2017年10月12日 更新

話のネタに最適? ちょっと変わった結婚式3選

スタイルや演出など、ちょっとお金をかけてこだわりぬくことで感動やワクワクが奥深くなる結婚式。ゲストも大感動の豪華演出や非日常的な時間を楽しめる特別な会場、ちょっと変わった演出など、結婚式を挙げるのが楽しみになるアイデアをご紹介します。

thinkstock (5558)

2017.10.11
人生の一大イベントとなる結婚式。ゲストとして出席するうちに結婚式の流れや演出にも、定番やお決まりがあるとお気付きの人も多いでしょう。
今回は、そんな一般的な結婚式とはちょっと変わったセレブな結婚式や豪華な演出など、期待感が大きくなる結婚式をご紹介します。

非日常的な会場にゲストも大満足

gettyimages (5545)

結婚式の会場としてホテルやゲストハウスが一般的ですが、なかには非日常的な空間で挙げる結婚式があります。
そのひとつが船上結婚式。式はシンプルでも、美しい景観や夜景はゲストにとって最高のサプライズになります。壮大な海をクルージングしながらの挙式や青空と海がロマンティックな夜の顔へ変化していくなかでの披露宴は、他の会場では叶えられません。
海をバックにした打ち上げ花火やバルーンリリースなど、船ならではの演出も特別感たっぷり。船上での食事や美しい景色、そして本物の貸切空間を楽しめる時間は他の結婚式にはない贅沢さです。めったに体験できないハイクラスな結婚式に、きっとゲストも喜んでくれるはず。
船上結婚式の費用はゲストの人数やプランによってさまざまですが、80名で200~300万円と一般的な結婚式と変わらない費用で挙げられるものも多くあります。
thinkstock (5546)

また、最近はブライダルトレインと呼ばれる電車の中で行う結婚式も人気を呼んでいるそう。
乗務員姿の新郎新婦や車内放送での司会進行など、アイディア次第で演出の幅も広がります。ゲストは、走る披露宴会場となった車中で景色を楽しんだりトンネルに入ると天井がプラネタリウムになる仕掛けに驚いたりと、非日常的な空間を楽しみながら新郎新婦を祝福。
ラグジュアリーな空間がお好みなら、東急電鉄と伊豆急行から2017年7月にデビューした「THE ROYAL EXPRESS」がおすすめ。横浜と伊豆を結ぶ観光列車で、客室の他に客室専用ラウンジや食堂車・厨房車、結婚式を挙げられるマルチスペースを完備し、電車とは思えない煌びやかさが魅力です。費用は利用する列車によりますが貸切料は30万円ほどからあり、食事料金やオプション料金がプラスされても200万円程度の金額で可能なプランもあります。
ブライダルトレインで、誰もが体験したことのない特別な結婚式が実現できるでしょう。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

もうすぐ始まる梅雨の季節。こんな季節には雨を逃れて海外に脱出するのはどうでしょう。アメリカネバダ州の砂漠の中にある「ラスベガス」では、カジノだけでなく、テーマホテルやナイトショーなど、ゴージャスな観光が楽しめます。そんなラスベガス観光の見どころをご紹介します。
東京駅の隣にある「驚異の部屋」。レトロモダンな博物館を楽しもう

東京駅の隣にある「驚異の部屋」。レトロモダンな博物館を楽しもう

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。今回は趣向を変えて、「博物館」です。
人生を変えるモノの選び方「ミニマリスト」から「モノマリスト」へ

人生を変えるモノの選び方「ミニマリスト」から「モノマリスト」へ

なかなか気分が上がらないとき、きっかけになる好きなモノがあれば、もっとスムーズに実行できそうです。身の回りにあるモノにこだわりを持つだけで、少しモチベーションが上がるのだとしたら、私たちはもっとモノ選びにこだわる必要があるでしょう 堀口英剛著『人生を変えるモノ選びのルール』 より、ミニマリストではなく「モノマリスト」という、ときめくモノに囲まれて生きるあり方をご紹介します。
騙されてない? フェイクニュースの実態と仕組み

騙されてない? フェイクニュースの実態と仕組み

SNSが日常風景となった今、私たちはフェイクニュース問題に直面しています。偽情報は思わぬところに顔を出すもの。自分は偽情報には惑わされないと感じている人ほど注意が必要です。災害の時など、情報に振り回されないよう、フェイクニュースの実態を把握しておきましょう。
参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

アートは、見るだけでなく参加もできる時代です。鑑賞者が作品制作に関わった参加型アート作品が全国のアートプロジェクトで増えています。国際的な公募展では一般審査とは別に、お金を払ってインターネット投票で審査に参加できる「賞」が新設されました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部