2019年2月8日 更新

金価格が示す市場心理

実は、あまり認識されていませんが金価格が上昇しています。2018年8月以降、徐々に値段を切り上げて約半年で約10%を超える上昇です。今回の金相場は市場の見通しと心理を示している可能性が高いため今回は分析をしてみたいと思います。

gettyimages (30609)

2019.2.8

市場関係者の米国の利上げ停止織り込んだ上昇

gettyimages (30612)

今回の金の上昇の動きからはっきり分かること。それは米国FRBの利上げ路線の変更を市場が織り込んだということです。すごいことです。たった1カ月で世界の市場は、米国が利上政策堅持から利上げ政策の変更に移行するを寛容に受け入れたことになります。通常、このような大きな金融政策の変更、しかも世界の超大国アメリカの政策変更となれば、市場は疑心暗鬼になり市場は慎重に受け入れる傾向があります。
さて、このような大きな転換は、FRBが開催した1月30日のFOMCにおいて利上げ見通しの変更と資産縮小政策を修正することが確認されたことによりなされました。では、具体的にどのような市場の動きを見ればこの政策の転換を受け入れたのかわかるのでしょうか。それは、今回のテーマである金価格の動向で確認することができました。
昨年の8月から上昇していた金価格は、今年に入り1オンス1,300米ドルの壁をなかなか超えることができませんでした。しかし、FOMCの開催後その1,300ドルの壁を抜けて1,320ドル(2月3日時点)に達しています。ではなぜ、この金価格上昇が金融政策の変更を受け入れたということなるのでしょうか。そこには米国の利下げ=金価格の上昇という投資の世界における教科書的な動きが存在するからです。
基本的に投資の世界では、米国の金利が上昇すると金の価格は下がる傾向があります。それは、米国金利上昇が米ドルの買いを誘発し、利息を生まない金から資金が米ドルへシフトするからです。つまり投資家は金を売るモチベーションが高まります。一方、金利が下落すると金の価格は上昇します。それは、金利が低下する米ドルを保有するモチベーションが低くなるからです。
このようなことから今回の金の上昇は、米国の金融政策の変更、つまり金利低下を市場が織り込んでいるということがわかっていただけたかと思います。そのためやや楽観視し過ぎな印象がありますが、米国の株式市場では金利低下をポジティブにとらえ、年初から市場を包み込んでいたネガティブな雰囲気が少し和らいでいるように感じます。
このように今年は金相場にヒントが潜んでいそうに感じます。しっかりと金相場を追っかけていきたいと思います。

でもこれでは2018年8月からの金価格上昇は説明できません

gettyimages (30614)

前述の通り、今年の1月末からの金価格の上昇は米国の利上げ政策の見直し、つまり、金利の据え置きもしくは低下見通しが要因となっていることがわかりました。ところが今回の金価格の上昇は、2018年の8月(1,170ドル/1オンス)からスタートしていました。
実はこの上昇期間中もFOMCでは、9月、12月と利上げを2回も行っています。このように政策金利を引き上げている局面では教科書的には金価格が下落する傾向にあります。しかし実際は金価格は上昇しています。つまり、8月以降の金価格の上昇は、金利が原因であるという説明はむずかしいことがわかりました。ちなみに、金価格と逆相関の関係にある米国の実質金利も8月以降高止まりしていることから実質金利が原因ではないこともわかります。
つまり、金利以外の要因で金価格が上昇していると判断するのが懸命なようです。そこで、改めて思い出すのが「有事の金買い」という金融格言です。有事の金買いとは、安全資産とされる金は金融市場がリスクオフ、つまり市場が不安定になった際に市場から選好され買われ価格が上昇するということから来ています。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

私の基本的な投資スタンスについては、2007年に出版した『株式市場「強者」の論理』という著書のなかの「長期的な計画を立てる」という項目のなかで、その原型ともいえる文章を書いております。
投資の世界のFACT

投資の世界のFACT

2019年の投資環境は目まぐるしく変わりそうです。英国ブレグジット、米国の金融政策、米中貿易問題などに振り回されそうです。それでも、投資の世界にはFACTがあります。今話題のFACTを見ていきましょう。
Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

経済誌Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019で日本を動かす起業家20名に選ばれた長谷川潤氏。2度の起業と、仮想通貨OmiseGOの発行を経て、2018年12月7日にブロックチェーン関連の新会社BUIDL(ビルド)を設立。さらに注目を集めています。
お金 |
ゴーン氏逮捕で考えた「日本の刑事司法は異常なの?」

ゴーン氏逮捕で考えた「日本の刑事司法は異常なの?」

>日産のゴーン社長が逮捕され、その後、長期間勾留されています。さらに、再逮捕との報道がありました。これに対して、海外のメディアから、日本の制度はおかしいのではないかという声が聞こえてきます。
日本に100%キャッシュレスな社会は来るのか

日本に100%キャッシュレスな社会は来るのか

初のキャッシュレスレストラン「GATHERING TABLE PANTRY」。オーダーはタブレット、決済はお店のスマホでというスマートぶり。クレカで割り勘もでき「あくまでもキャッシュレス!」を貫いたお店ですが、キャッシュレスが目的のお客は少ないそう。キャッシュレス化は日本で成功するのでしょうか?
お金 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊