上がって
頭がパンパンになっちゃいます。

そこでまずはやらないことを決める。
例えばボクの場合は
・新しいファッションのジャンルには挑戦しない
・習い事は1つに絞る。それ以外はやらない。
・コレクションすることはやらない。などなど。

やることを決めることを同じくらい
やらないことを作ることって大切です。

余計などうでもいいやることのせいで
頭の中がパンパンになって
ホントにやらなくちゃいけないこと
今のあなたにとって価値のあるやることが
できないなんて本末転倒ですよね。

まずはやらないことを決めてしまいましょう。
そうすることで頭がクリアになり
あなたにとってホントに大切なことが見えてきます。

 

要点をまとめて箇条書きにする

これも大切。
例えば休日の朝。
今日はあれをしてあれをしてあれをしなきゃなんて
考えることってありますよね。

けどそれ全部ちゃんと消化できていますか?
もしできていないのならなんとなーく考えているせいかもしれません。
人間は忘れっぽいですから、書いとかないとすぐ忘れちゃいます。

なのでオススメしたいのは
要点をまとめて箇条書きにすること。

ボクは毎日朝にこの時間を作っています。
その日をムダにしないためにね。
どんなことでも書いちゃいます。

例えばこんな感じ

◯月◯日
・ 机周り掃除
・ブログ記事2つ書く
・インスタのストーリーズを使えるようにする
・トイレ掃除
・ドラッグストアでティッシュ購入
・アウターヤフオク出品 

簡潔に箇条書きにしていく。
あとはかたっぱしから終わらせていく!

なんとなーく「あれとあれやらないとな」とか考えてると
きっとスマホとはゲームとかテレビとかの誘惑で
結局1個しかできなかったとか何もできなかったなんてこともあり得ます。
そうしたら自己嫌悪感じちゃいません?
「どうせ私なんてできないんだ」なんて。

これは目標を明確にするって意味もありますね。
その日の目標を明確にする。
そしてできれば午前中に終わらせるくらいで消化していく。
そうするとその日のやることが全部できたら
スカッとして心がスッキリしますよー。

これは本を読むときも役に立ちます。
本って読んだだけで満足しちゃうと意味ないんですよね。
大切なのは本を読んで得た情報を
実際にやってみること。

けど本って何万字もあって
読めば読むほど最初の頃に「なるほど!」って思ったことを
忘れてしまったりしませんか?

そんな時はこの『要点をまとめて箇条書き』が功を奏しますよ。
何万字の本を自分だけの1,000字くらいの本にしちゃうんです。
そうすれば今後見返したい
ときにも簡単に要点だけ追えちゃいますよね。

 

 

批判を気にしない

ここはさらっといきましょう!
人ってみんな違いますから、意見が違うのが当たり前。
意見が合う人がいたらラッキーくらいにすると良いですね。

批判されるたびに考え込んでいたら
ドンドン頭の中にモヤモヤが溜まっていきます。

批判は切り捨てる。
それよりもあなたの味方の声に耳を傾けた方が
よっぽど良い時間が過ごせますね。

できないことなんて捨てちゃいましょう。
それよりもできることをさらに伸ばす!

 

ココロ乱されるところにいかない

シンプルに生きる上で一番大切なのは
『 ココロの健康を保つ 』ことです。
これは浪費グセが治らないとか、部屋を綺麗にできないにも
関わってくる重要なことですね。

浪費グセが治らないのはもしかしたら
ココロが健康じゃないからかもしれません。
部屋を綺麗にすることができないのも
もしかしたらココロのせいかもしれません。

ココロが不健康な時って
モヤモヤがキャパ以上に溜まってしまった時。
そうなったらまずやる気がなくなってしまいますよね。
掃除したくない、片付けたくない、ゴミを捨てるのがめんどくさい。

そしてそのモヤモヤをなんとか解消しようと買い物に走る。
買っても買っても満足は一時的なものなのでさらに買ってしまう。
シンプルに生きるためにはまずココロを乱される場所に行かないこと。

「行きたくないな〜けど行かないと何か裏で言われるかもしれない」
「行かないと嫌われるかもしれない」

そんなムリしちゃダメです。
イチバン大切なのは自分です。
好きでもない誰かのために自分を犠牲にする必要はないんですね。

ボクは行きたくないとこには行きません。
だって行きたくないんだもん。

 

 

まとめ

それでは最後に復習してみましょう。

1、日々を仕組み化する
2、やりたいことを決める前にやらないことを決める
3、要点をまとめて箇条書きにする
4、批判を気にしない
5、ココロ乱されるところに行かない 

シンプル思考になるとドンドン日々が楽になりますよー。
複雑にしてしまっているのは自分だということを
まずは認識してみましょう。

そして考える。もっとシンプルにするにはどうすれば良いだろうか?
この考えを常に持っておくことで
身の回りもスッキリしていきます。

ぜひあなたもシンプル思考になって日々を楽しちゃいましょう。

リムベアー

インスタグラムフォロワー3万人突破のミニマリスト。汚部屋&借金250万円からミニマリスト&FP3取得しました。『物を減らしてお金を増やす』を軸にして情報を発信しています。 リムベアーのブログはこちら➡︎『 https://lim-bear.com 』
2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「美術研修」を導入する企業が増えている?! 30代からの感性解凍エクササイズ

「美術研修」を導入する企業が増えている?! 30代からの感性解凍エクササイズ

初めまして。かってんともこと申します。 美術展用映像・コンテンツ企画製作という、 “美術展のクロコ業”十余年。 広告から日本語教師、面接官等々、流浪の末にたどり着いたこの仕事には、離れられない魅力あり・・美術展にまつわる“クロコなお話”、お届けいたします。
成功者のマインドが学べる!ビジネスに活かせる論語の成功哲学

成功者のマインドが学べる!ビジネスに活かせる論語の成功哲学

仕事においても、人生においても、誰しも成功したい、より良く生きたいと願うものです。仕事や人生をより良くするための方法を、2000年以上前に悟った人物がいます。中国の思想家、孔子です。この記事では、論語の成功哲学を紹介します。
北条早雲は理想のビジネスマン!人情・気配り・ユーモア溢れる人柄に迫る!

北条早雲は理想のビジネスマン!人情・気配り・ユーモア溢れる人柄に迫る!

戦国大名の先駆けとなった北条早雲。彼には一介の浪人から下剋上でのし上がったダーティなイメージがありますが、非常に細やかな気配りのできる人だったようです。早雲が残した家訓「早雲寺殿廿一箇条」を読むと苦労人であった彼の人柄がうかがえます。
利益をもたらす人間としか付き合わない ─ 人間関係は損得勘定で成り立っている

利益をもたらす人間としか付き合わない ─ 人間関係は損得勘定で成り立っている

「『なにが嫌いか』をはっきりさせる」の項で、食事の際に「タバコを吸っていいか」と聞いてきた知人と、その後の付き合いがなくなったことを書いた。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

リムベアー リムベアー
お金の教養講座