2017年6月22日 更新

トランプ大統領の就任式に注目が集まるワケ

2017年がスタートしましたね。さて、2017年はどんな年になるのでしょうか。お金についてのトピックスは、毎年目まぐるしく変わっていきますので、なかなか予想するのは大変です。だた、今年は、年明け早々の1月20日にお金のトレンドに大きな影響を与えるイベントが控えていますので、そこに注目するとヒントがあるかもしれません。

2017.1.14
2017年がスタートしましたね。さて、2017年はどんな年になるのでしょうか。お金についてのトピックスは、毎年目まぐるしく変わっていきますので、なかなか予想するのは大変です。だた、今年は、年明け早々の1月20日にお金のトレンドに大きな影響を与えるイベントが控えていますので、そこに注目するとヒントがあるかもしれません。
そのイベントは、米国の第45代大統領トランプ氏の就任式です。あれっ?政治の話だからお金のトレンドには関係がないのでは?と思った人も多いのではないでしょうか。いいえ、実は今後のお金のトレンドに大きく影響してくるのです。
しかも、皆さんの生活にかなり直結しそうです。少しもったいぶりましたが、答えは金利です。金利。自分にはあまり直結していないと思った人は、ちょっと待って下さい。これから金利が皆さんの生活に深く関わっていることをお伝えしたいと思います。
では、そもそもトランプ新大統領の就任と金利にどんな関係があるのでしょうか。トランプ氏は、積極的な公共投資と大規模な減税策を選挙公約に掲げ当選しました。この公約を就任後に実行すると、難しい話はさておき、米国経済は好景気となり、金利が上昇する可能性が高いと思われます(金利は、景気が加速しすぎてバブルが起きないように、金利を上昇させることで景気をコントロールする役割を持っています)。その結果、2017年は米国発で世界的に金利が上昇しはじめるのではないかと予測されています。
トランプ氏の具体的な政策を見ていくと、公共投資は10年間で1兆ドル(約120兆円)と言われています。1年換算で約12兆円。インフラ投資は、建設企業、素材会社、雇用者数の増加などのプラスの効果が期待されます。また、法人税を中心とした減税規模額は10年間で5兆ドル。その規模は危機ではない平時の経済状況では類を見ないほどの規模で米国の年間国民総生産(GDP)の2.8%に相当します。
このような2つの施策により景気は大きく浮揚し金利が上昇しそうです。
gettyimages (2567)

アメリカの経済規模は日本の4倍もあり、世界に与える影響は非常に大きく、金利上昇の流れが世界に広まる可能性が高くなってきました。2017年1月20日にトランプ氏の就任式で言及されるのか、実際に実行されるかといった1点に注目が集まっています。
さて、アメリカの金利上昇は、日本にどのような影響を与えるのでしょうか。アメリカの景気が良くなり世界的に物価が上がってくるとします。そうなると、日本へ輸入する価格も上昇することになり、日本もいずれゼロ金利やマイナス金利を終了し徐々に金利が上昇する可能性があります。
皆さんの生活にどのような影響を与えるのでしょうか。
まずは、定期預金をしている人。その人には、嬉しい影響がありそうです。定期預金の金利が上がるかもしれないからです。一方であまり望ましくないこともあります。輸入に依存する日本ではガソリン価格や電気代は値上がりしそうです。
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

近年、不動産投資がブームであったのは、地方銀行が金融緩和により溢れたマネーをリスク度外視で不動産投資を始める人々に融資してきたからです。
金価格が示す市場心理

金価格が示す市場心理

実は、あまり認識されていませんが金価格が上昇しています。2018年8月以降、徐々に値段を切り上げて約半年で約10%を超える上昇です。今回の金相場は市場の見通しと心理を示している可能性が高いため今回は分析をしてみたいと思います。
資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

私の基本的な投資スタンスについては、2007年に出版した『株式市場「強者」の論理』という著書のなかの「長期的な計画を立てる」という項目のなかで、その原型ともいえる文章を書いております。
投資の世界のFACT

投資の世界のFACT

2019年の投資環境は目まぐるしく変わりそうです。英国ブレグジット、米国の金融政策、米中貿易問題などに振り回されそうです。それでも、投資の世界にはFACTがあります。今話題のFACTを見ていきましょう。
Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

経済誌Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019で日本を動かす起業家20名に選ばれた長谷川潤氏。2度の起業と、仮想通貨OmiseGOの発行を経て、2018年12月7日にブロックチェーン関連の新会社BUIDL(ビルド)を設立。さらに注目を集めています。
お金 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊