2017年10月12日 更新

話のネタに最適? ちょっと変わった結婚式3選

スタイルや演出など、ちょっとお金をかけてこだわりぬくことで感動やワクワクが奥深くなる結婚式。ゲストも大感動の豪華演出や非日常的な時間を楽しめる特別な会場、ちょっと変わった演出など、結婚式を挙げるのが楽しみになるアイデアをご紹介します。

thinkstock (5558)

2017.10.11
人生の一大イベントとなる結婚式。ゲストとして出席するうちに結婚式の流れや演出にも、定番やお決まりがあるとお気付きの人も多いでしょう。
今回は、そんな一般的な結婚式とはちょっと変わったセレブな結婚式や豪華な演出など、期待感が大きくなる結婚式をご紹介します。

非日常的な会場にゲストも大満足

gettyimages (5545)

結婚式の会場としてホテルやゲストハウスが一般的ですが、なかには非日常的な空間で挙げる結婚式があります。
そのひとつが船上結婚式。式はシンプルでも、美しい景観や夜景はゲストにとって最高のサプライズになります。壮大な海をクルージングしながらの挙式や青空と海がロマンティックな夜の顔へ変化していくなかでの披露宴は、他の会場では叶えられません。
海をバックにした打ち上げ花火やバルーンリリースなど、船ならではの演出も特別感たっぷり。船上での食事や美しい景色、そして本物の貸切空間を楽しめる時間は他の結婚式にはない贅沢さです。めったに体験できないハイクラスな結婚式に、きっとゲストも喜んでくれるはず。
船上結婚式の費用はゲストの人数やプランによってさまざまですが、80名で200~300万円と一般的な結婚式と変わらない費用で挙げられるものも多くあります。
thinkstock (5546)

また、最近はブライダルトレインと呼ばれる電車の中で行う結婚式も人気を呼んでいるそう。
乗務員姿の新郎新婦や車内放送での司会進行など、アイディア次第で演出の幅も広がります。ゲストは、走る披露宴会場となった車中で景色を楽しんだりトンネルに入ると天井がプラネタリウムになる仕掛けに驚いたりと、非日常的な空間を楽しみながら新郎新婦を祝福。
ラグジュアリーな空間がお好みなら、東急電鉄と伊豆急行から2017年7月にデビューした「THE ROYAL EXPRESS」がおすすめ。横浜と伊豆を結ぶ観光列車で、客室の他に客室専用ラウンジや食堂車・厨房車、結婚式を挙げられるマルチスペースを完備し、電車とは思えない煌びやかさが魅力です。費用は利用する列車によりますが貸切料は30万円ほどからあり、食事料金やオプション料金がプラスされても200万円程度の金額で可能なプランもあります。
ブライダルトレインで、誰もが体験したことのない特別な結婚式が実現できるでしょう。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

より上質の暮らしを・・・アーティストたちの夢をたどる「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展

より上質の暮らしを・・・アーティストたちの夢をたどる「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展

同じ機能の商品が並ぶ中で、「デザインが気に入った」――こう言って何か選ぶ事、よくあると思います。衣類はもちろん、家具、電化製品から文房具に至るまで、身の回りのものたちの選択に “デザイン”は大きな要素です。
死ぬまでに行きたい世界遺産|明治維新胎動の地 〜 山口県「萩」

死ぬまでに行きたい世界遺産|明治維新胎動の地 〜 山口県「萩」

山口県萩市は明治維新胎動の地と呼ばれ、数多くの志士を生み出したところです。2015年には、「明治日本の産業革命遺産」として5カ所が世界遺産の構成資産に登録されました。登録された史跡を訪ね、伝統文化に触れ地元のグルメを味わう、そんな感動の旅に出かけてみましょう。【死ぬまでに一度は行きたい世界遺産  第1回】
「熱くなる」のではなく「熱くする」目標達成のための自分コントロール法

「熱くなる」のではなく「熱くする」目標達成のための自分コントロール法

新しい年を迎えて、新たな挑戦をしていきたいと思っている人は多いことでしょう。どんな物事も自分で自分を熱くしていかなければ、目標達成することは難しいものです。 横山信弘著『自分を熱くする』 より、「熱くなる」のではなく自ら「熱くする」考え方のコツをご紹介します。
新しいことを習慣化する5つのコツ|必要な期間はたった66日?

新しいことを習慣化する5つのコツ|必要な期間はたった66日?

生活の中のちょっとした繰返しである「習慣」は時に人生を左右することも。それならば、良い習慣を身につけたいものです。ある研究で約66日で新たな習慣が身につくという結果が出ています。今回は習慣化する5つのコツや、メリットが多い習慣について紹介します。
2020年、通信大手の5Gと同時にはじまる「ローカル5G」とは

2020年、通信大手の5Gと同時にはじまる「ローカル5G」とは

2019年は「5G元年」と言われましたが、日本でも2020年春に通信大手の5Gサービスが始まります。それとほぼ同時にもうひとつの5G「ローカル5G」も商用サービスを始める予定です。地域限定、施設限定で、自治体や企業が自前で基地局を置いて開設します。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座