2019年9月26日 更新

預金?それとも投資?富裕層のお金の貯め方事情

この記事をご覧の皆さんの中には、富裕層の預金事情や、どのようにして資産を管理しているのか、という疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。富裕層は、その名の通り一般レベルの人よりも多くの資産を持っており、その多くの資産をどのように扱っているのか気になる人がいても不思議ではありません。

gettyimages (47924)

2019.9.26
そこで、今回の記事では、富裕層の預金事情や、どのようにして資産を管理しているのか、について説明していきますので、最後までご覧ください。

富裕層が選ぶ資産運用の方法は何がある?

富裕層が選ぶ資産運用の方法は大きく大別すると、「貯金」と「投資」に分かれ、それらの具体的な内容については以下のようになっています。

貯金の種類

貯金の種類については、以下のようになっています。
① 普通預金
「普通預金」とは、口座の利用者が自由に預け入れ,利用者の都合で払出しができる預金のことです。
お金を預け入れすることにより、変動金利による利息収入を受け取ることができます。
② 決済用普通預金
「決済用普通預金」とは、ペイオフの対象にならず金融機関が破綻しても全額保証される無利息の普通預金です。
普通預金と同じく自由に預け入れ,利用者の都合で払出しができ、お金を預け入れすることにより、変動金利による利息収入を受け取ることができます。
③ 貯蓄預金
「貯蓄預金」とは、口座の利用者が自由に預け入れ,利用者の都合で払出しができる点については、普通預金と同じですが、最低預入単位が決められおり、公共料金などの引き落としができない点が普通預金とは異なっています。
お金を預け入れすることにより、変動金利による利息収入を受け取ることができます。
④ 定期預金
「定期預金」とは、1カ月、1年、などの期間を決めて預け入れするタイプの預金のことで、原則的に、満期を迎えるまでは引出しできません。
上記の3つの預金とは異なり、お金を預け入れすることにより、固定金利による利息収入を受け取ることができます。

投資の種類

貯金の種類については、以下のようになっています。
① 株式投資
「株式投資」とは、株式市場に上場している株式、およびETF(上場投資信託)などの投資対象に対してお金を投下する投資方法のことです。
これらの投資対象に投資することにより、「キャピタルゲイン」(投資対象の値上がり益)や、「インカムゲイン」(配当金受けとり)などの利益を享受できます。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

「馬術」はオリンピック競技ですが、貴族、上流階級のたしなみだった趣味の「乗馬」は、日本では各地にある乗馬クラブで入門できます。名門クラブもリーズナブルなクラブもありますが、乗馬それ自体、ビジネスリーダーに必要な素養を養える要素を持っています。
富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層と言えば、高級住宅街に豪奢な一戸建てを建築して住まうのが、従来のステレオタイプ的イメージでしょうか。昨今の富裕層では、ビジネス面・プライベート面の利便性や、変化するライフスタイルへの対応に注目し、都心部の賃貸物件に住まうケースも少なくありません。
お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちほど寄付行為に熱心なのは、昨今広く知られるようになってきました。とりわけ、アメリカ(米国)などキリスト教文化圏では、成功したお金持ちがDonation(寄付・献金)を行うことは当然と看做されてもいますね。お金持ちがなぜ寄付行為を積極的に行うのかを考えます。
お金持ちは財布持たない?気になるあの人のお金の管理方法を紹介

お金持ちは財布持たない?気になるあの人のお金の管理方法を紹介

お金持ちの人の財布事情を知りたいと人は多いのではないでしょうか? 高級ブランドの財布や長財布に紙幣やカードがたくさん入っているのを想像してしまいますよね。 実は、お金持ちの人は財布を持たないことがあります・ 財布を持たないってどうやってお金を管理してるの?と疑問に思う人もいると思います。 そこで、今回はお金持ちの人の財布を持たない理由や共通点、管理方法をご紹介します。
夏の過ごし方でわかる富裕層の3つの習慣

夏の過ごし方でわかる富裕層の3つの習慣

もう数日もすると彼岸を迎えますね。彼岸を過ぎると急に秋らしくなりますが、その前に今年の夏の過ごし方を振り返りつつ良い習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。今後の過ごし方のヒントになるかもしれません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部