2017年12月25日 更新

プレ富裕層は人を信じても.......

富裕層になるプレ層には人との接し方に特徴があります。皆さんがこの特徴を身に付けることで確実に人間関係で悩む機会は減るかと思います。是非、意識してみてください。

thinkstock (8228)

2017.12.25

人を強く信じても、人の行いを信じない(過信しない)

thinkstock (8227)

この言葉だけを聞くと「人でなし」といった印象を受ける人がほとんどではないでしょうか。俗に使われる表現だと性悪説で人を見ているとも言えます。しかし、これと同じような考え方は中国の思想家である韓非による「韓非子(かんぴし)」にもあります。「人主の患いは人を信じるに在り」です。具体的な事例を見ながら確認していきましょう。

銀行のATM

istockphoto (8230)

入行したての銀行員がよく聞く話を紹介します。ある支店の銀行ATMでお金を引き出した人がいました。しかし、急いでいたこともあり肝心の引き出したお金をそのまま受取口に放置してその場を離れてしまいました。駐輪所着いた時にお金を取り忘れたことに気付いたので、その人はすぐにATMに戻りましたが、既にお金は無くなっていました。もしかしたら銀行が保管をしてくれているのではと期待して防犯カメラを確認してもらいました。しかし、残念なことに防犯カメラにはATMの後ろに並んでいた人が持ち去った映像が残っていました。お金を持ち去られた怒りもありながらも、つい魔が差したとのではと少し同情してしまいました。
現金を持ち去った人は当然犯罪を犯しています。悪い行為です。しかし、もしそこにお金が放置されていなければ、その人は犯罪を犯したでしょうか。もしかしたら、犯罪を犯さなかったかもしれません。たぶん、自分のお金を引き出すつもりで並んでいた人です。しかし、つい現金を目の前にしたためお金を持ち去ったのかもしれません。そうです、まさに「人の行い」は状況次第では180度変わる可能性があるということを表しています。
犯罪を犯すほうは当然悪いので擁護する気はありませんが、もし、現金を引き出す人が注意できたならば、もしくは、ATMがそのような行為を阻止できることができたならば、最悪の自体を避けられたかもしれません。

悪い報告

thinkstock (8232)

人は調子が良い時には饒舌になります。また、多くの人に伝えたくなります。しかし、状況が悪くなると、言葉は少なくなり、出来るだけ多くの人の知られないようにする習性があります。もし、ピンとこないみなさんは、学生時代のテストの結果を思い出してみてください。こっそり答案用紙の証拠隠滅をした人もいるのではないでしょうか。
さて、富裕層になる人は、お金が増える過程で必ずどこかにお金を預けたり、どこかの金融機関で運用をしたりします。プレ富裕層は、運用の際に大切にしているのは、「必ず自らパフォーマンスや残高を報告書で確認する」ことです。それは、なぜでしょうか。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層が「最初の5秒」の印象を高めるために気をつけていること

富裕層が「最初の5秒」の印象を高めるために気をつけていること

成功者と呼ばれる人たちが決して怠らないことが、身だしなみを整えることです。これまで成功者と呼ばれている人たちが、汚らしい格好をしているところを見たことがあるでしょうか? 恐らくないはずです。なぜなら、成功者は身だしなみを整えることの大切さを知っているからです。この記事では、成功者が知っている身だしなみの大切さについて紹介します。
「短い」人が富裕層になれる理由とは

「短い」人が富裕層になれる理由とは

自分で成功を手繰り寄せる人の基本行動はシンプルです。ついつい長くなりがちなあんなことも富裕層になる人は「短い」。今日は、誰でも簡単に取り入れることのできる「短い」をご紹介します。
世界の富裕層に最近人気なバカンス、2018年のトレンドは?

世界の富裕層に最近人気なバカンス、2018年のトレンドは?

世界の富裕層は最近どんなバカンスに関心を持っていると思いますか。ラグジュアリー旅行の専門会社「バーチュオーソ(Virtuoso)」が最近発表した「ラグジュアリー旅行の報告書2018年版」では、5つのタイプのバカンスのトレンドが紹介されています。富裕層は、いったいどんなバカンスに注目しているのでしょう。
富裕層ほどモノを持たないミニマリストが多いと言われる3つの理由

富裕層ほどモノを持たないミニマリストが多いと言われる3つの理由

近年話題になっている「ミニマリスト」というライフスタイル。 これは、「余分なモノや時間を削除し、人生において最も重要なことに集中する」ということをメインテーマとした考え方です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊