2017年10月12日 更新

話のネタに最適? ちょっと変わった結婚式3選

スタイルや演出など、ちょっとお金をかけてこだわりぬくことで感動やワクワクが奥深くなる結婚式。ゲストも大感動の豪華演出や非日常的な時間を楽しめる特別な会場、ちょっと変わった演出など、結婚式を挙げるのが楽しみになるアイデアをご紹介します。

thinkstock (5558)

2017.10.11
人生の一大イベントとなる結婚式。ゲストとして出席するうちに結婚式の流れや演出にも、定番やお決まりがあるとお気付きの人も多いでしょう。
今回は、そんな一般的な結婚式とはちょっと変わったセレブな結婚式や豪華な演出など、期待感が大きくなる結婚式をご紹介します。

非日常的な会場にゲストも大満足

gettyimages (5545)

結婚式の会場としてホテルやゲストハウスが一般的ですが、なかには非日常的な空間で挙げる結婚式があります。
そのひとつが船上結婚式。式はシンプルでも、美しい景観や夜景はゲストにとって最高のサプライズになります。壮大な海をクルージングしながらの挙式や青空と海がロマンティックな夜の顔へ変化していくなかでの披露宴は、他の会場では叶えられません。
海をバックにした打ち上げ花火やバルーンリリースなど、船ならではの演出も特別感たっぷり。船上での食事や美しい景色、そして本物の貸切空間を楽しめる時間は他の結婚式にはない贅沢さです。めったに体験できないハイクラスな結婚式に、きっとゲストも喜んでくれるはず。
船上結婚式の費用はゲストの人数やプランによってさまざまですが、80名で200~300万円と一般的な結婚式と変わらない費用で挙げられるものも多くあります。
thinkstock (5546)

また、最近はブライダルトレインと呼ばれる電車の中で行う結婚式も人気を呼んでいるそう。
乗務員姿の新郎新婦や車内放送での司会進行など、アイディア次第で演出の幅も広がります。ゲストは、走る披露宴会場となった車中で景色を楽しんだりトンネルに入ると天井がプラネタリウムになる仕掛けに驚いたりと、非日常的な空間を楽しみながら新郎新婦を祝福。
ラグジュアリーな空間がお好みなら、東急電鉄と伊豆急行から2017年7月にデビューした「THE ROYAL EXPRESS」がおすすめ。横浜と伊豆を結ぶ観光列車で、客室の他に客室専用ラウンジや食堂車・厨房車、結婚式を挙げられるマルチスペースを完備し、電車とは思えない煌びやかさが魅力です。費用は利用する列車によりますが貸切料は30万円ほどからあり、食事料金やオプション料金がプラスされても200万円程度の金額で可能なプランもあります。
ブライダルトレインで、誰もが体験したことのない特別な結婚式が実現できるでしょう。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日々をルーティーン化して超シンプルに暮らす4つのメリット

日々をルーティーン化して超シンプルに暮らす4つのメリット

日々の生活が複雑すぎて、ストレスを感じている方は多いのではないでしょうか? それってもしかしたら、自分自身で暮らしを複雑にしてしまっているかもしれません。
美術に「音」をつける作業が実は一番楽しい!

美術に「音」をつける作業が実は一番楽しい!

こんにちは。 美術展用映像・コンテンツ企画製作= “美術展のクロコ業”十余年の、かってんともこと申します。あなたは、アートに接して感じたことを人に語ることができますか? 企業にも導入されているアート研修をおひとりさまでも体験してみてください。「ひとり研修」第3回目は、「音」にまつわるお話です。
富裕層のライフスタイルに共通する3つの特徴

富裕層のライフスタイルに共通する3つの特徴

一見して分かる派手な成金と違い、本物のお金持ちは何事も控えめだといわれます。たしかに私が親しくしている富裕層たちの見た目やライフスタイルは、拍子抜けするほど控えめです。しかし、なぜか3つの特徴だけは共通しています。
長期休暇は仕事が心配?それならマイクロ・バケーションでリフレッシュ!

長期休暇は仕事が心配?それならマイクロ・バケーションでリフレッシュ!

日本で長期休暇をとろうとすると、メール処理や職場での印象といった心配がつきまといます。そこでおすすめなのがマイクロ・バケーション。数時間〜3日程度の休みをバケーションにするのです。たとえばひとりキャンプや都心でサーフィンはいかがでしょう。
旅をしながら働く 常識にとらわれない自由な生き方

旅をしながら働く 常識にとらわれない自由な生き方

「どんな場所でも生きていける。」このことを証明するために私は今、旅をしています。私は特別な人間ではありません。しかし今、確かに私は海外で旅をしながら生活を営むことができているのです。今回は私がどのように旅を続けているのかについてお話をしていきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部