2018年10月2日 更新

マクドナルド創業者から学ぶ「リスク・テイカー」の成功法

100カ国以上の国に店舗を構えるマクドナルド。その創業者の名前や歴史はあまり知られていません。 創業者の名前はレイ・クロック。彼がマクドナルドを設立したのは52歳の時です。 遅咲きの大出世を遂げた彼の人生から多くのことを学ぶことができます。

gettyimages (22262)

2018.10.1

マクドナルド創業者がマクドナルドと「出会うまで」と「出会ってから」

gettyimages (22263)

彼が52歳でマクドナルドを設立するまでには紆余曲折がありました。
15歳の時には第一次世界大戦の真っ只中で、衛生隊として参戦しました。終戦後には職を失いピアニストや紙製カップのセールスマンとして働き、その後もジャズミュージックの演奏家、ジャズバンドのメンバーとして何とか生計を立てながら転職を繰り返しました。
なぜ、ここまで彼は職を転々としたのでしょうか?
それはリスクを冒してでも成功を手にしたかったからです。
1941年になると今度はミルクセーキマシンのセールスマンとしてアメリカ国内を行商しました。そんな旅の中、昼食で立ち寄ったマクドナルド兄弟が切り盛りするファストフード店が現在のマクドナルドの前身だったのです。
彼はそのファストフード店の効率化された調理システムに惚れ込み、そして何度兄弟から断られてもマクドナルド経営への参入を提案し続けました。
彼はその14年後、マクドナルドとしては初のフランチャイズを出店しました。
それからレイはマクドナルドを会社として業種変更。兄弟からマクドナルドを買収し株式公開。初のフランチャイズ出店から30年後には世界34カ国を股にかけ8300店舗の展開に至ったのです。
15歳で衛生兵として戦場を駆け回った青年は、その67年後にはついに生涯5億ドルの富を築く億万長者となってしまいました。

マクドナルド創業者レイ・クロックから学ぶ人生の必勝法

レイ・クロックが生涯5億ドルもの富を築くことができたのは、その「リスク・テイカー」としての生き方があったからです。
「リスク・テイカー」とは、成功のためにどんどんリスクを取っていくことができる人のことです。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金持ちの心の法則とは?思考パターンを身に着ける

お金持ちの心の法則とは?思考パターンを身に着ける

「お金持ちの思考にはパターンがある。」これはある程度確かです。お金持ちになれる人に特有の思考回路、と言い換えても差し支えないでしょう。人生一度きり、1日24時間しか持ち時間がないことは、誰にも全く平等です。差を生み出すものこそ、思考パターンですね。
幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

この春、新しく社会人になった人、転職して新天地で頑張っている人。この時期はそんなビジネスパーソンが多いのかもしれません。そして、お金に対する認識も、生活とともに変わる一面があることでしょう。
家では質素がお金持ちの生活スタイル?時間と自分には投資

家では質素がお金持ちの生活スタイル?時間と自分には投資

お金持ちの家ほど、プライベートでの生活は質素な傾向です。お金持ちに対するイメージである、高級車を複数台乗り回し、ブランド物を身に纏い、異性と派手に遊んでいるようなタイプは主流派ではありません。本物のお金持ちは、投資は時間と自分に向けるものだからです。
堀江貴文のお金の習慣「お金は血液と同じ。流れを止めるな」

堀江貴文のお金の習慣「お金は血液と同じ。流れを止めるな」

なにかと話題に上がる堀江貴文さん。自身も多くの書籍を発売していますが、キングコング西野亮廣さんとの共同著書『バカとつき合うな』を出し、話題沸騰中です。 そんな堀江貴文さんの「お金」への考え方や、少しだけ変わっている使い方、習慣などを紹介していきます。
準富裕層になるには? 生活スタイルは? 早期リタイアも可能?

準富裕層になるには? 生活スタイルは? 早期リタイアも可能?

準富裕層の生活は堅実? 富裕層へのステップとして、準富裕層を目指す方も多いことでしょう。野村総合研究所(NRI)などの定義では、世帯の純金融資産が5,000万~1億円未満を準富裕層としています。準富裕層になる方法や生活スタイル、早期リタイアの可能性を見てみましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部