2019年2月7日 更新

夫婦円満の秘訣はキッチンにあり 心理学でわかる料理と愛情の関係

「食べること」は生きる上で、大切な行為の1つです。この「食」をめぐる環境をパートナーと共有することが、2人の関係を円滑にする秘訣だと心理学者たちは語ります。その理由と具体的な方法など、パートナーと幸せに過ごせるとっておきの手段をお伝えします

gettyimages (29070)

2019.2.7

料理をともに楽しむこと、その重要性とは

ソムリエやフードブロガーの中には、夫婦やカップルでその活動を展開するケースが増えています。映画や小説でも、料理や食事が作品のポイントとなることが多いのは衆目の一致するところです。
実生活においても、ともに料理をしてともに食べるという「儀式」はカップルにとって重要なことだと語るのは心理療法士のマヌエラ・トレマンテです。
それはなぜでしょうか。

根底にある親と子の関係

gettyimages (29073)

人間は、成長段階において栄養を補給してくれる存在なしには生き残ることができません。
アメリカの高名な心理学者アブラハム・マズローは、人間の成長の根底をなすのは「水」「酸素」「適切な体温」そして「食べ物」だと定義しています。
母乳を与える母親も、哺乳瓶でミルクを与える父親も、それを与えられる子供たちの表情からコミュニケーションをしているのです。親から子供へという一方的な感情の移入ではなく、子供から親へも感情的なレベルでの栄養補給がなされているのだと専門家は語ります。
トレマンテ女史は、成人のカップルの関係もこれと大差はないと主張しているのです。唯一の相違は、大人ならば栄養補給のために他者に依存する必要がないということでしょう。
しかし、離乳した後も子供と母親の関係は食べ物を中心に築かれていきます。古代ローマ時代の賢母は、「子は母の胎内で育つだけでなく、母親の取り仕切る食卓の会話でも育つ」と語っています。

生活スタイルの変化とともに食事の在り方も変わった現在

gettyimages (29083)

41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

私の仕事場には、白茶ネコが一匹。福利厚生部長として、ワークライフバランスを重視した自由な毎日を送っています。
富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
伝えたと伝わること

伝えたと伝わること

僕はクラシック音楽が好きで、50年近く前の中学生の時から、LPやCDのコレクターです。また機会があればコンサートにもよく行きます。 外国から来日する有名音楽家やオーケストラは、チケットが高額なので、日本の音楽家中心に行きます。
富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層の休日の過ごし方には、いくつか共通のスタイルが見られます。休日の終わりは、いわゆる「サザエさん症候群」に悩まされる一般ビジネスパーソンも少なくないですが、富裕層には無縁です。富裕層に近付きたければ、彼らの休日の過ごし方を真似るのも一手ですね。
Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

高齢者ドライバーによる痛ましい死亡事故が起きて運転免許証の自主返納が話題になっていますが、京都府京丹後市には高齢者ドライバーが高齢者をマイカーに乗せて送迎する「ささえ合い交通」があります。電話で依頼でき現金払い可のアナログなUberです。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子