2017年11月16日 更新

『未来の年表』で実感!少子高齢化は新たな国難であると…

『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』と題して2017年に出版されると半年経たずに24万部を売り上げているベストセラーは、様々な統計をもとに日本の未来がいかに危ういのかを年表にして説明しています。

thinkstock (6782)

2017.11.16
2020年 「女性の2人に1人が50歳以上に」
2021年 「介護離職が大量発生する」
2027年 「輸血用血液が不足する」
2033年 「全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる」
2050年 「世界的な食糧争奪戦に巻き込まれる」
具体的な年号とともに、かなり衝撃的な言葉が並んでいますが、これらは少子高齢化が進んだ日本で「実際に、これから起きること」だと言います。発表したのは内閣官房参与有識者会議委員、厚労省検討会委員、農水省第三者委員会委員などを歴任し、産経新聞で論説委員を務める河合雅司氏。人口政策のエキスパートです。
河合氏はこの状況を「静かなる有事」と命名していますが、実際に読んだ感想としては、もはや「国難」ともいえる緊急事態なのでは?と思えるものでした。

「少子化を食い止める!」と声を上げている政治家ですら正確には把握できていないという少子高齢化の本当の危険性。若い世代にとって特に重要なテーマに迫ってみたいと思います。

もはや少子化は止まらない!「人口減少カレンダー」に学ぶ!

thinkstock (6789)

「ストップ少子化」。政党・政治家が政策に掲げて当たり前の常識ともいえますが、河合氏からすると「少子化は止まらない」というのがほぼ決定事項。救いがないようにも感じますが、残念ながらこれには裏付けがあるそうです。じつは日本の少子化はすでに深刻なレベルにあり「将来、母親になる女児の数が少なすぎる」状態。ベビーブームが数年続いたぐらいでは少子化は止まることはなく、もしあっても遠い未来のことになるのだといいます。
河合氏があらゆるデータを駆使して作成した「人口減少カレンダー」によると「2020年、女性の2人に1人は50歳以上になる」とのこと。2016年には初めて出生数が100万人の大台を割ったことが報じられましたが、近い将来、出産可能な世代の女性減少が大問題になる日が到来しそうです。

続々と押し寄せる問題!

thinkstock (6786)

「人口減少カレンダー」には、他にも様々な未来が書かれています。例えば、

2022年、独り暮らし社会が本格化する。

人口が減少に転じた日本ですが、実は世帯数だけは増えているのだそうです。その理由は「独居世帯」の増加。団塊世代が75歳となり、夫や妻と死別するなどした人々が本格的に増えるのが2022年。そしてその約10年後には彼らも寿命を迎えはじめ、日本の住宅の3戸に1戸が空き家に。治安や維持費など様々な問題を引き起こすようになるそうです。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

決算発表で投資成果を上げる方法

決算発表で投資成果を上げる方法

今は決算発表の真っ只中です。日経新聞の記事によると、上場企業の2020年3月期の純利益は28兆4,500億円程度と前期比で1.4%減となり、19年3月期に続いて2期連続での最終減益の見通しだそうです。さて、このように難しい局面で投資の精度が上がる、決算分析のコツをお伝えします。
地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

ここ数年、合併のニュースが相次ぐ地方銀行。銀行合併というニュースを聞くと、「自分の貯金は大丈夫なのか」、「地域経済に影響はないのか」と心配になる方も多いでしょう。地方銀行はなぜ合併をするのでしょうか。そして、利用者である私達にはどのような備えが必要なのでしょうか。
お金 |
絶対点数ではなく相対点数を意識する

絶対点数ではなく相対点数を意識する

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

資産運用で最も重要なのは、リスク管理(リスクのコントロール)です。 たとえば、資産を株式で運用する場合、いつも積極的にリスクを取っていては、期待できる結果を得ることは難しいでしょう。積極的にリスクを取っていいのは、次の3つのケースにおいてのみだからです。
ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

欧州バルト三国の一国として知られる「エストニア」について紹介した本。と言っても、観光情報を紹介するのではなく、今この国が世界の注目を集めている“あるモノ”についての貴重な現地レポートです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部