2019年8月7日 更新

ソフトバンクとトヨタのMaaSプロジェクトが高齢者ドライバーを救う?

悲惨な事故で注目された高齢者による自動車事故の問題を阻む大きな壁が、地方の交通事情です。「クルマがないと生きていけない」を「クルマを手放しても生きていける」に変えられる可能性を秘めた「MaaS」に、2018年9月にソフトバンクとトヨタ自動車が共同で設立た「モネ・テクノロジーズ(Monet Technologies)」が本命プロジェクトとして浮上しました。

gettyimages (44193)

2019.8.7

高齢者の運転の問題の解決を阻む大きな壁

gettyimages (44184)

2019年上半期、大きな話題になったのが「高齢者による自動車事故の問題」でした。4月19日、東京・池袋で87歳の男性が運転する乗用車が暴走して自転車に乗った母親と幼い女の子が死亡し、男女10人が重軽傷を負うという悲惨な事故が起き、それをきっかけに国民レベルの議論が巻き起こり、翌5月、東京都の運転免許証の月間自主返納数は過去最多を記録しました。政府は2020年以降、75歳以上の人を対象に、自動ブレーキなどの安全機能がついた車種だけを運転可能な新しい運転免許証をつくる方針を打ち出しています。
75歳以上の高齢ドライバーは2018年末時点で563万人で、彼らが起こした死亡事故は2018年1年間で全体の約15%を占めています。2018年の運転免許証の自主返納は約40万件にとどまりました。「身体的な問題で運転に自信がなくなったら自主返納しましょう」という呼びかけには、「都会ではどうか知らないが、地方ではクルマがないと生きていけない。免許証を自主返納したくでも、できないのだ」という反論の声があがります。地方の交通事情は、この問題の解決を阻む大きな壁になっているようです。
「自動運転技術で解決できる」と言う人がいますが、運転の操作は自動化できるとしても、認知症などで意識レベルが低下した人が事故時の警察への通報や負傷者救護などの義務を果たせるかなど、また別の問題もあります。
ただ、100年に一度のモビリティ革命といわれる「MaaS(マース)」が地方の交通事情を変え、高齢者の運転の問題を解決に導くかもしれないという期待の声があがっています。

運転免許を返納してもMaaSが肩代わりする

gettyimages (44201)

MaaSは英語の「Mobirity as a seirvice(サービスとしての移動手段)」の略称です。総務省のホームページでは「自動運転やAI、オープンデータなどを掛け合わせ、従来型の交通・移動手段にシェアリングサービスを統合した次世代の交通」と説明しています。つまりMaaSではICT(情報通信技術)が非常に重要な役割を果たすことになります。
従来型の交通・移動手段とは電車、バス、船、飛行機などの公共交通機関です。シェアリングサービスとはマイカーをシェアリング利用する「Uber(ウーバー)」のような新しいビジネスです。それらを統合して、移動経路や時刻の検索も、予約も、運賃の支払い(キャッシュレス決済)もスマホで一括して行えるようにしようというのがMaaSです。
たとえば、高齢者が朝8時に病院に着きたいけれど公共交通機関の時刻を検索しても間に合わないという時、その地域のシェアリングサービスの予約状況を検索して、その予約サイトに誘導されるというぐあいです。会社をリタイアした地元の60歳代の人が、マイカーで80歳代の後期高齢者を病院に送り迎えし、その収入を年金の足しにする、というようなイメージです。
そうやって「足」が確保されますから、地方の交通事情は「クルマがないと生きていけない」から「クルマを手放しても生きていける」へ変わっていき、高齢者が運転免許証を返納してもMaaSがそれを肩代わりできるなら、免許の自主返納が促されます。

MaaSはもともとヨーロッパで、都市部の交通渋滞対策、「パリ協定」の目標を達成するために二酸化炭素の排出量を抑える環境対策、公共交通が不便な地方での交通弱者(買物弱者)対策として考えられたのですが、日本ではそれに高齢者の運転の問題の解決策という役割が加わっています。
MaaSの実現には、スマホ1台で検索から予約、決済まで何でもできるようにし、交通関係の支払いを全て1ヵ月分まとめて利用者の銀行口座から引き落とせるようにするICTインフラの整備・普及や、運賃支払いも含めた公共交通機関の相互連携、地方での自動車シェアリングサービスの十分な普及などが必要で、日本はまだまだ整備途上ですが、ビジネス界は未来を見据えてすでに積極的に動き始めています。その主役はIT企業と、運転免許証を返上されたらクルマが売れなくなって困るはずの、自動車メーカーです。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |
米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

アメリカ大統領選の歴史を振り返ってみると、勝利の方程式はやはり経済が好調であるということです。2020年11月の大統領選までのスケジュールから判断すれば、トランプ大統領は遅くとも直前の2020年7-9月期のGDP(速報値は10月末頃の発表予定)で3.0%以上の成長を達成し、経済が好調であることをアピールしたいところです。そこから逆算すると、6月がタイムリミットになります。
金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」は国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」を達成するための投融資で、第1号は日本で行われました。金融企業もファイナンスを受ける企業もイメージアップし、中・長期的な企業価値の向上につながるといわれています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部