2018年9月4日 更新

仕事ができる人のひとり時間の過ごし方は「3つのト」

みなさんはひとり時間を活用できていますか?ひとり時間を確保できていますか?できる人の共通点としてひとり時間を大切にすることがあります。この人たちは、その時間を捻出することも上手ですし、そして何より、その時間を最大限に活用しています。また、どのように活用しているかといえば、3つの「ト」として使いこなしています。その3つの「ト」とは?

gettyimages (20257)

2018.8.30

心と頭を整えるリセッ「ト」

gettyimages (20146)

できる人は、ひとり時間に頭と心をリセットする習慣があります。
ではなぜ、リセットをするのかと言えば、「自分がこれからやるべきことを明確にし集中するため」です。
そして、できる人は、やるべきことを明確にして集中さえすれば「成果が出やすい」ということを知っています。
だからこそ、できる人は、リセットに適したひとり時間を過ごす場所や手法も豊富にそろえています。
「自然の中に身を置く」、「田舎やふるさとで過ごす」、「座禅を組む」、面白いところでは、「皿を手洗いする」、「折り紙を折る」、「塗り絵をする」など。
これらに共通するのは、「余計な雑念を取り払うことができる」場所や手法ということです。実際に、米国アップル社の創業者スティーブ・ジョブズ氏は座禅の実践者でした。彼は、この座禅で心を整え、頭の中を整理しリセットし数々のヒット作を世に送り出したと言われています。また、富裕層が別荘を大好きな理由は、「自然」に身を置くことで心をリセットすることが目的のように感じます。
また、「皿洗い」、「折り紙」、「塗り絵」は、常に手を動かし続けながら、ある程度の集中力を維持する必要があります。しかし、さほど頭脳をフル回転をさせる必要もないため、雑念を取り払いながら、同時に考え事に集中をする余力が生まれるためリセットに適しているようです。
頭の中をリセットすることは、実は意識をして取り組まないと行うことはできません。意識して取り組みましょう。

アイデアを生み出すツーリス「ト」

gettyimages (20272)

ここでのツーリストの意味は、旅行家という意味です。できる人は、ひとり旅行をする人が多いと言われています。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちの多くが「倹約」を心掛けています。質素に生活するお金持ちが少なくないということは、広く知られるようになってきました。それでも、「節約」と「倹約」との違いはあまり知られていません。お金持ちが「倹約」によって資産を増やす心得を紹介します。
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

「馬術」はオリンピック競技ですが、貴族、上流階級のたしなみだった趣味の「乗馬」は、日本では各地にある乗馬クラブで入門できます。名門クラブもリーズナブルなクラブもありますが、乗馬それ自体、ビジネスリーダーに必要な素養を養える要素を持っています。
富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層と言えば、高級住宅街に豪奢な一戸建てを建築して住まうのが、従来のステレオタイプ的イメージでしょうか。昨今の富裕層では、ビジネス面・プライベート面の利便性や、変化するライフスタイルへの対応に注目し、都心部の賃貸物件に住まうケースも少なくありません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊