2018年7月26日 更新

仕事は人生を楽しむための手段、オーストラリアの働き過ぎない働き方とは

近年のグローバル化に伴って海外で働く人が増えていますね。外国での仕事や外国人の働き方では理解できないこともあるのではないでしょうか。ここではオーストラリアの日系企業での経験に基づいて、海外ではどんな働き方をしているのかお伝えしたいと思います。

2018.7.25

同僚から言われた言葉は「働き過ぎないで」

私が勤めていた日系企業ではどの部署にも日本人の駐在員が1人か2人派遣されていて3~4年で次の人と交代する仕組みになっていました。職場は工場付きのオフィスで、1日中人の出入りが多く家庭的で笑いが絶えませんでしたが、悪く言えば真剣さに欠ける所でした。私は入社当時、そんなのんびりムードがいやで、わき目もふらず仕事ばかりしていました。ところがその頃同僚からよく言われた言葉があります。それは「働き過ぎないで(Don’t work too hard)」という言葉でした。しかも戒めるような顔をして言われるので、なにか自分は悪いことでもしているような気持ちになったものです。

有給休暇を取ることは働く人の当然の権利

出典元:エクスペディア・ジャパン

ではなぜオーストラリア人は真剣な顔をして「働き過ぎるな」と言うのでしょうか。
エクスペディア・ジャパンが世界の主要国を対象に行った2017年の休暇に関する調査では、有給休暇の消化率に置いて、ブラジル、フランス、スペインが30日をフルに使い切り1位、アジア勢では香港とシンガポールが14日で健闘。これに対し、日本は20日ある有給をわずか10日だけしか使わず「2年連続世界最下位」という結果になっています。
このグラフにはオーストラリアのデータがないのですが、エクスペディア・ジャパンに問い合わせたところ、有給20日の内、15日を消化しているとのことでした。消化率では75%ですが、年休を取り切れなかった場合はすべて繰り越しされるため、なくなることはありません。さらに、10年以上勤務すると長期勤務休暇が13週間取れます。オーストラリアでは、休みを取ることは働く人の当然の権利だと考えられているのです。

休暇に対する考え方の違い

これに対し、務めていた会社の日本人駐在員は10日どころか年休をまったく取らない人がほとんどでした。仕事に専念することを誇りに思っているのか、休みを取ることに罪悪感を感じているのか、それとも上部からの圧力があるのか、とにかく休むことがありませんでした。ですからそんな駐在員にとっては、年休をフルにとって人生をエンジョイしているオーストラリア人は「けしからぬ人達」であり、年休を取る段になるとこのことがいつも論争になりました。その時に現地の人が言ったのが「私たちには人生を楽しむことが一番大切で、そのためのお金を得るために働いているのだ」という内容でした。そして日本人のことを「あなたたちにとっては働くことが人生の目的で、そのために生きているように見える」とも言いました。

オーストラリア人の休暇の過ごし方① バカンス

では、オーストラリア人はどのように人生を楽しんでいるのでしょうか。まず一番人気のあるのがバカンスです。2~3週間まとめて取るのが一般的で、国内ならゴールドコーストなどの亜熱帯地方が人気です。海の近くのホテルやキャラバンに泊まり、のんびりとマリンスポーツなどを楽しみます。海外旅行も人気のある休暇の過ごし方です。移民の多いオーストラリアでは年休を利用して自分の故国に帰る人も大勢います。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オリパラ登用の「分身ロボット」にみる人間とロボットの未来

オリパラ登用の「分身ロボット」にみる人間とロボットの未来

日本の最新AIロボットは知能に加えて生活をサポートできる「体」を持ったものが増えています。2019年に実証実験が始まったAIロボットや東京オリパラで活躍予定のロボット、重度障がい者の働きがいにつながる「分身ロボットカフェ」に注目が集まっています。
堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

実業家・堀江貴文氏と芸人・西野亮廣氏の共著『バカと付き合うな』。2人とも日頃からいろんな発言が議論を呼び、もはや日本の炎上ツートップなのでは? と個人的に思っているのですが、彼らの炎上発言の特徴は「必ず賛否両論になる」こと。突飛なことを言い過ぎても興味を持たれないし、ただ悪口を言ったのでは叩かれるだけ。その炎上商法はいずれ通用しなくなるでしょう。
廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

全国でいま年間約500校のペースで「廃校」が生まれています。それを利用し、起業家やスタートアップ企業にシェアオフィスを格安で貸す施設が増えています。その最大のメリットは月々1万円台から安く借りられ、起業の初期費用を抑えられることでしょう。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。
未来創造 「自分がどうなりたいか」のイメージを明確にする

未来創造 「自分がどうなりたいか」のイメージを明確にする

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT