2017年12月25日 更新

プレ富裕層は人を信じても.......

富裕層になるプレ層には人との接し方に特徴があります。皆さんがこの特徴を身に付けることで確実に人間関係で悩む機会は減るかと思います。是非、意識してみてください。

thinkstock (8228)

2017.12.25

人を強く信じても、人の行いを信じない(過信しない)

thinkstock (8227)

この言葉だけを聞くと「人でなし」といった印象を受ける人がほとんどではないでしょうか。俗に使われる表現だと性悪説で人を見ているとも言えます。しかし、これと同じような考え方は中国の思想家である韓非による「韓非子(かんぴし)」にもあります。「人主の患いは人を信じるに在り」です。具体的な事例を見ながら確認していきましょう。

銀行のATM

istockphoto (8230)

入行したての銀行員がよく聞く話を紹介します。ある支店の銀行ATMでお金を引き出した人がいました。しかし、急いでいたこともあり肝心の引き出したお金をそのまま受取口に放置してその場を離れてしまいました。駐輪所着いた時にお金を取り忘れたことに気付いたので、その人はすぐにATMに戻りましたが、既にお金は無くなっていました。もしかしたら銀行が保管をしてくれているのではと期待して防犯カメラを確認してもらいました。しかし、残念なことに防犯カメラにはATMの後ろに並んでいた人が持ち去った映像が残っていました。お金を持ち去られた怒りもありながらも、つい魔が差したとのではと少し同情してしまいました。
現金を持ち去った人は当然犯罪を犯しています。悪い行為です。しかし、もしそこにお金が放置されていなければ、その人は犯罪を犯したでしょうか。もしかしたら、犯罪を犯さなかったかもしれません。たぶん、自分のお金を引き出すつもりで並んでいた人です。しかし、つい現金を目の前にしたためお金を持ち去ったのかもしれません。そうです、まさに「人の行い」は状況次第では180度変わる可能性があるということを表しています。
犯罪を犯すほうは当然悪いので擁護する気はありませんが、もし、現金を引き出す人が注意できたならば、もしくは、ATMがそのような行為を阻止できることができたならば、最悪の自体を避けられたかもしれません。

悪い報告

thinkstock (8232)

人は調子が良い時には饒舌になります。また、多くの人に伝えたくなります。しかし、状況が悪くなると、言葉は少なくなり、出来るだけ多くの人の知られないようにする習性があります。もし、ピンとこないみなさんは、学生時代のテストの結果を思い出してみてください。こっそり答案用紙の証拠隠滅をした人もいるのではないでしょうか。
さて、富裕層になる人は、お金が増える過程で必ずどこかにお金を預けたり、どこかの金融機関で運用をしたりします。プレ富裕層は、運用の際に大切にしているのは、「必ず自らパフォーマンスや残高を報告書で確認する」ことです。それは、なぜでしょうか。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せじゃないお金持ちも?それでもお金がなくて幸せはあり得ない理由

幸せじゃないお金持ちも?それでもお金がなくて幸せはあり得ない理由

お金持ちは皆が皆、幸せな人ばかりでしょうか。幸せじゃないお金持ちは存在しないのでしょうか。このような素朴な疑問を持つ方も少なくないはずです。お金持ちは、基本お金持ち同士で付き合いますから、外には余計にその実態(精神面も含む)は見え難いのですね。
どうやって5,000万円貯金する?準富裕層になる方法

どうやって5,000万円貯金する?準富裕層になる方法

富裕層を目指すならば、まずは準富裕層入りを果たさなければ始まりませんね。野村総合研究所(NRI)による定義では、準富裕層とは預貯金含む金融資産が5,000万円以上1億円未満の世帯のことです。今のご時世、5,000万円をどうやって貯金すればよいのでしょうか。
インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

成功するためのコツや方法について、誰しも知りたいものです。サチン・チョードリー著『「運がいい人」になるための小さな習慣』 より、ちょっとだけ習慣を変えることで運がいい人になるための思考の方法をご紹介します。
【3つの知恵】賢いお金の使い方を知りたければ富裕層を見習う?

【3つの知恵】賢いお金の使い方を知りたければ富裕層を見習う?

富裕層のお金の使い方にこそ、誰もが参考にできる知恵が詰まっています。所得や資産が桁違いの富裕層のお金の使い方など、一般層にはとても参考にならないと思われがちですね。ところが、そのようなことは全くなく、日々のくらしに活かせることも少なくないのです。
お金持ちになるために「捨てる」べきこと3つ

お金持ちになるために「捨てる」べきこと3つ

お金持ちになるためには、すべてに労力を割くのではなく、資産を増やすための労力にすべてを注がなければなりません。そのためには、すでに習慣にしていることもやめる決断も必要です。そこでお金持ちになるために捨てるべきものを3つご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊