2019年2月15日 更新

〈グローバー〉ミュージシャンという仕事とお金、挑んだ卒論……壁は「課題の分離」で乗り越える

「お金とは、太陽(グローバー)」

その時に自分が何をしたいとかいうことより、どうやったらちゃんとお金を稼いで家族のためになるかを考えたんです。それで大学に行きながら、並行してもう一度SKA SKA CLUBでちゃんとやり切ろうと思って、メンバーに声かけてもう一枚アルバムを作りました。メンバーで大変な思いをして作って、これをどうにかちゃんと宣伝しようと、余計なことを考えなくなって目の前のことに集中するしかないと思えたのはこの時期でしたね。
あと、その大変な時期に、妻がかけてくれる言葉も大きかったですね。「やるぞ!やれるぞ!!」みたいな(笑)。やっぱり僕、落ち込みがちだったんですよ。妻はラジオDJでいろんなミュージシャンを見ているし、同業異種というか、ある程度気持ちも分かっているようなところもあったので、本当にどうしようもなくなったら2人で会社でも作ろうと。メールアドレスは「yaruzo yareruzo(やるぞ やれるぞ)@~」にしようとか(笑)半分冗談なんですけど、そういうのがひとつひとつ支えになりましたね。

ひと回り年下の同級生から学んだ教え

グローバー:東大の卒論を書く時に、さっき言ったみたいに脳みそがもつれているので、ものすごい時間かかってしまったんです。提出日のギリギリまでやっていたんですけど、その時にひと回り下の22歳の同級生が家まで来てくれたんです。正月で家族は実家に帰していたので、彼に手伝ってもらいながら必死に卒論を書いていました。
休憩しようとベランダでタバコを吸っていた時に、頭がこんがらがってしまっている自分に彼がふと「グローバーさんにピンと来る話かどうか分からないですけど、『課題の分離』というのがあるんですよ」と言ってきたんです。何かやろうと思ったときに、例えば今の僕で言うと、料理をほとんどしないので、「肉じゃがを作ってください」と言われたときに、途方にくれるじゃないですか。途方にくれるのは、漠然とした課題を全部見ちゃっているから、自分じゃできないんじゃないかとか、どうしようとかなっちゃうと。そんな時は、課題を分離するといいと言って、「じゃ、じゃがいも1個。これ洗えるかな?」――「うん、洗える」。「じゃ皮をむくことはできるか?」――「時間かかるけど、皮ぐらいだったらむけるかな」。「食塩を買ってこれるか?」――「できる」。というふうに、目の前にある1個のことをできるか?できる!というところまでどんどん分離していけば、できますよと言われて、なるほどと…。
それで途方にくれていた卒論も、1個1個、「この文献を訳せるか?」――「訳せる」。「引用できるところだけ選べるか?」――「選べる」。とかやっていったら、できたんですよね(笑)。どうにか締め切りまでに間に合って、朝の8時、9時頃にできたんです!
あの時の体験はその後、何かチャレンジするときに、必ず頭の中にありますね。無理かなと最初思っちゃうじゃないですか?ヘアピンカーブでビビってブレーキ踏みたくなっちゃう。アクセル踏んで突っ込むのは怖いというときに、見えてもいないカーブの先のフェンスを想像してもしょうがないというか。アクセルを踏んだら、次にやることは?ハンドルをしっかり握ろう!次は、しっかりカーブ見て、徐々に曲がっていこう!とか。課題を分離することで落ち着いて対処できるようになりました。
グローバー:その彼と知り合えたのも、向こうから話しかけてくれたんですよ。再入学して、1人だけおじさんの自分が肩身の狭い思いをして、大学近くのマクドナルドでちょっと人生を振り返っていたら(笑)、「グローバーさん、同じクラスのヤナセです。僕、中学のとき、『朝焼けの旅路』着うたにしていました!」と言ってくれて、音楽やっていてよかったなぁ〜って(笑)。暗闇で腕をぶん回して、たまたま何かに当たったことが、無駄じゃなかったと思ったりして。

ミュージシャンとお金「貧すれば鈍する」

グローバー:お金に関しては全く見えない中、ずっと生きてきました。大学を中退する時は、ラジオの仕事や音楽チャンネルの仕事とかで家賃や食費は全然賄えていたので、これからもこうやって生きていこうと思っていました。でも実際はそんなに甘くはないわけで…。
今でこそ、ちゃんと仕事をしながら音楽をやった方がいいという考えもあるんですけど、当時は、いろんな仕事を整理して、ハングリーに音楽に向き合うことで、いいものが生まれるんだ!みたいな精神論がありましたね。
それでラジオなどしゃべりの仕事を整理して音楽に集中したんですけど、「貧すれば鈍する」という言葉通り、食うや食わずとなってくると、肩に力が入ってきたり、視野が狭くなってきたりして、自分にとってはハングリーでいいことはありませんでしたね。
だから結婚して家族のために稼ぐと決めて、CDもそのためにちゃんと売らなきゃ、どうにか宣伝したいですと、それまでお世話になっていたいろんな人に相談しました。大学中退の時にラジオ番組をやっていたプロデューサーにも相談に行ったんですけど、その方も「課題の分離」のようなことを言ってくれたんです。音楽もこうで、大学もこうで、美術も勉強しなきゃ、家族も食わせなきゃ…と話して「どこか仕事をさせてもらえる事務所とかありませんか?」と。
そしたらプロデューサーは「お前の今の状況は面倒くさい!そんな面倒くさいやつを抱えるところはない!」と。まず「今、何がしたいか整理しよう」となって、1個1個整理していったら、課題は「とにかく頑張って作ったこのCDをどこかで宣伝したい」に絞ることになって、「じゃあ今、東大に行っているから『Qさま!』とか、クイズ番組に出られないかな?」と思って、目標は「『Qさま!』に出たい!」一個にしようとなったんです。「じゃあ『Qさま!』に出たいと思っている男がいる」ということで知り合いに相談してみるよと言ってくれて、それで今の事務所に所属することになったんです。
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。
〈草刈民代〉「お金とは、エネルギーである」

〈草刈民代〉「お金とは、エネルギーである」

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
好きなことにお金を使っていけば、好きな仕事に出会える、という考え<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

好きなことにお金を使っていけば、好きな仕事に出会える、という考え<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

社是は「健康第一」という株式会社ウサギの代表・高橋晋平さんがディレクションする新商品がリリースしました。テーマはなんと「仕事とお金」。人生でいちばん大切なことは健康と笑い、という高橋さんがゲーム「わくわくワーク」に込めた思いとは?
〈澤田秀雄〉「お金とは、可能性」

〈澤田秀雄〉「お金とは、可能性」

「株式会社エイチ・アイ・エス」「現・スカイマーク株式会社」の創業、テーマパーク「ハウステンボス」の再建、 「変なホテル」の開業など、次々に新しい事業を立ち上げ成功を収めてきた澤田秀雄さん。 澤田社長の新しい発想力や行動力はどこから来るのでしょうか。 生き方や考え方 についてお話をお聞きしました。
〈グローバー〉東大を中退してミュージシャンに。少し遠回りをして見えた新たな生きる道とは?

〈グローバー〉東大を中退してミュージシャンに。少し遠回りをして見えた新たな生きる道とは?

東大卒ミュージシャンとして音楽活動の他、クイズタレント・コメンテーターとしても活躍するグローバーさん。実は彼は苦労して入った東大を中退し、ミュージシャンの道を選んだという過去が…。その後、再び大学に戻り無事卒業。時を同じくして、立ちはだかっていた壁が崩れ、新たな道が開けたと言います。少し遠回りをしたことで見えたグローバーさんの人生観とは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部