2017年6月15日 更新

夢をも越える自分になるために必要なこと(杉村太蔵)

派遣社員から26歳にして衆議院議員に。稀に見るシンデレラストーリーで国会議員にまで登りつめた男は、単なるラッキーボーイだったのだろうか? 実はそこには、人生の大いなる夢を自らの力で手繰り寄せるような確固たる信念があった。

 (2032)

2017.5.25

■清掃員から政治家への道のり

大学に2年留年した後、単位が足らず卒業できないことが判明。慌てて派遣会社に登録して見つけたのが国会近くのオフィスビルで清掃などをする仕事。朝から晩までひたすら便器を磨いていると運命の出来事が……。いつものようにトイレ掃除をしていると外資系証券会社の外国人ビジネスマンが声をかけてきた。「きみは若いし、将来必ず出世する。1週間後にウチの会社の試験があるから受けてみなさい」と。そして夢にも見なかった外資系証券会社の一員に。

さらに幸運はそれだけではなかった。彼に言われ選挙の動向について調べているとき、偶然、自由民主党のホームページで衆議院議員選挙の候補者を公募していることを発見。軽い気持ちで応募したところ、自由民主党から声がかかり、あれよあれよという間に国会議員への階段を上り詰めた。

誰もが羨むシンデレラストーリー。思いもよらぬ人生の転機はいかにして訪れるのだろうか。杉村はこう振り返る。
「何が転機になるかというのは、なかなか難しいですよね、本当に。ひとつ言えるのは、今、この目の前の仕事に全力を尽くす。そのことがとても重要だなと思います」。
そう。杉村はただなんとなく生きていたわけではない。そこには杉村太蔵ならではの信念があった。清掃員の時には嫌々仕事をするのではなく、いかにして目の前の便器をピカピカにするのかを突き詰めた。そして、どうしたらもっと働く人たちの役に立てるのかを考えた。トイレでグレンと挨拶する度に「舐められるぐらい便器をピカピカにしておきました!」とユーモアで返し、彼が手を洗い終わったらペーパータオルをサッと差し出した。この細かな言動のひとつひとつが、後の異例の抜擢へと繋がったのだ。

証券会社社員になった後も、最初に言われた“電話は5秒以内に出ろ“という教えを忠実に守っていた杉村。衆議院議員の候補者に応募したとき、自由民主党からの電話にも5秒で出た。そして「こちらへ来ることはできますか?」と言われ「5分で行きます!」と即答。どんなときでも即行動を心がけていた結果、奇跡とも言えるチャンスを手にすることができた。
杉村は言う。「『棚からぼたもち』は僕のためにあるような言葉と言いましたが、こうは考えられないでしょうか。ぼたもちが落ちてきたとき、僕は棚の下にいた、と」。
偶然は、ただの偶然ではない。偶然を必然に変える確固たる理由がある。

■夢を追うことが良いこととは限らない

 (2082)

世の中をあっと言わせた政治家・杉村太蔵。これは昔から思い描いてきた道なのだろうか?
「小学校の頃はプロテニスプレイヤーになりたかった。中学校の頃は宇宙飛行士になりたかった。高校のときは体育の教員になりたくて、大学のときには弁護士になりたかった。それが結果的に政治家になって、そして今のポジションに……。実は私は何1つ夢を叶えていないんですよ。」
今の人生は、子どもの頃からの夢に向かって努力し続けて掴んだものではない。実はそれがとても重要なことだと言う。
「社会人になってからは、夢や目標を持つよりも目の前にあることに全力で尽くした方が自分の可能性が広がる。自分で描けるぐらいの夢なんて大したものじゃない。自分では想像できないような素晴らしい未来が待っているかもしれないのに、夢だと信じて自分の可能性を限定してしまうのは本当にもったいないことです」。

新たな挑戦と継続が、未知なる世界を拓く(渡部 建)

新たな挑戦と継続が、未知なる世界を拓く(渡部 建)
お笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建。「王様のブランチ」の新MCに決定するなど、MCにゲストにテレビで見ない日はないほどの活躍ぶり……
杉村太蔵さんの記事に興味がある人におすすめ
51 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いかに素早く“プランB”に切り替えられるか」。 ハワイのカリスマコーディネーターのポジティブ思考とは?〜後編〜(マキ・コニクソン)

「いかに素早く“プランB”に切り替えられるか」。 ハワイのカリスマコーディネーターのポジティブ思考とは?〜後編〜(マキ・コニクソン)

アメリカ・ハワイ在住のマキ・コニクソン。ハワイを拠点に、テレビや雑誌の撮影コーディネートを手がける。現場の雰囲気を一変させる底抜けに明るい人柄は、撮影スタッフはもちろん、芸能人やモデル、スポーツ選手たちを魅了する。
knyb |
「いかに素早く“プランB”に切り替えられるか」。ハワイのカリスマコーディネーターのポジティブ思考とは?〜前編〜(マキ・コニクソン)

「いかに素早く“プランB”に切り替えられるか」。ハワイのカリスマコーディネーターのポジティブ思考とは?〜前編〜(マキ・コニクソン)

アメリカ・ハワイ在住のマキ・コニクソン。ハワイを拠点に、テレビや雑誌の撮影コーディネートを手がける。現場の雰囲気を一変させる底抜けに明るい人柄は、撮影スタッフはもちろん、芸能人やモデル、スポーツ選手たちを魅了する。
knyb |
失敗してもひたすら前に。イタリアーノが異国で人生を楽しむ方法とは?(パンツェッタ・ジローラモ)

失敗してもひたすら前に。イタリアーノが異国で人生を楽しむ方法とは?(パンツェッタ・ジローラモ)

雑誌『LEON』では”ちょい不良(わる)オヤジ”の体現者として表紙を飾り、テレビでは陽気な話術とキャラクターで誰もが笑顔になる存在、パンツェッタ・ジローラモ。実はモデルやタレントの他に、レストラン経営やコンサルティング、コーディネーターなども手掛け、実業家としての顔も持つ。業種職種問わずかろやかに、そして自由に色とりどりの人生のSTAGEで活躍するイタリアーノの根幹に迫ってみた−−。
「いいもの探し」はもうしない―。ミニマリストが次に見据えるキーワードとは?(沼畑直樹)

「いいもの探し」はもうしない―。ミニマリストが次に見据えるキーワードとは?(沼畑直樹)

ウェブサイトや著書などで、“ミニマリズム”という生き方とその哲学を発信する沼畑直樹さん。日本各地で暮らし、旅してきた経験から少しずつ研ぎ澄まされてきたミニマムな生活が確立したのは、4年前の片付けがきっかけだったとか。心地よい人生を送るためのプライオリティやお金の使い方、これから見据える暮らしについて聞きました。
お金ではなく、価値を追う。稀代のプレイボーイが無二のタレントであり続ける理由(石田純一)

お金ではなく、価値を追う。稀代のプレイボーイが無二のタレントであり続ける理由(石田純一)

1978年に劇団の研究生としてキャリアをスタートし、やがて時代を代表する俳優に。華やかなプライベートがいつでも世間の注目を集め、何度となく仕事や収入の大波を被りながらも、現在もバラエティ番組やイベントを中心に第一線で活躍をし続けている石田純一さん。成功の秘訣は、石田さんの本質を追う思考。芸能界でも指折りのモテ男が貫く生き方とは──。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部