2017年6月8日 更新

富裕層の「すてきな3つの習慣」

改めて思いますが、富裕層にはできる人が多く、そうしたできる人の共通点は本当に多いです。 しかも、誰でも意識すればできる“意外に簡単なこと”であったりします。 だからこそ、皆さんにお伝えしたい「すてきな習慣」。ご紹介します。

2015.4.24

(1) 時間厳守は当たり前。15分前行動の徹底。でもその裏には・・・。

いまさら……という方も多いかとは思いますが、やはり、この時間厳守の話は一番最初にご紹介させてください。
できる人は待ち合わせ時間に遅れない。これが基本です。しかも、時間より先に到着する“15分前行動”を実行しています。これを聞くとできる人だから時間にきっちりしていると思うか、もしくは、きっちりしているからできる人になるのだと思うかもしれません。もちろんそうなのですが、遅れないのはそれ以外にも理由があるのです。
皆さんが、待ち合わせ時間に遅れると“遅れてすいませんでした”というお詫びを伝えるかと思います。でも、このお詫びをした時点で、少し気後れする部分がでるのではないかと思います。その結果、食事中や会合で終始押されっぱなし。そんな経験はありませんか。

(2)決断を早くしてチャンスを逃さない

できる人は外食の時に、メニュー選びにあまり時間をかけません。もちろん、シェフやお店の方と会話を楽しみながら、旬な食材や好みの味付けを話すことや、ワインのマリアージュを吟味することに時間をかける方は多くいますが、それでも悩む時間が長いということはあまりありません。
これは、日ごろから決断すべき事に対して、すばやく決断している習慣が身についているからではないでしょうか。
あの世界で一番有名な投資であるウォーレン・バフェットはこう言っています。「ムダな分析や判断に時間を浪費すれば、チャンスを失うだけだ」と。実際にバフェットは、中国のペトロチャイナ株式を500億円相当購入した時、2年分の決算書を見て即決したそうです。即決の理由はエクソンモービルより相当割安に評価されているということ。その一点のみでそれ以外は必要なしと判断したそうです。
では、できる人が食事を選ぶときに決断が早いのは、決断が遅くなり美味しい食事を逃すからでしょうか。もちろん違います。メニューに悩む不必要な時間が、一緒に食事をとるパートナーとの貴重な時間を奪い、それがいろいろなチャンスを逃すこと思っているからに違いないと私は感じています。

ちなみにバフェットは、ファーストフードをこよなく愛しているため、レストランでメニューに迷うことは全くないそうです。

(3) 相手が喜ぶことが最高の喜び

できる人は手土産を渡すのが大好きです。久しぶりにお会いすれば「先日、旅先で美味しいものに出会えたので是非」、会話の中で知らないものがあると「この前話に出たものです、よければどうぞ」などなど、さまざまなシチュエーションで繰り出されるお気遣いは、まさに相手が喜ぶことを常に無意識で実行しているからに他ありません。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

高級マンションコンシェルジュが富裕層に教わった時間管理術

高級マンションコンシェルジュが富裕層に教わった時間管理術

筆者がライターになる前、マンションコンシェルジュとして働いていたことがありました。富裕層である居住者の方々は、時間管理の方法も違うのだなと実感することも多くあったことを覚えています。そんな居住者の方に教えていただいた、時間管理のコツを3つ挙げてみました。
成功者の睡眠時間に法則性はない?自分に合うパターンこそ大切

成功者の睡眠時間に法則性はない?自分に合うパターンこそ大切

成功者の睡眠時間を眺めてみると、ロングスリーパー、ショートスリーパー、分割型など様々です。もちろん、一般的な睡眠時間の成功者もいます。性別や業界、専門領域もバラバラで、成功者と睡眠時間との間には法則性はないようです。自分に合う睡眠パターンこそが大切です。
家では質素がお金持ちの生活スタイル?時間と自分には投資

家では質素がお金持ちの生活スタイル?時間と自分には投資

お金持ちの家ほど、プライベートでの生活は質素な傾向です。お金持ちに対するイメージである、高級車を複数台乗り回し、ブランド物を身に纏い、異性と派手に遊んでいるようなタイプは主流派ではありません。本物のお金持ちは、投資は時間と自分に向けるものだからです。
残業が多い人のための時間管理の方法|タイムマネジメントのコツ

残業が多い人のための時間管理の方法|タイムマネジメントのコツ

時間管理(タイムマネジメント)の具体的な方法が分かっていない人ほど、残業が常態化しがちです。周りを眺めると、キチンと成果を出しているにも関わらず、残業をほとんどせずにサッと退社してゆく上長や先輩はいませんか。彼らは間違いなく時間管理の方法・コツを心得ています。
忙しい時こそ休憩を!仕事ができる人は脳の働き方改革をしている

忙しい時こそ休憩を!仕事ができる人は脳の働き方改革をしている

常に向上心を持つビジネスパーソンは当然のように、効率的に仕事をこなしていることでしょう。しかし、もし無駄な時間を作ることなく常に全力投球している人であれば、さらに生産性を高めることが可能です。実はちょっとした休息時間を取ることで、脳の機能をフルに活用することができます

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊