2019年6月11日 更新

会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

定時で帰るということがテーマになったドラマが話題になっています。しかし、会社を休みたいのに休めないという人は、まだまだ多くいるのではないでしょうか。 志村和久著『頑張りすぎるあなたのための 会社を休む練習』 より、「休めない」を解決するための考え方をご紹介します。

gettyimages (39495)

2019.6.11

会社を休めないと思う心のメカニズム

仕事の合間に、この本を読みながら、「会社を休む勇気」を身につけ「会社を休む不安」を無くしましょう。中略
この本は、大きくふたつの方向から徹底的に「会社を休む不安」という心のブロックを壊しにかかります。
005ページより引用
はたらき方改善ナビゲーターとして活躍している著者は、メーカーの社員として中小零細から大企業まで1200社以上の取引先と接してきました。その際には、多くの違法現場を目の当たりにしてきたのだといいます。
自身も数年にわたる上司からのパワハラを経験。しかし、独学で社会保険労務士試験に合格したりと、労働環境を自ら変える努力をしてきました。
実体験から心理面でのフォローの重要性を実感し、実践的心理学であるNLP(神経言語プログラミング)マスタープラクティショナーを取得。会社員として働きながら、NPO法人POSSEで年間120件以上の労働相談等に応じています。
10数年前、著者が30歳になったばかりの頃は、仕事人間として日々仕事のことばかりを考える生活を送っていたようです。しかし、お腹に腫瘍が見つかって手術をすることに。著者は、この経験を通して心身の健康の大切さを思い知ることとなります。
本著は、会社を休む勇気を身につけて、休む不安を無くすための考え方が記されています。会社を休む不安という心のブロックを壊すためには、2つのポイントがあります。
一つ目は、実践的心理学であるNLPの考え方をベースに、自分の内面に起きる心理面での不安を解明すること。二つ目は、立ちふさがる会社からのプレッシャーや上司のパワハラなどに対して法律的な立ち位置を説明し、そのブロックに対して立ち向かって解決すること。
休みたいのに休めないという心のメカニズムを解き明かすための心理的、実務的プロセスがわかる一冊であるといえるでしょう。
gettyimages (39504)

過去の記憶の蓄積というプログラムを意識する

この空気を感じとる何かしらのセンサーに引っかかり「空気を読む」ソフトを立ち上げる原因なるものがあります。その正体は、あなたの「過去の記憶」です。
025ページより引用
たとえば、体調が悪いのに会社を休めないと感じた体験。それは、無意識のうちに周囲の空気を読んでしまっているのかもしれません。私たちは、なぜ空気を読むことに支配されているのでしょうか。
人間は、過去の記憶を通して物事を理解しているのだと著者はいいます。考えるという作業は、自分の過去の記憶から回答をひねり出そうとする作業。良くも悪くも、過去の記憶の蓄積が今の自分自身を作り出しています。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

近年、女性活躍推進の波に乗って管理職になることを会社から打診される女性が多いようです。しかし、土壌が整っていない現実に対して昇進に尻込みしてしまう女性が多いということもよく聞く話です。男女関係なく働く人にとってリーダーシップについては、常に悩まされる課題でしょう。 有冬典子著『リーダーシップに出会う瞬間』 より、自分固有のリーダーシップを作るための考え方をご紹介します。
自分本来の仕事に集中するための「超集中」ライフハックとは

自分本来の仕事に集中するための「超集中」ライフハックとは

あれもこれもやることが増えて散漫になってしまうことがあります。もっとタスクをスリムにして、集中しながら良い仕事をしたいものです。 秋好陽介著『超集中ハック』 より、自分のするべき仕事に集中するための方法をご紹介します。
「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。
なぜ働き、何を大切にするのか|元スターバックスCEOが教える働く理由

なぜ働き、何を大切にするのか|元スターバックスCEOが教える働く理由

昨今、働き方やスタイルに何かと注目が集まりがちです。しかし、自分が行なっているビジネスにはどんなミッションがあり、それを通じてどう生きていくのかといったことが置き去りになっているのかもしれません。 岩田松雄著『MISSION』 より、人は何のために働き、何を大切にすべきなのかという考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ