2019年6月20日 更新

寝たまま簡単エクササイズ!骨盤のゆがみリセット法

骨盤のゆがみは、腰痛や代謝の低下、肩こりなどを引き起こす原因になります。しかし、対策が難しい場合は続かないことも少なくありません。そこで今回は、 骨盤のゆがみをリセットするための、寝たままでできる簡単エクササイズについて解説していきます。

gettyimages (40314)

2019.6.20

骨盤のゆがみを生み出す習慣を変える

gettyimages (40313)

骨盤のゆがみをリセットするためには、まずはゆがみを生み出す習慣を変えることが大切です。そのためには、姿勢の偏りを意識して変えることが重要です。たとえば、いつも片方の脚を上にして組んでいる、右手だけで鞄を持っているなどの習慣は、骨盤にゆがみを発生させやすいでしょう。このような習慣を変えるために、脚を組むのをやめたり、左右バランスよく鞄を持ったりするなどしてください。
また、日常的に運動する時間を増やすことも大切です。特に体幹や股関節、脚を使うものがよいでしょう。たとえば、ジョギングやウォーキングのような運動です。これらの運動は、インナーマッスルも鍛えられるため、骨盤がゆがみにくくなる効果が期待できます。
骨盤をゆがませる生活を送っていると、いくらケアをしても元に戻ってしまいます。そのため、ゆがみを発生させる習慣を極力減らしながら、次のようなエクササイズを行いましょう。

骨盤のゆがみリセット①腰浮かせ&ひねりエクササイズ

最初のエクササイズは、骨盤や股関節まわりの筋肉を引き締め、さらに柔軟性もアップさせる運動です。
gettyimages (40297)

やり方は、まず床に仰向けに寝て、ひざを立てましょう。次に腰を浮かせ、ひざから肩まで一直線になるように体幹を維持します。そして、この体勢で両足の裏と両肩を床につけたまま、腰を左右にひねってください。左右に45度程度回転するようにします。骨盤まわりが硬い人は、股関節を意識すると、ひねりやすいでしょう。股関節を中心に骨盤を左右に回すイメージです。
左右のひねりを1回と数え、合計10回×3セットを目安に行ってください。このエクササイズでは体幹の筋肉を使うため、骨盤矯正とともに、ゆがみを発生させにくくする効果が期待できます。また、背中から腰、お尻、太ももの裏の筋肉も使うため、体の背面全体のシェイプアップも期待できるでしょう。

骨盤のゆがみリセット②股関節矯正エクササイズ

エクササイズの2つ目は、股関節を動かすことで骨盤のゆがみをリセットするストレッチ法です。
gettyimages (40311)

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏は、食欲が落ちる、やる気が出ないなど、夏バテの症状で悩む人が増える季節です。この時期に体を動かすと余計にひどくなると思われがちですが、夏バテ対策には運動がおすすめです。今回は、スタミナアップで夏バテに負けない運動について解説していきます。
筋肉がつきにくい人必見!筋肉をつけるためのトレーニング法と食事法を解説

筋肉がつきにくい人必見!筋肉をつけるためのトレーニング法と食事法を解説

「どんなに筋トレをがんばっても、なかなか筋肉がつかない…」このような悩みを持っている人は少なくありません。そこで今回は、 筋肉がつきにくい人向けにトレーニングのポイントや具体的なやり方、効果的な食事法について解説していきます。
睡眠の質を上げる!ハイパフォーマンス睡眠で寝苦しい夏も快適に

睡眠の質を上げる!ハイパフォーマンス睡眠で寝苦しい夏も快適に

暑い日が続いています。仕事が忙しくてまとまった睡眠が取れない上に、夜も寝苦しいといった悩みを持つ人が多いのではないでしょうか。 山口真由子著『ハイパフォーマンス睡眠』 より、限られた睡眠時間の中で、より良い睡眠をとるための習慣をご紹介します。
大胸筋の上部を分厚くする!自宅で効率的に鍛える筋トレ方法

大胸筋の上部を分厚くする!自宅で効率的に鍛える筋トレ方法

たくましい大胸筋にあこがれて、腕立て伏せを日課にしている人は少なくありません。しかし大胸筋の上部は、自分の体重を利用した筋トレでは高い負荷を与えにくい厄介な部位です。そこで今回は、自宅で効率的に大胸筋上部を鍛える方法を解説していきます。
目の疲れ解消に!空き時間にデスクでできる簡単エクササイズ

目の疲れ解消に!空き時間にデスクでできる簡単エクササイズ

最近はパソコンを使う機会も多いため、目の疲れやドライアイ、ものが見えにくいなどの症状で悩んでいるケースは少なくありません。そこで今回は、 目の疲れを軽減するために空き時間を利用してデスクでもできる簡単エクササイズについて解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座