2017年10月12日 更新

話のネタに最適? ちょっと変わった結婚式3選

スタイルや演出など、ちょっとお金をかけてこだわりぬくことで感動やワクワクが奥深くなる結婚式。ゲストも大感動の豪華演出や非日常的な時間を楽しめる特別な会場、ちょっと変わった演出など、結婚式を挙げるのが楽しみになるアイデアをご紹介します。

thinkstock (5558)

2017.10.11
人生の一大イベントとなる結婚式。ゲストとして出席するうちに結婚式の流れや演出にも、定番やお決まりがあるとお気付きの人も多いでしょう。
今回は、そんな一般的な結婚式とはちょっと変わったセレブな結婚式や豪華な演出など、期待感が大きくなる結婚式をご紹介します。

非日常的な会場にゲストも大満足

gettyimages (5545)

結婚式の会場としてホテルやゲストハウスが一般的ですが、なかには非日常的な空間で挙げる結婚式があります。
そのひとつが船上結婚式。式はシンプルでも、美しい景観や夜景はゲストにとって最高のサプライズになります。壮大な海をクルージングしながらの挙式や青空と海がロマンティックな夜の顔へ変化していくなかでの披露宴は、他の会場では叶えられません。
海をバックにした打ち上げ花火やバルーンリリースなど、船ならではの演出も特別感たっぷり。船上での食事や美しい景色、そして本物の貸切空間を楽しめる時間は他の結婚式にはない贅沢さです。めったに体験できないハイクラスな結婚式に、きっとゲストも喜んでくれるはず。
船上結婚式の費用はゲストの人数やプランによってさまざまですが、80名で200~300万円と一般的な結婚式と変わらない費用で挙げられるものも多くあります。
thinkstock (5546)

また、最近はブライダルトレインと呼ばれる電車の中で行う結婚式も人気を呼んでいるそう。
乗務員姿の新郎新婦や車内放送での司会進行など、アイディア次第で演出の幅も広がります。ゲストは、走る披露宴会場となった車中で景色を楽しんだりトンネルに入ると天井がプラネタリウムになる仕掛けに驚いたりと、非日常的な空間を楽しみながら新郎新婦を祝福。
ラグジュアリーな空間がお好みなら、東急電鉄と伊豆急行から2017年7月にデビューした「THE ROYAL EXPRESS」がおすすめ。横浜と伊豆を結ぶ観光列車で、客室の他に客室専用ラウンジや食堂車・厨房車、結婚式を挙げられるマルチスペースを完備し、電車とは思えない煌びやかさが魅力です。費用は利用する列車によりますが貸切料は30万円ほどからあり、食事料金やオプション料金がプラスされても200万円程度の金額で可能なプランもあります。
ブライダルトレインで、誰もが体験したことのない特別な結婚式が実現できるでしょう。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

旅にまつわる名言は多くあります。人生を旅に例えれば、生きてきて感じたことや思うことが凝縮されるからです。今回はそんな旅にまつわる名言を7つご紹介します。読めば視野を広げるために旅に出たくなったり、仕事の活力を与えてくれたりすることでしょう。
豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

雄大な自然と絶景で知られる「カナディアンロッキー」。今度の夏のお休みに、このカナダの世界遺産に出かけてみるのはどうでしょう。それにはバンクーバーから出発する豪華列車の旅がおすすめです。美しい公園のあるバンクーバーもあわせ、観光の見どころをご紹介します。
結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局のところ、幸せとは何なのでしょうか。憧れの企業に就職したり、世間より多い年収を提示されたりすれば、幸せを感じる人がほとんどですね。それでも、その幸せな気持ちは長続きしません。最近の研究では、自分で幸せをコントロール可能なことが分かってきました。
インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

成功するためのコツや方法について、誰しも知りたいものです。サチン・チョードリー著『「運がいい人」になるための小さな習慣』 より、ちょっとだけ習慣を変えることで運がいい人になるための思考の方法をご紹介します。
ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

「美術作品を自分の思うままに楽みましょう。」 「美術館で、本物の迫力や繊細さをじっくり味わってみてください」 ・・・と毎回力強くお勧めし、それはもちろん心からの思いではありますが、実際に“美術館に行く”って、結構いろいろな選択ハードルがあるのですよね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部