2017年11月2日 更新

時価総額測定不能!地球3個分のダイヤモンドでできた驚きの惑星

ダイヤモンドと言えば、「永遠の輝き」。その輝きはもとより高価な宝石として、富裕層をはじめとする人々を魅了してきました。人生を狂わせることもある魅惑の宝石です。 ところで、宇宙にはダイヤモンドでできたダイヤモンド惑星というものがあるようです。ご存知ですか?

ダイヤモンドの原石は輝いていないという事実

thinkstock (6685)

ダイヤモンドは元素で言えば炭素です。炭や煤(すす)などと物質としてはほぼ同じもの。ここまではよく知られていますが、それより踏み込むと、結構、誤解されている点も多いようです。
まず、ダイヤモンドは、原石の状態ではキラキラしたものではありません。
ダイヤモンドは屈折率が高く(2.42)、内部での全反射が起こりやすいため、「うまくカットすればキラキラ輝いて見える」のです。ブリリアントカットでは、表面反射(シンチレーション)と内部反射(ブリリアンシー)が組み合わさって、方向を変える度にチカチカと白く煌(きら)めくように輝きます。さらに多数回の内部反射(ディスパーション)の結果、虹色の輝きも加わります。
また、ダイヤモンドは、原石の状態では尖ったものではありません。
野球やトランプでひし形をダイヤと言いますが、これも角張った形にカットされるからそう言われるだけで、天然の結晶がダイヤのかたちをしているわけではありません天然ダイヤモンドには特に決まった形はありません。
さらに、ダイヤモンドは燃えるのかという点。
炭と同じ炭素なのでボウボウ燃えるイメージを持っている方も多いと思います。しかし、ダイヤモンドはもともとかなり安定した結晶なのでそう簡単には燃えません。800℃以上の高温で酸素の中に置いておくと、表面の炭素が二酸化炭素になってだんだん小さくなっていくという感じです。

ダイヤモンド惑星とは

gettyimages (6688)

さて、ダイヤモンド惑星です。
実は炭素は、宇宙では4番目に多い元素なんです。1位は水素、その後、ヘリウム、酸素で4番目が炭素です。
このため、昔から、宇宙には、炭素でできた惑星(炭素惑星)はかなり多いのではないかと言われていました。中心核は重い鉄ですが、その周りが炭素です。
この場合、炭素は、惑星表面では炭のような物質(グラファイト)ですが、中心に近づき高圧になるとダイヤモンドになります。これはダイヤモンド惑星とも呼ばれます。ダイヤモンドは1,200~2,400℃の高温と超高圧下でできますから、温度条件が満たされると炭素惑星の多くは内部に分厚いダイヤモンド層を持つダイヤモンド惑星になります。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

AI透明化の時代へ —— AI時代になすべき人間の仕事

AI透明化の時代へ —— AI時代になすべき人間の仕事

機械学習の成果から、AI導入を検討する企業が少しずつ増えています。そのような中、アルゴリズムのブラックボックス状態は信頼性低下の原因に。万が一の時の説明責任は依然として人間が負うからです。AIやモデルの説明・検証のため、AIの透明性が求められています。
ブロックチェーンを語るとき避けて通れないややこしい仕組みの話

ブロックチェーンを語るとき避けて通れないややこしい仕組みの話

ブロックチェーンについて、どのくらいあなたは知っていますか? これからの人生、いや人間のあり方を変えてしまうかもしれないといわれる技術、ブロックチェーン。 著書「ブロックチェーン革命」にて、ブロックチェーンによって変わる世界を先駆けて示唆した野口悠紀雄氏の基調講演をお届けします。(FLOCブロックチェーン大学校イベント基調講演より)
Life is Tech!でIT教育を受ける中高生がいますごい

Life is Tech!でIT教育を受ける中高生がいますごい

小学校での必修化決定後、キッズプログラミングスクールは雨後の筍のように乱立状態。どこが良いのか判断も難しいですよね。そんな折、長男の友人が遊びに来てLife is Tech!(以下LIT)を紹介していきました。LITパーカーを普段着する彼はあまりにも嬉々としていたので、調べてみました。
【特別企画】野口悠紀雄講演:ブロックチェーンが、なぜ「革命」といわれるか

【特別企画】野口悠紀雄講演:ブロックチェーンが、なぜ「革命」といわれるか

ブロックチェーンについて、どのくらいあなたは知っていますか? これからの人生、いや人間のあり方を変えてしまうかもしれないといわれる技術、ブロックチェーン。 著書「ブロックチェーン革命」にて、ブロックチェーンによって変わる世界を先駆けて示唆した野口悠紀雄氏の基調講演をお届けします。(FLOCブロックチェーン大学校イベント基調講演より)
Twitterの偽アカウント一斉削除から考える情報汚染の問題

Twitterの偽アカウント一斉削除から考える情報汚染の問題

偽アカウントの一斉削除がTwitterやFacebookで行われました。その数は、合計7億件にものぼると言われます。偽アカウントとは何か、情報汚染とはなにか、偽アカウントによって生じる情報汚染にはどのようなものがあるのかを掘り下げます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者 管理者